新築一戸建てお風呂の広さ理想と現実|工夫やアイデア紹介

スポンサーリンク

新築一戸建て間取りでお風呂が狭いと感じない工夫をご紹介しています。

このページをご覧頂き有難う御座います。

サイト管理人 2児パパニッキーと申します。

新築お風呂の失敗原因を分かりやすくシンプルにまとめた記事も用意しています。

新築お風呂失敗まとめ

新築お風呂失敗原因まとめ|広さ,間取り,窓や浴槽等将来リフォームと今の選び方

新築一戸建て間取りの引渡し後後悔失敗ランキング2位に入る広さの悩みについて、解説しています。。

この記事では、こんな事をご紹介しています。

新築一戸建てお風呂間取り広さの見た目と現実

新築一戸建てお風呂間取りで子育てに便利なアイデアをご紹介

新築一戸建てお風呂にあって良かった他社には少ないアイデアを紹介

お風呂は子育て中の方には理想はどのくらいの広さなのか?

私は、自分の体験談を通じてご紹介していますので、参考にしてみてください。

新築お風呂広さの見た目と現実

新築一戸建て間取り浴室狭い 原因

私達がモデルルームで体験した内容を含めて子育て世代に理想とするお風呂の広さをご紹介しています。

新築モデルルームお風呂の広さは必ず確認

各地にあるショールーム等でもいいのですが、お風呂の広さは確認しておきましょう。

さらに、

確認の内容は、

・お風呂は標準仕様の範囲内であるのか?

・お風呂は何畳タイプなのか?

・お風呂のタイプは何畳タイプが選択可能なのか?

以上の内容はしっかり確認しておきましょう。

さらに、以下の内容で決めていく事をオススメします。

新築お風呂の広さを決めるコツ

子育て中の方々には、必ず次の行動での確認をオススメします。

・子供と一緒に浴槽に入った時のイメージを確認する

・家族全員でお風呂に入った際の広さ体感をしておく

こうした内容を想定する理由は以下の理由があるからです。

・子供をお風呂から上げる際の湯冷め防止のために大人二人がいる想定

・子供が2人以上いる際には、浴槽1人+洗い場1名でも大人が動きやすいのかを想定

こうした状況把握をしておくことをオススメします。

私達が、選んだお風呂の坪数は、

1.25坪タイプ

になります。

お陰で、子供2人が入っても、大人は自由に動けます。

ぜひ、イメージしながら確認をしてみてください。

では、1坪タイプお風呂の場合

・子供のおもちゃ等の片付けスペース

・新生児用のバスタブ収納スペース

として活用をおすすめするアイテムをご紹介していきます。

 

新築お風呂広さと収納スペース

お風呂収納工夫のヒント

お風呂なのに、物干し?何?と思った方も多いのでは?

そう、私たちが活用したのは、

お風呂用物干し2本を活用したのです。

その上に、子供用のベビーバスを乾かすためにおきました。

それにより、

・ベビーバススペース

・子供用の汚れ物を一時的に収めるバケツ

等をその上に置く事で収納を回避したのです。

「お風呂に汚い水が入るのでは?」

または、「汚い!」

そんな考えを想像する方もいらっしゃると思います。

もちろん、使ってすぐではなく、水を捨てて、少し外で乾かし、再度洗った状態にして、物干しの上に置きます。

そうすると何が楽なのか?

便利になったのは、お風呂の掃除です。

いちいちものを動かすのを続けなければ進められなかったお風呂掃除が格段に楽になりました。

ぜひ皆様も浴室用物干し、いらないと思って削るくらいなら、これからのお子様のためにぜひ活用してあげてください。

それでは最後に、子供のおもちゃ収納の便利な使い方をご紹介していきます。

 

新築お風呂広さと窓の工夫

浴室 収納 工夫 体験談

私たちが購入した家は、一条工務店i-smart。

i-smartの窓はすべて、画像の出窓のようになっています。

その作りが、まさかの浴室での収納スペースになるとは、引渡し後まで想像していませんでした。

引渡し後に、ふと、おもちゃを置いた瞬間、このスペース助かるなぁと体感。

ぜひこれからお子様を持つ方や小さなお子様連れの一戸建て購入予定の方は、浴室に出窓。

おすすめですよ。

なかなか行っている業者も少ないかもしれませんが、使うとやめられないくらい便利。

活用法は様々で、

・入浴剤

・メガネ

・子供に触らせたくないメイク落としなどの大人用製品

こうした子供がついつい触ってしまう事を防ぎたいけど、浴室に置いておきたい大人のための商品管理も便利。

使い方はあなた次第。

ぜひ、新築一戸建て計画中なら採用できるか相談してみては?

わたしは、イチ押しでご紹介していきたいですね。

お風呂の狭さを感じるポイントは以上です。

お風呂以外にも狭さを体験したくない失敗後悔を防ぐためのポイントは、各部屋ごと記事

上手に全体を見渡しながら、活用してみてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ