新築窓の隣人,近隣トラブル注意点

スポンサーリンク

新築一戸建て近隣トラブルを避けるための窓や間取りの工夫おすすめ体験記をご紹介しています。この記事にご訪問いただきましてありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

自分の家なのに住んでいて嫌になってしまった。

こんな悲しい現実が少なからず、増えてしまっている現代。

実際に、近隣トラブルという言葉の背景には、新築一戸建てでも以下のような内容があります。

  • 分譲地購入で、隣の騒音が気になる。
  • 近隣の家の駐車場使用マナーに驚いた体験。
  • ゴミを家の外に出しっぱなしにしている近隣のごみ処理マナーに呆れた。
  • 近隣の雑草処理が適当すぎて、自分の土地にも入り込み迷惑している。

売却したくなるほどの精神的ストレスにつながる方もいらっしゃるのが現実です。

よくある典型例は、悪臭、視線、騒音という3つの問題。

新築トラブル回避については、以下のような記事も書いています。

新築一戸建て購入準備

新築一戸建て購入準備に絶対やるべきこと5選

スポンサーリンク

分譲地売れ残り後悔注意点2.家具家電付き

新築分譲地住宅後悔|売れ残り購入前注意点

新築ブルーで鬱

新築ブルーで鬱になる人の性格的特徴や家族ができる支え方

ゴミ箱の配置はもう決まっていますか?

新築キッチンゴミ箱置き場注意点勝手口コンロ近く

新築キッチンゴミ箱置き場失敗後悔原因や注意点画像付WEB内覧会

今回の記事では、窓と間取りの工夫やポイントについて、以下の項目で書いています。

新築窓が原因の隣人トラブル

新築窓で工夫するべきポイント

近隣とのトラブル発生時対応策

スポンサーリンク

新築一戸建て隣人トラブル対策1.窓

新築一戸建て隣人トラブル間取り工夫

新築の購入後で、自分の家の中の問題がなくても隣とのトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

窓が原因の問題点1.明るさ

隣同士の家でも中に住む人の生活リズムは全く別。別に人の土地に何かをしなくても普通の生活に照明などを利用するだけでクレームに発展することもがあります。

  • 夜勤仕事の人と日中仕事の人の生活リズムの違い
  • 窓から照明の届く距離や明るさの問題

賃貸の時とは違う点で、隣から眩しい,眠れない等の苦情を受けているケースもありました。

問題点2.視線

「別に隣の家の中を見たいわけではないのに自然と外を見た時に必要以上に視界に入ってしまう。」こんな悩みを抱える家もあります。特に分譲地のようにお隣との境界線が近い場合には距離が近い分視線を感じやすい。こんな問題から民法や法律等の用語を口にする人もいます。

問題点3.騒音

「夜遅くまで上の子が騒いでいる。」「別にお隣にまで声が響くはずがない。」こう思っていたら隣人から苦情が!

お互いに自分の土地と建物で生活してる中で、外の音が入り込むのは気持ちの良いものではありません。

数メートル離れた店の駐車場で大声で笑ってる事も気になる情報の1つ。音の侵入口になることで問題になりやすいということを知っておく必要があります。

近隣との問題点|リビングとベランダ

自分の購入した家の位置によっては、正面に家が建っている物件を購入することも多い。最初はリビングやベランダで換気しようと計画を立てる。でも実際の生活では開けっ放しにできないという問題が発生する。

主な原因は近所からの視線は、両隣さえ大丈夫なら問題がないということではありません。正面に住む人も気になる対象の1つであることを忘れてはいけないのです。

土地があるなら、基本的の他の人が入居する可能性を意識して建物を建てるまたは購入する必要があります。

 

新築一戸建て隣人トラブル注意点

隣人トラブル

境界線だけでなく、ほかにもたくさんの問題になる原因があります。最近はプライバシーを守るということに過剰に反応しているケースも目立つ。

防音,遮光の徹底

まずは相手を不快にさせないように工夫を検討する必要があります。その典型例がプライバシーガラスやレースカーテンなどの工夫です。

関連記事:新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ

特に以下の3つの部屋での注意が重要です。

  • 南側のリビング
  • ベランダに通じる掃き出し
  • 子ども部屋
  • 階段

いずれの場所も隣から見えることを想定して検討して数やサイズも検討することが大切。

ペットスペースなどの臭い

  • ごみ箱を設ける
  • 外構で植栽などを準備する

こうした対処をしているケースもありますが、その対応は本当に将来にわたって段階的にどうなるのか?

この点を知らないままとりあえず目の前のことに対応するというのも要注意。自分が知らない情報があったらそれだけで何も言えなくなる可能性もあります。

変にいきなり苦情があったからといって情報がなくても自分の信念に基づき回答をするのもあまりよいこととは言えないのです。

 

問題発生時は早期に対応

隣の人から何か言われたときにはとにかく先に以下の行動を徹底します。

  • 録音(騒音の度合い等の証拠を閉めた状態で確認)
  • 録画(嫌がらせなど)
  • 住んでいて感じるつらいことをメモで日付や時間、内容などを明確にする

被害者側になっている場合でも言われた側の内容でもとにかくすべてメモを取っておくことが重要。

裁判で何かを請求するという行動をとる前に必ず相手に何を請求するべきかを含めて証拠を残しましょう。

 

 

窓の近隣トラブルとリフォーム

隣人トラブル

自分の家の中でのことをどこまで権利として主張できるのか?

この点は、問題や紛争の解決をする際に、さまざまなサービスを利用してかなり慎重に確認する必要があります。

自分たちにはどこにも落ち度がないはずなのに一方的に言われたい放題になっている。理不尽すぎる解釈や言動に疲れてしまった。

こんな時にはまずは相手の主張に一定の型があるのかを含めて他人に伝える時にすべて証拠をまとめることが重要です。

  • 縁側
  • 洗面所
  • 駐車場

かなり些細な事でもどちらにしても訴訟みたいな問題になってしまう可能性はゼロではありません。どちらにも弁護士が付くとこういう問題は回答をもらう際に証拠がなければ話はしにくいのが現実。

ただ単にガラスやカーテンを変えたり、リフォームをする等を安易に考えてはいけない。まずは相手が何を言ってきているのかを正確に残すことから始めましょう。

 

新築一戸建て隣人トラブル対処法

体験記

ハウスメーカーでも地元の工務店でもこの問題は、正直法的な手続きをとるのも内容として時間がかかります。

安易に引っ越しを検討するなんてことまでは考えたくない。でもリフォームをするなんてもっと嫌。だったらどうすればいいのか?

最初は無料相談を活用

自分が悪いのかもわからない。民法ではどの項目に該当するのかも分からない。こんな時には1度専門の人に悩みと対処方を相談することが大切。

それが、

身の回りのトラブルは一人で悩まず専門家に相談しましょう!

最初に知っておくべき知識

相手にしないだけでは本当の意味では問題に決着をつけることは難しい可能性が高い。とにかく近距離であるし、安易にリフォームなどに手をつけることも選べない。

そんなあなたにきっと、これまでの生活では見えてこない内容が見えてくる方法があります。それが、

誘導ボタン

身の回りのトラブルは一人で悩まず専門家に相談しましょう!

音1つとってもペットや人などそれぞれに異なった内容が問題視されます。まずは近隣の状況を知らないと対応するのも難しい。

確実に相手に情報を知らせることができる状況を完投する必要があります。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ