中古一戸建てリフォームと新築比較選び方注意点

スポンサーリンク

中古一戸建てリフォーム済と新築は比較対象になるのか?についてご紹介していきます。

「中古一戸建てをリフォームする又はリフォーム済を選ぶのと新築はどっちの方が安いですか?」

こうした質問を頂きました。

ありがとうございます。

近年注目が集まる中古住宅。

リフォームやリフォーム済が得なのか?

新築と比較する上での違いをご紹介していきます。

この記事では、中古一戸建てリフォームと新築を比較する注意点について、

中古一戸建て購入後リフォームと新築を比較する注意点

中古一戸建てリフォーム済と新築を比較する注意点

中古一戸建てをリフォーム前提に購入するのは損?

以上の内容についてご紹介してますので、あなたの中古住宅購入の情報源としてもお役立て下さい。

スポンサーリンク

中古一戸建て購入後リフォームと新築を比較する注意点

中古一戸建て購入後リフォームと新築を比較する注意点

スポンサーリンク

中古一戸建て購入後リフォームと新築の比較で重要な注意点をご紹介していきます。

中古一戸建て購入後リフォーム検討者が勘違いしている新築比較ポイント!

中古一戸建て購入後リフォーム検討者が勘違いしている新築比較ポイント!

中古一戸建て購入後にリフォームを検討する人が新築比較で見ているのは、以下の様な項目。

  • 住宅ローン等の控除
  • 固定資産税等の税金
  • ローン金利

こうした後々の支払いばかりに目を向けています。

しかし、こうしたポイントは、私からすればどうでもいいこと。

それよりも注意しなければいけない比較ポイントがあります。

中古一戸建てリフォームと新築比較で決定的な違い

中古一戸建てリフォームと新築比較で決定的な違い

中古一戸建ての費用を抑えれば抑えるほど、

  • 安い土地に建てた家
  • 駅に近づき老朽化した家

どちらかに該当します。

これらの一戸建てという存在と新築を比較しなければいけない事。

それは、2つ。

  • 地盤の変化に対する基礎のブレ
  • 建築基準法適正基準の違い

基礎は、家が建っているという状況を支え続ける最重要ポイント。

さらに、古くなればなるほど違いが出るのは、建築基準法該当項目には注意が必要になります。

簡単な例では、以下の様なポイントがあります。

長期優良住宅に関する基準が出来る前の中古一戸建て。

長期優良住宅の基準値に該当する中古一戸建て。

この2つを比較するだけでも雲泥の差があります。

つまりは、新築は、基礎から省エネ基準も最新条件で建てる家。

こうした比較は全くされていないのです。

ですから、中古一戸建てをリフォームすればという表面的な見た目重視思考こそ注意点そのものとなります。

中古一戸建てをリフォームする事と新築を比較すべきこと

中古一戸建てをリフォームする事と新築を比較すべきこと

新築を購入するメリットは、

  • 標準設備の時代が全く違う事
  • 省エネ基準に基づく材質が使われていること
  • 中古一戸建てのリフォーム後の中身を最初から手に入れる事ができること

高いと思っている方は多いのですが、実際にリフォームをしてしまうと高いのは、リフォーム+中古購入費。

これが、実態。

一戸建てではなく、マンションにはリフォームは十分活用できます。

違いを中古住宅という大きな枠に当てはめると誤算が出やすいので注意しましょう。

続いて、中古一戸建てリフォーム済と新築比較をする注意点をご紹介していきます。

 

中古一戸建てリフォーム済と新築を比較する注意点

中古一戸建てリフォーム済と新築を比較する注意点

「中古一戸建てであったとしてもリフォーム済なら新築と変わらない!」

こうした考え方を持って中古一戸建てを探されている方もいらっしゃいます。

ではこの誤解を覆す上での注意点をご紹介していきます。

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠1.なぜ?

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠1.なぜ?

中古一戸建てリフォーム済は何が安心要素ではないのか?

この点をまずはご紹介していきます。

根拠は、「なぜリフォームの必要があったのか?」が注意点。

  • 故障
  • 劣化
  • 見た目改善
  • 損傷

正直、中古住宅市場は、売却する際には、リフォーム無しが当たり前。

その原因は、購入者が気軽に壁紙などを自分たちの自由にしやすくする目的を含めます。

ですから、リフォーム済は良心的という考え方より、あえてリフォーム済にしなければいけなかった事情に注意が必要なのです。

こうした注意点が発生してしまうのです。

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠2.どこまで?

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠2.どこまで?

壁紙を交換すれば見違えるほど綺麗に見えるのが住宅。

でも、これって全て飾り部分でしかありません。

賃貸の内覧同様に、

  • 水周りの不具合
  • サッシの建て付け

こうした部分は、消耗品として、必要であれば直すのは購入者。

ですから、一時しのぎのリフォーム済である可能性も考えなければいけないのです。

リフォームをする理由とどこまで直したのか?

売却時に全てを話すオーナーばかりではありません。

よって、リフォーム済はどこかに何か欠陥もある!

こんな不安を露骨に考えなければいけない中古一戸建てと言えるのです。

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠3.リフォーム済のランク

中古一戸建てリフォーム済が安全と言えない根拠3.リフォーム済のランク

リフォーム済であれば、安心か?

というと、あくまでも修繕変わりのリフォームである事も心配しなければいけないのです。

つまりは、ランクとしては汚れやすい安い壁紙を使用したリフォーム済み。

こんな事情も住んでから使用しなければ解りません。

よって、

「リフォーム済み中古一戸建ては必ず将来もそのまま住めるお得な物件。」

この考え方は非常に危険。

注意点は、リフォーム済の理由や原因、リフォームしなければいけない他の部分のリスク、現状のランク。

以上の3つを全て安心要素として確認できてから検討が始まります。

ぜひ期待感を持って、リフォーム済を見ない様にしましょう。

続いて、中古一戸建て購入後にリフォームという考え方について注意点をご紹介していきます。

 

中古一戸建てをリフォーム前提に購入するのは損?

中古一戸建てをリフォーム前提に購入するのは損?

中古一戸建てを購入後にリフォームすれば。

という考え方をお持ちの方がもし私の近くにいたらどんな言葉をかけるか?

こんな思いで、紹介していこうと思います。

中古一戸建てを購入後にリフォームしても損がない条件

中古一戸建てを購入後にリフォームしても損がない条件

中古一戸建て全ての物件が特にはなりにくいのが注意点。

では、どんな物件であれば損をしないのか?

この答えは、以下の条件が重要。

  • コンクリート住宅の用な強度な工法で作られた家。
  • 土地の価格だけなら中古一戸建ての価格では購入が難しい物件。
  • 既にリフォーム施工業者にリフォーム予算や見積もりを相談済みで購入する物件。

まず最初の工法。

  • 軽量鉄骨はリフォームするのはかなり制限が多い物件。
  • 木造住宅は、リフォームしたくても耐震性能の支障が出る誤算も要注意。

こうした事を購入前に知っている方はほとんど居ません。

ですが、コンクリート工法であれば、中身の自由化はし易いため、リフォームに支障は少ないのです。

続いて、土地の価格だけでは高いが、建物があるおかげで安く買える物件。

この狙い方は、資産価値として十分活用できるので購入しておくメリットは有ります。

そして、リフォーム予算が、土地価格より少ない金額で済ませる事ができた場合のみ、お得な購入物件と言えます。

最後の情報はさらに難易度が高いです。

中古一戸建てにおける図面から、その会社の特性をよく知る方がリフォームの見積もりを出しているのが条件。

この金額が、自分たちの予算に合うのであればお得な場合があります。

よって、かなり難易度は高いことばかりですが、こうした中古一戸建てであれば、購入後リフォームにより価値を体験できるのです。

以上が私がこの記事でご紹介したかった内容となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ