アフィリエイト

新築オール電化費用対効果太陽光発電失敗後悔対策注意点

スポンサーリンク

新築一戸建て購入前注意点として、オール電化費用から生まれるメリットデメリットをご紹介していきます。

新築に太陽光発電を入れた方が電気代が安いなら、採用したい!

2017年以降もオール電化における需要はとどまることを知りません。

しかし、太陽光発電を採用するにも費用が気になる方もやはり多いですね。

太陽光発電費用は、出す価値があるのか?

太陽光発電費用は、どうやったら節約になってるのか?

オール電化の採算性は何を意識しておくべきか?

太陽光発電費用からオール電化を意識しても大手のメーカーが安心と勝手に考えてる方も多いのが現代の課題。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション、一戸建て購入体験、現場経験を活かしながら各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、新築一戸建てにオール電化という選択肢はどういう結果をもたらすのかを2015購入体験や2016年にハウスメーカーや工務店で確認した情報を踏まえて、

新築オール電化費用対効果のメリット

新築オール電化費用対効果で間違った選び方とは?

新築オール電化費用対効果を選ぶ上でもっとも重要な3大要素は?

以上の3店についてご紹介してますので、2016年以降の新築一戸建て購入計画の情報源として参考にして下さい。

スポンサーリンク

新築オール電化費用対効果のメリット

新築オール電化費用をかけるメリット

スポンサーリンク

新築費用にオール電化を採用するメリットをまずはご紹介していきます。

新築オール電化費用をかけるメリット1.ガス代不要

新築一戸建てを購入しても実際に住まいと暮らす上では必ず家計が必要になります。

賃貸生活なら、一般的には、

・家賃

・電気

・ガス

・水道

この4つが主な生活費対象になると思います。

しかし、オール電化にすることで新築一戸建てに済んだ後の家計は、以下のようにコンパクトなります。

・住宅ローン。

・電気代。

・水道代。

生活にかかる費用は以上。

このようなガス代を不要にした家計になります。

実際に、この費用割合がどのように影響するのかをご紹介していきます。

新築オール電化費用をかけるメリット2.電気代プランの割引

「新築にオール電化を採用すると、実際に電気代は本当に節約になるのか?」

私たちは、実際に2015年オール電化の新築一戸建てを購入して明らかな違いを体験しています。

賃貸生活中の生活費 新築オール電化の生活費
水道代 10000円 水道代 3000円以下
電気代 15,000円(冬) 電気代 16000円
ガス代 9000円 ガス代 0円

明らかに1万5000円程度の毎月の光熱費は節約になりました。

さらに、

土日の使用料金がオール電化プランになります。

こうした背景から、明らかに生活費という長い目で見た光熱費は採算が合うようになるのです。

新築オール電化費用をかけるメリット3.収入源になる

新築をオール電化にすると言う事は発電システムが入ります。

解りやすく言えば、太陽光発電を使います。

ですから、太陽光発電による買取という収入源が発生するのです。

この点については、余剰買取であっても全量買取であっても、家計よりオーバーすることは殆ど無いのです。

よって、損益による生活費の圧迫を心配しなければいけない設定にはならない事をメリットとしてご紹介したいと思います。

では続いて、2016年以降の新築オール電化費用におけるデメリットをご紹介していきます。

 

新築オール電化費用対効果で間違った選び方とは?

新築オール電化費用デメリット

新築オール電化に費用をかける際に間違ってはいけないポイントをご紹介していきます。

新築オール電化費用をかける間違った選び方1.方位の重要性

太陽光発電を要する新築オール電化。

この太陽光パネルの設置について、方位により発電量が異なるのはご存知でしょうか?

この点について、工務店やハウスメーカーなどの営業担当があまり明確な説明をしないケースもあります。

すると、費用をかけた後の採算性が思っていたシミュレーションを下回る結果になった。

こんな結末のためにわざわざオール電化を採用しても勿体ない結果になります。

ですから、太陽光発電の費用の採算性の優先順位は、方位が今の建てたい自宅の向きと屋根の向きにあっているか?

この点を十分注意して選択する必要があるのです。

新築オール電化費用をかける間違った選び方2.屋根形状

オール電化を新築費用に加算するために太陽光を設置。

その時の屋根の向きについては先ほどご紹介しましたが、屋根の形も重要な要素。

同じ方位を向いた屋根に取り付ける太陽光パネル

違う方位に分散して取り付ける太陽光パネル

同じ枚数を使ったとしても発電効率は確実に変わります。

この点から、間違った選択をオール電化のために採用してしまう事も失敗後悔の原因となりますので、気を付けて下さい。

新築オール電化費用をかける間違った選び方3.投資価格

オール電化を採用する際には、キッチンなどのメーカーもこだわってしまう方が多いです。

しかし、オール電化の重要な点は、発電効率と売電による使用量とのバランス。

つまりは、収益化を検討できる環境を優先的に考えなければあまりメリットが無いのです。

注意すべきは、オール電化の部材価格が高めの商品を選ぶ事が必ず得をするとは限らないのです。

価格帯と発電効率のバランス。

この言葉を最優先により自分たちの目線に合う商品を選ぶようにして下さい。

では最後に、2016年以降のオール電化選びに最も重要な事をご紹介していきます。

 

新築オール電化費用対効果を選ぶ上でもっとも重要な3大要素は?

新築オール電化費用2016年以降の選び方注意点

新築オール電化費用を考える上で、2016年以降の設置について注意しなければいけない商品選びを3つご紹介していきます。

新築オール電化費用対効果2016年以降の選び方1.蓄電池

2015年まではそう表に出てくる事も少ない話だった蓄電池の話題。

2016年以降はハウスメーカーもかなり力を入れて話をし始めている会社もあります。

しかし、安易にこの蓄電池を採用する事は避けてほしいのです。

その根拠は?

  • 蓄電池は、まだ試験運用段階に近い存在である
  • バッテリーの交換が意外に高く付く可能性がある(時価である)
  • 寿命もまだまだ運用歴が4年程度の為長期計画は未定である

こうした内容を2016年以降も私はこのサイトへの情報配信の為、ハウスメーカーや工務店などで話を聞きながら実感しました。

ですから、2016年以降のオール電化には、まだまだ蓄電池導入は早いと決断すべき。

この点を注意点としてご紹介しておきたいのです。

新築オール電化費用対効果2016年以降の選び方2.10kW以上は要注意

電力買取価格を選ぶ事もオール電化住宅には容量により出てきます。

10kW以上の場合は、全量買い取りと余剰買取を選択できます。

しかし、2016年はとうとう電力買取価格が1kWあたり20円台に突入した時代。

よって、全量買取りにおける価値は正直設置費用との採算性が合わせにくくなってきているのです。

ですから、以下の10kw以上以下は大きく試算シミュレーションの収益時期が変わります。

例え10kW以上の発電量を搭載する場合でも余剰買取で契約を行う

又は、

10kWと以上搭載可能であったとしてもあえて10kW以下の設置で新築費用を節約する。

このいずれかの選択をしておくことを強くお勧めします。

新築オール電化費用対効果2016年以降の選び方3.税金

新築オール電化費用をかけて、電力買取における収入源が確保されていても、100%収益ではありません。

・マイナンバーの導入

・経産省への報告

こうした事が、今後はますます厳しい目が光る事が予想されます。

ですから、収益化を考えたオール電化計画はあまりお勧めできません。

逆に、電気代を少しでも節約できるなら、導入したい。

この考え方をベースに検討されることをお勧めします。

我が家も実際に2016年は確定申告によりこの太陽光発電による収益を報告します。

今後の家計に少しでも節約できる家つくり。

この願いにオール電化はあってはいると思います。

しかし、使い方や契約の仕方などにより費用をかける価値は大きく変わります。

ぜひ、自分たちの生活しやすい支払と家計の軽減を最優先に、新築オール電化費用を計画してみて下さい。

新築オール電化費用対効果の高い太陽光のお勧めはあるんですか?

私の元に届いたこの内容の相談がこの記事を書くきっかけでした。

この方から、お勧めの会社の選び方や商品の選び方についてご相談がありましたので、最後のこの場でごしょうかいしておきます。誘導ボタン

このサイトを私は活用することを強くお勧めします。

根拠は?

私がハウスメーカーで新築一戸建てを購入した際に、ハウスメーカーも見せてくれたサイトだったんです。

このサイトの情報はかなり信用に足りる情報が揃っているそうです。

自社の商品の価格を見せながら、相場確認をさせてもらう事に使われていました

よって、

外部の市場調査用に使われているほど信頼が高いといえるサイトなのです。

やはり、オール電化の太陽光発電設置は価格の交渉が可能です。

ですから、言いなりの契約ではなく必ず1度このサイトで複数社の見積もりを確認する。

たったこれだけの事でも数十万単位が節約できる可能性を秘めているのです。

ぜひ、あなたの家の重要なキッチンやお風呂などの電力供給場所を左右する設備ですから、慎重に選んでください。

誘導ボタン

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

このページの先頭へ