新築一戸建てお風呂の広さ理想と現実|工夫やアイデア紹介

スポンサーリンク

「お風呂の広さって1坪?1.25坪?どっちがいいの?」

新築間取りで浴室を考える時に重要なのが広さ。

0.75坪

1坪

1.25坪

1.5坪

2坪

新築お風呂の失敗原因を分かりやすくシンプルにまとめた記事も用意しています。

新築お風呂失敗まとめ

新築お風呂失敗原因まとめ|広さ,間取り,窓や浴槽等将来リフォームと今の選び方

スポンサーリンク

お風呂については、以下のような記事も書いています。

新築お風呂が二階で失敗?メリットデメリット画像付

新築お風呂掃除アイテムおすすめ商品やカビ防止注意点

新築お風呂の色失敗注意点|バスタブや壁選び方実例画像や動画付

新築お風呂照明スイッチ配置や位置のコツと注意点

新築一戸建て間取りの引渡し後後悔失敗ランキング2位に入る広さの悩みについて、解説しています。。

この記事では、こんな事をご紹介しています。

新築一戸建てお風呂間取り広さの見た目と現実

新築一戸建てお風呂間取りで子育てに便利なアイデアをご紹介

新築一戸建てお風呂にあって良かった他社には少ないアイデアを紹介

お風呂は子育て中の方には理想はどのくらいの広さなのか?

私は、自分の体験談を通じてご紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新築お風呂広さの考え方

新築一戸建て間取り浴室狭い 原因

モデルハウスや展示場、内覧会等に足を運ぶ際に気になるのは住宅の間取りとそれぞれのスペースのサイズ。

何が違うのか?

まずは浴槽本体のサイズを考えておく事が重要。

ユニットバスのサイズは4種類から選ぶことが一般的。

表記サイズ 坪数 寸法横幅×奥行き
1216 0.75坪 1200×1600
1217 0.75坪 1200×1700
1317 0.75坪 1300×1700
1616 1坪 1600×1600
1717 1坪 1700×1700
1618 1.25坪 1680×1800
1620 1.25坪 1600×2000
1621 1.25坪 1600×2100
1624 1.5坪 1600×2400
1818 1.5坪 1800×1800

ユニットバスサイズリクシル
出典:ユニットバスサイズ(LIXIL PDF)

新築お風呂広さと浴槽の考え方

お風呂収納工夫のヒント

新築マイホームの多くは、1坪1616又は、1.25坪の中でも1620が多いのが特徴。

タイプ別の大きさ。

1616=1600㎜×1600㎜

1620=1600㎜×2000㎜

この2つは何を基準にして選ぶべきなのでしょうか?

我が家が1.25坪を選んだ根拠

我が家では実際に1.25坪を採用。

その理由は以下のような理由がありました。

  1. 子ども2人を同時に大人が入れるという作業
  2. 大人2人で使う時の洗い場のサイズ感
  3. 室内ドアの開閉と洗い場の椅子の位置
  4. 子どもたちの上靴や嘔吐、下痢等で汚れた衣類の一時処理スペース
  5. つけおき洗いをするためのスペース確保

子育てに必要なスペースを脱衣所でカバーするのが困難と考えたことが要因

考え方は、大きく分けて3つあります。

  1. 浴室を入浴として考える。
  2. 洗濯ものや浴室乾燥を含めた洗面や洗濯としてのスペース
  3. 生活動線と利用人数

この3つから考えると、コストが同じなら、浴室は優先して広くするべきだと私は感じます。

どの空間に何を設置するのか?

子どもの成長

いずれは子供たちも自分でお風呂に入るようになります。

その時、浴槽のサイズは変わらないとしても洗い場の活用法はかなり幅広いことを想像します。

  • 女の子なら自分の好みのボディーソープやシャンプーを選ぶ時期もある
  • ブラッシングや髪の手入れ用品の収納スペース
  • 万が一、介助が必要になった時のドアからの入る動線確保

今現在の自分たちだけを考えるのはリスクが大きいです。

今後の家族みんなで利用する時にはどう考えるべきか?

老後の不安

私は実家で祖父母が介護支援などを受けている光景も目にしてきました。

その時、目に入ってきたのが、以下のような内容。

  • 怪我をした時の脚を伸ばせるスペースの必要性
  • 洗い場の広さの必要性
  • 手すり、段差が少ないリフォームの検討

上記3つだけでもかなりお金がかかるような内容。

車いすなどの利用が必要になれば当然その分ドアの開閉も広いほうが良い。

よって、我が家は、1620を優先して採用しました。

1620を利用して5年の感想

下の子が0歳でマイホーム引き渡しをした我が家。

もうその子供が5歳になって、上の子と同時にお風呂に来るとあっという間にお風呂場がいっぱい。

「一人は身体だけ洗って先に浴槽に入っていて」

お出かけや習い事等で疲れている時には、子供たちもそこまで体力が残っていない。

こんな時、1620を採用して本当に良かったとつくづく感じています。

掃除や手入れも簡単

「サイズが広い分、寒いのでは?」

「掃除が大変になりそう」

こんな声をよく聞きますが、まったくそんな事ありません。

なぜか?

40㎝の幅や奥行きが広がっただけだからです。

別にそこまで変に意識をする必要もありません。

換気においても我が家は、一条工務店のi-smartを購入しましたが、窓の開閉を不要できっちり換気できています。

浴室用のドアを開けておく必要もありません。

建築費用の節約とリフォーム費用

私はこの家を建てる時、妻にこんなことをよく言っていました。

「キッチン、浴室、トイレは満足する広さを確保しておいてほしい」

これは、単純に坪単価の問題ではなく、将来狭いからリフォームしてほしいという時の難易度が問題だったからです。

  • 広くしたいは簡単ではありません。
  • 狭くしたいは別にリフォームをする必要もありません。

たった0.25坪の違いだけで、10万円から20万円しか変わらない新築注文住宅。

リフォームは当然数十万単位のお金が必要です。

大きな金額が動く内容を将来的に注意するのは気苦労が絶えません。

そもそも家の建築工事で何を節約するべきなのか?

新築費用抑えるべき節約ポイントと妥協すべきでないパーツ

マンションでのワイドタイプバス利用体験

今一度サイズを考える時の想定をご紹介していきます。

対象サイズ 検討内容
0.75坪 子どもと一緒に入るのは狭い
大人2人でも洗い場は狭い
1坪 建売住宅などでよくあるサイズ
家族3人で実際に入ってみたら狭いことが分かる
1.25坪 大人2名と子供1名で入っても狭いと感じにくい
1.5坪 体格の大きい大人が利用するならこの方が良い

体育会系やがっちりした肩幅のある男性が複数名いるようなご家庭なら、1.5坪にしておくのもおすすめです。

広すぎるというのは基本的に湿気の問題を考えると困ることはありません。

バスタブはワイドタイプのほうが快適に入れる。

私の父が体型も変わって、マンションに泊まりに来たときに最初に言った一言。

ショールームで見る時、住まいとして考える人が少ない。

  • 床は何を使っているのか?
  • どこに何を入れるのか?
  • オプションで何を採用できるのか?

デザインではなく、家づくりに必要なのは、暮らしに密着した悩み解消に基づく選択。

システムバス1台でもメーカーによってこだわりが異なります。

天井、壁などを選べる。

むしろ、汚れが一か所に貯まりにくいので手入れもしやすいメリットはあります。

 

浴槽のサイズとリラックス

浴室 収納 工夫 体験談

 

浴室の広さと同時に考えるべきは、浴槽のサイズ。

浴槽を考える時には、以下のような検討が必要です。

浴槽のサイズ(幅) 使用感
100㎝ 体育すわりが基本の姿勢
130㎝ 女性でも膝が出てしまう
140㎝ 足を曲げて浴槽に全てをつける感じ
足が長い人なら膝が出ますね
160㎝ 大人が男女問わず足を延ばせるサイズ
180㎝ 園児,小学生低学年くらいなら大人と一緒に入るのも可能

子育て世代におすすめしたいポイント

お風呂は、結局は、時間を節約することで以下の点にも影響があります。

  • 光熱費(追い炊き機能等の活用)
  • 水道代(同時で入ったほうが早いし少ない)

新築に住んでからの生活費を考えるなら、少しでも節約ポイントを増やす。

この考え方からしたら、水周りのスペースは広いほうがいろいろ楽ですよ。

 

浴室の広さと脱衣所の問題

 

浴室も広くしたいけど、脱衣所も問題。

子どもが2名、3名といる状況で、一緒に入ろう!となったらどうなる?

新築洗面脱衣所広さ実例画像i-smart

洗面所脱衣所広さが狭い,収納不足を感じる要因は何?実例画像付で解説

脱衣所の広さを考える時には、必ず以下のポイントを整理します。

  • お風呂から出た子どもたちの着替えのサポートをするスペースはあるのか?
  • パジャマや着替えはどこに置くのか?
  • 洗濯籠はどこに避けるのか?
  • 室内物干しはいつのタイミングで片づけておくべきか?

特に室内物干しは、ハンガーをかけたりすると、落下したりいろいろリスクがあります。

だからこそ、我が家は干し姫のようなパーツを一切使っていません。

ドアの開閉に干渉させない。

持ち上げるなどの動作も可能にする。

意識をしなければいけないことがたくさんあると思います。

脱衣所の変わりは浴室でも可能

体を拭くスペース。

この考え方で我が家は必ず浴室で体を拭くようにしています。

なぜか?

静岡県というのは、全国でもヒートショックによる事故が多いエリア。

浴室だけでなく、トイレ、脱衣所なども室内の温度差が激しいのです。

ですから、昔から私は浴室で体をしっかり拭きあげてから出るようにしました。

これだけでもかなり脱衣所の利用時間は節約可能。

  • ドライヤーはキッチンでもダイニング、リビングでも可能
  • 子ども一人をすぐに歯ブラシ対応可能

このように考えると、生活に必要なのは、まずは脱衣所よりも浴室であることをお伝えしたいのです。

 

自分の家の間取りを考えるポイント

ローコスト住宅

分譲地の戸建て建設

地元の工務店

いろいろな選択肢がありますよね。

でも最も困ってしまうのが、土地の方位と間取りの配置の問題。

  • 通りに面した部分はどうするべきか?
  • 家族の人数に合わせた動線ではどこに配置が可能なのか?
  • 玄関からの動線はどうなの?

上記以外にも生活に密着した悩みは数多く存在します。

その問題を解消するためには、2つの会社がオススメです。

ハウスメーカー

ハウスメーカー資料請求おすすめ

工務店

さらに、無料間取りプランの作成や家を買う時のポイント等を冊子でもらえる会社もあります。

ライフルホームズ評判|注文住宅資料請求サイト価値見極め方

ハウジングバザール評判|資料請求で救われた体験感想

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ