中古住宅ローン返済期間注意点や失敗後悔対策

スポンサーリンク

中古住宅ローンは35年?年数を選ぶ時の優先順位をご紹介しています。

中古住宅ローン返済期間は築年数に関係有るのか?

中古一戸建てやマンションだからこそ悩む返済期間の選び方。

リフォームやリノベーションを計画する事を含めて選び方で失敗後悔しない注意点

今回の記事では、中古住宅ローンにおける返済期間の選び方について、以下の目次でご紹介しています。

中古住宅ローン返済期間注意点|よくある失敗後悔

中古住宅ローン返済期間注意点|リフォームやリノベーション計画

中古住宅ローン返済期間注意点から見る成功法

中古住宅ローンを組む際の情報源として活用して下さい。

スポンサーリンク

中古住宅ローン返済期間注意点|よくある失敗後悔

中古住宅ローン返済期間注意点|よくある失敗後悔

スポンサーリンク

中古住宅ローン返済期間によくある失敗後悔原因をご紹介していきます。

中古住宅ローン返済期間の失敗後悔落とし穴

中古住宅ローン返済期間の失敗後悔落とし穴

中古住宅ローン返済期間について多くの方が失敗後悔する理由最初の紹介は繰り上げ返済。

繰り上げ返済とは、通常の返済金額以上に+した金額を返済していくこと。

この流れの中で、最も重要なのが、年数短縮型と月々返済額減額型。

この2つを支払総額で比較すると、年数短縮型の方が確実にお得。

しかし、月々の返済計画をしていく中で、中古住宅にはリフォームの必要性が潜んでいます。

そこで、住宅ローン返済期間は短縮したが、リフォーム費用の準備ができない。

これが1つ目の落とし穴になります。

並行する準備というのは、どうすれば良いのかを後ほどご紹介していきます。

中古住宅ローン返済期間の失敗後悔は優先順位決め

中古住宅ローン返済期間の失敗後悔は優先順位決め

中古住宅ローン返済期間を選ぶ上で、貴方が注意すべき事は、優先順位。

  • リフォームをする年数と金額
  • リノベーションの必要性を計算した中古住宅購入計画。
  • 子育てなどの家計におけるローン返済年数の決め方

以上3つは、確実に優先すべき順位がありますので、この点はぜひ注意して頂きたいと思います。

 

中古住宅ローン返済期間とリフォームやリノベーション

中古住宅ローン返済期間とリフォームやリノベーション

中古住宅におけるローンの返済期間は、リフォームやリノベーションの時期が重要。

この注意点を計画通りに進められるかどうかだけでかなり返済期間の選び方は決まります。

リノベーションやリフォーム計画と住宅ローン返済期間の注意点

リノベーションやリフォーム計画と住宅ローン返済期間の注意点

リノベーションやリフォームを行うなら、いつがいいのか?

この問題を考えずにとりあえずの住宅ローン。

これが一番失敗後悔する原因。

  • 住宅ローン返済期間は、最大にしておく
  • 住宅ローン返済期間は、余裕を持つ生活を最優先
  • 住宅ローン返済期間は、子育て中も繰り上げ返済可能な月々の返済額で作る

この計画をしっかり組み立てておくことが、リフォーム費用の捻出にも繋がります。

リノベーション内容によっては、仮住まいを検討するか含めて重要になります。

リノベーションやリフォーム計画は単独ではない

リノベーションやリフォーム計画は単独ではない

リフォーム費用やリノベーション費用はあくまで必要な時の経費。

築年数に関係なく、リフォームは必要な時がある。

中古住宅購入後生活に必要な維持管理経費のトータル金額を住宅ローン返済期間に置き換える事が重要です。

 

中古住宅ローン返済期間成功法

中古住宅ローン返済期間成功法

中古住宅ローン返済期間を決める上で、確実に生活に支障をきたしにくい決め方をご紹介していきます。

中古住宅ローン返済期間は借り換え前提が条件

中古住宅ローン返済期間は借り換え前提が条件

中古住宅購入後にリフォームを必要とする。

この条件は、誰にも未来予測が出来ません。

しかし、リフォームを必要な時、住宅ローン返済期間を含めて見直しできる。

この条件なら、選択肢は幅が広がりませんか?

あくまでも借り換え前提の住宅ローン返済期間決定。

そうすれば、生活を圧迫する返済計画は必要ありません。

中古住宅ローン返済期間計画の成功の鍵は統合

中古住宅ローン返済期間計画の成功の鍵は統合

中古住宅ローン返済期間の計画はあくまで今の生活の維持を優先。

そして、リフォームローンなどは全てを統合して再審査。

この方法を常に意識して下さい。

必然的に、中古住宅購入時に心配な箇所をリフォームして審査。

この方が返済期間の計画を非常に立てやすいのが特徴。

中古住宅だからこそ、+アルファの諸経費はしっかり洗いざらい出しておきましょう。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ