太陽光発電売電価格今後は激減?2017

スポンサーリンク

太陽光発電売電価格を調べていたらちょっと気になるニュースを発見!

太陽光発電はもう終わった!

こんなことを言っている方も多い昨今ですが、太陽光発電は、まだファンド化もされてることを多くの方が知りません。

太陽光発電売電価格今後は採算が合わない?

太陽光発電余剰買取全量買取どっちが得?

太陽光発電会社選びはどうすればいい?

このように、これから太陽光発電を検討する方は悩みの数も多いはず。

私のサイトは、新築購入体験,現場経験などを通じて、太陽光発電も採用した体験を通じてご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、2016年2月発表された内容から将来の太陽光発電売電価格に関わるネタとして、

太陽光発電売電価格はどうなるのか?今後の価値は?

太陽光発電売電価格を気にするなら購入はいつ?

太陽光発電がまだ巻き返す兆しが出てる報道もある2017年!

以上の内容についてご紹介していますので、太陽光発電売電価格を調べている方はぜひチェックして下さい。

スポンサーリンク

太陽光発電売電価格はどうなるのか?今後の価値は?

太陽光発電売電価格今後2016

スポンサーリンク

太陽光発電を2016年以降に新築やリフォームで検討している方にぜひ知っておいていただきたい売電価格の今後の見通しについてご紹介していきます。

太陽光発電価格は激減しそうだ!その根拠は?

太陽光発電売電価格が下落の一途をたどる予想は、つい先日の新聞記事でした。

風力発電移行を目指し、太陽光発電よりも自然エネルギー設置コスト削減を目指す。

こうした動きが政府の中でも顕著に動き出しを見せているそうです。

2016年以降に注目されている発電システムは、風力発電

実際に、コストなどもかなり安く仕組みを作れる様子で、原子力発電廃炉に変わる大きな柱として注目されています。

ですから、

少しでも売電価格を取れる環境でオール電化を採用したいのであれば、2016年は本当の勝負の1年になると思います。

太陽光発電価格は激減しそうだ!電力自由化の影響

太陽光発電価格がますます下落する可能性が高くなる最大の要素といっても過言ではないと思います。

電力自由化により、ますます電気代の基本料金などの値下げが競争激化します。

つまりは、

電力買取の意味はほとんどなくなっていくわけです。

買い取らなくても、自分たちで自然エネルギー開発を進めて供給すればコストは採算性が合う可能性もある。

こうなると、わざわざ家庭での発電電力をお金を出してまで買う企業は減っていきます。

よって、少しでも安定した売電価格を求めていくのであれば、2016年は太陽光発電オール電化リフォームや設置のラストチャンスだと私は考えます。

では続いて、この太陽光発電導入に踏み切るなら、2016年いつがタイミングとしてふさわしいかについてもご紹介していきます。

 

太陽光発電売電価格2016以降の影響から見る購入時期はいつ?

2016年に入ってまだこの記事を書いているのは、2月下旬に入る時期。

しかし、先ほどお伝えしたように、

  • 太陽光発電より風力発電に切り替える動き
  • 電力自由化への活発化
  • 売電価格下落の可能性

この3つの条件から太陽光発電売電価格上昇の可能性はますます厳しくなりました。

さらに、

2017年4月には消費税問題がスタートします。

こうした動きの中では住宅業界は、5%から8%に税率が上がる時も非常に夏以降に注文が殺到しました。

ですから、この時期に申し込みや見積もりを行っていても、もう交渉する余裕なんて全く与えられていない状態になるのです。

まさに、「お金がないなら、諦めてもらっていいですよ!」

こんな感覚で商売目的全開で強気で来られることの方が増えるのです。

しかし、2016年㋁から5月にかけてなら、まだまだその動きを顕著にする動きではありません。

だからこそ、この時期にしっかりと見積もりを出しておきながら交渉を進めておく事が重要なのです。

いつ購入するかを決めるのは、あなた次第。

しかし、いつでも購入できる価値が同じというわけにはいきません。

太陽光発電やオール電化導入は2016年だけはスピードが命になってきています。

のんびりしていても事態は何もいい方向に進んでいきません。

ぜひ、こういう時こそ、備えあればの気持ちで積極的に正確な情報と交渉しやすい立場の確保をしておきましょう。

私が実際に、

ハウスメーカーで太陽光発電の話を聞きながら、おすすめできる太陽光発電見積もりの方法については、

新築費用オール電化見積もりのお勧めと注意点

にてご紹介していますので、太陽光発電によるオール電化生活を選ぶ上で重要なポイントをぜひじっくりご覧ください。

では最後に、なぜ私たちが太陽光発電の導入をしたのか?をご紹介していきます。

 

太陽光発電売電価格の影響より大切だった事

私達は、新築一戸建て購入時に太陽光発電売電価格の変化に間に合うぎりぎりのタイミングでした。

そんな時だからこそ、冷静に考えて結論を出した太陽光発電導入のきっかけをご紹介していきます。

太陽子発電売電価格より大切な事1.光熱費

太陽光発電という言葉よりも私達が気になったのが、オール電化にした時の電気代でした。

当時はまだ古い一戸建てに住んでいた私達。

「実生活で、オール電化はどの程度の電気代を要するのか?」

この答えが知りたかったのです。

そして、たどり着いたのは、

・オール電化の電気代が一番安い。

・1か月は電気代だけでガス代が無くなる生活。

→電気+ガス代であれば、確実に採算性が合う。

このポイントは大きかったと思います。

太陽子発電売電価格より大切な事2.電力自由化の影響ゼロ

電力自由化が始まっている2016年。

しかし、新築住宅における太陽光発電の電力供給プランは、どの会社のどのプランよりも安い。

これは、家電量販店、ハウスメーカー、工務店いずれも口をそろえていっています。

やはり、初期投資をかけた分だけの入居後の生活におけるメリットは高かったなぁと感じました

電力自由化等も検討材料にしてる方は迷う必要ゼロです。

太陽子発電売電価格より大切な事3.10kw以上未満いずれもプラス効果

太陽光発電の売電価格を気にする方は、買取年数も気にしていると思います。

10kw未満は10年、10kw以上は20年という買取期間。

しかし、よく考えてみて下さい。

10年の投資に太陽光発電導入費用と同じ金額を電気代が安くなる家電を買い替え続ける。

この手間とランニングコストが一回の投資で済むのです。

・時間

・新築にかかるメンテナンス費用

こうした事を考えると、結果的には太陽光発電導入は売電価格以上に、時間と手間にも節約効果があります。

私達は子育ての時間や様々な商品の故障リスクなども考えて太陽光発電導入を決めました。

あなたならどうしますか?

私は2016年の買い取り価格であったとしても正直太陽光発電導入にメリットは大きいと思います。

では最後に、2017年に動きが活発化する流れと太陽光発電売却の流れをご紹介していきます。

 

太陽光発電がまだ巻き返す兆しが出てる報道もある2017年!

2017年の経済を考えた時、間違いなく影響を考えるのがトランプ政権の影響。

そのトランプ氏の制作に於ける2017年の展望で最も注目を集めているのが、エネルギー政策。

米国が今最も注目しているのが、シェールガスによるエネルギー。

自国のエネルギーを輸入に頼らない国にしていく。

こんな傾向すら見える動きに太陽光発電が関係する視点をご紹介していきます。

太陽光発電売電価格のストップとトランプ政策の影響力

トランプ氏のエネルギー政策がうまくいった時、最大の影響を受けると言われているのは、中東。

そして、日本国内での動きは、以下のような流れの可能性が色濃くなります。

・天然ガス。

・液化プラント。

・発電所

この3つを統合する動きの活発化。

当然ながら、自然エネルギーを作り出す事を視野に含めた産業は活発化します。

こうして起こるのは、価格競争に見えますが、2017年は、ガスも電力と同じ自由化を認める動きを政府が発表。

こうなると、売電だけでなく、全てが一気に値下げになるのか?と言う結末になります。

しかし、この結末にしては、誰も投資をしてくれなくなります。

まさに、住宅ローン金利と同じなのです。

ゼロ金利政策を進めても借り入れが増えない。

もとに戻せば更に、借入希望者が減る。

こんな未来を誰もが恐れているのです。

だからこそ、トランプ氏のエネルギー政策が進めば進むほど、自国エネルギーを大切にする動きから、活発化させるためには、売電価格買取ストップ安と言う動きも可能性が高まる。

売電は、10年、20年固定。

この響きにも曖昧性を作った政府。

しかし、この先あまりにも変動が増えれば、産業の発展に影響を及ぼす。

この2つが葛藤する2017年は、慎重に元金と回収までの期間に注目してみてください。

こうした予測をしておくことも間違いではないのです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

実際に私達がハウスメーカーで太陽光発電の費用を確認した際に、お勧めされた見積もり会社。

この体験については、

太陽光発電見積りにおすすめの会社体験記

でご紹介してますので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ