「年収と借入可能額」の記事一覧

年収370万住宅ローン借入可能額や限度と現実の差

年収370万住宅ローン

年収370万の住宅ローンは借入可能額や限度額はいくら位?月々の返済は?中古マンションの方がいいの?新築一戸建ては無謀?管理費とか入れると?こんな想定をしている方にまずは手取りの旦那の給料だけで毎月の生活に怯えないための目安を知ることから始めてみませんか?

年収350万住宅ローン借入可能額目安

年収350万住宅ローン

年収350万の住宅ローン借入可能額や限度を銀行に相談したらそんなに貸してくれる?と驚く人が多い低金利時代!しかし、実際の生活を考えると厳しい現実になる可能性も!もう無理!払えないとならないための現実的な計画を体験からご紹介。

年収360万住宅ローン借入可能額や月々返済額理想と現実

年収360万住宅ローン

住宅ローンを年収360万で組みたい! 今の年収でいくらの言えが購入できるか不安。 ローンの返済額は今の家賃以上・・・

年収340万住宅ローン審査借入可能額目安や毎月返済額や生活の実態

年収340万住宅ローン

年収340万住宅ローン審査で通りやすい条件で借入可能額や毎月の月々返済額はいくらくらいなのか?生活がきつい,苦しい,貯金ができない等通過後に悩みを抱えないための考え方や事前準備。実際にシミュレーションを使った具体的な金額想定もご紹介。

年収330万住宅ローン借入可能額目安と月々返済はいくら?

住宅ローン年収330万

年収330万で住宅ローン審査にも通りやすいし、借入後の生活も大変にならない子育てにも問題ない計画ではいくらの物件価格を目安に探すべき?2児の子育てを体験して家を購入した後の苦労を知るからこそ伝えたい目線でご紹介しています。

年収320万住宅ローン借入可能額と月々返済はいくらが現実的?

年収320万住宅ローン

年収320万で住宅ローンを組むなら借入可能額はいくらくらいで毎月返済はどのくらい?固定資産税や住民税,子供の教育資金等で生活苦にならないシミュレーションをご紹介。

年収310万住宅ローン借入可能額シミュレーションと毎月返済額

年収310万で住宅ローン審査に通過できる可能額はいくらくらい?毎月返済額はシミュレーションするとどうなるの?実際に新築マンション、一戸建て購入を経験し宝こそ伝えられる限度額と現実の生活で苦しまないための計画をご紹介。

年収290万住宅ローン借入可能額と月々の返済はいくら?計画法

住宅ローン年収290万

年収290万住宅ローン審査での借入可能額はいくら?毎月の返済はどのくらい?新築,中古,一戸建て,マンション等物件を選ぶ際に重要な目安となる価格と選び方。実際に生活で苦しいとかきついという夫婦の会話を不要とする目安。

年収280万住宅ローン借入可能額目安

年収280万住宅ローン

年収280万の住宅ローン毎月の返済目安や借入可能な金額はいくらくらい?フラット35で金利だけでなく、審査に落ちた,通らないと悩まないために必要な考え方をマンション、一戸建て購入経験者がご紹介。

年収270万住宅ローン借入可能額目安と毎月の返済はいくらくらい?

年収270万住宅ローン

年収270万住宅ローン借入可能額目安や月々の返済はいくらくらい?今の生活を維持して無理のない環境は出来るのか?子供の子育てに要する養育費や将来の為の貯金をしていくことは可能?こうした点を含めて、マンション、一戸建て購入経験者がご紹介。

年収260万住宅ローン借入可能額や月々返済目安|銀行に相談する前に知るべき事

年収260万住宅ローン

年収260万住宅ローン借入可能額目安が月々返済シミュレーションを引っ越しをした後に、一戸建て,マンションを問わない生活が苦しい,きつい,厳しいとならないための頭金資金計画などを含めて体験者がご紹介。

年収210万住宅ローン借入可能額と返済額

年収210万住宅ローン

年収210万住宅ローン審査に通りやすい借入可能額や月々の返済目安だけでなく、物件の選び方、金融機関等に相談する価値のない時代にどうやってスムーズに通りやすい方法で依頼をするかなどを経験からご紹介しています。

年収220万住宅ローン審査借入可能額や月々返済額はいくら?事例付

年収220万住宅ローンフラット35シミュレーション

年収220万で住宅ローンを組むならいくらが生活が苦しい,きついと悩まない金額になる?毎月の返済額目安や具体的なシミュレーション等を含めて、マンション,一戸建て購入経験者がご紹介。

年収230万住宅ローン借入可能額と月々返済額目安|審査通過のコツ

年収230万住宅ローンシミュレーション

年収230万で住宅ローン審査を通すのは、借入可能額はいくら?毎月返済金額はどのくらい?通過させるために前準備に何が必要で注意することは?マンション,一戸建て購入経験者がご紹介。

住宅ローン年収240万審査借入可能額目安

年収240万住宅ローン

年収240万で住宅ローン審査は通るの?月々いくらなら可能?返済負担率って何?年収はいつの想定?マンションと一戸建てどっちが生活が安定する?こうした内容をどちらも購入経験があり、不動産住宅関連企業に勤め、資産価値を含めた購入後の苦労を知る経験者がご紹介。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

年収250万女性住宅ローン

年収250万の女性が住宅ローン審査を申込するのは落ちるの?正社員でないと全くダメ?契約社員等でもマンションや戸建ての購入は可能な時代。月々の返済計画などシミュレーションのコツを含めて住宅関連企業出身者であり、マンション、戸建て購入経験者がご紹介。

年収500万住宅ローン3000の計画は無謀

年収500万住宅ローン3000万

年収500万で住宅ローン3000万は現実的なのか?新築マンション、一戸建て購入経験をした会社員生活で、実際に無理だ!限界だ!と感じた体験や繰り上げ返済などを想定した住んだ後の生活での家計の基本的な計画を含めて、元住宅関連企業出身者がご紹介。

年収300万住宅購入前の誤認や誤解と成功のコツ

年収300万円家が欲しい

年収300万円で家を買う計画を立てる時には、何が必要?住宅ローン情報?土地や新築,中古比較?無理なく自分の予算額の中で何を選べるのか?いくらの物件なら高いと考えるべきか?元住宅関連企業出身者が自分の経験を含めでご紹介。

年収450万住宅ローン審査通らない28歳口コミ

住宅ローン審査に通らない理由|年収450万実例

住宅ローン審査に通らない理由口コミから年収400万の事例でご紹介。仮【事前】や本審査いずれで落ちたのかにもよって対処も対策も違う。地銀,JA,労金,メガバンク【UFJ,三井住友】も経験したマンション、一戸建て購入者がブログ形式でご紹介。

40歳住宅ローン年収の5倍も通らない?地銀口コミ

住宅ローン審査が通らない40歳の苦労口コミ

住宅ローンが40歳で地銀に年収の5倍で挑戦して落ちたという口コミをご紹介。私自身も2度ダメだった経験者。しかし、諦めるわけにはいかなかったのもあり、最後の3社目の方法で見事に通過を勝ち取った方法もご紹介。

住宅ローン審査年収300万で落ちる400万で通る違い!

住宅ローン審査年収400万円でUFJぎんこうで通った借入限度額口コミ

住宅ローン審査年収300万で落ちた,年収400万円で通ったという2つの人生経験をした方のUFJ銀行口コミをご紹介。新築費用の予算を住宅ローン審査に通過する金額で計画中の方や年収300万,400万で通す方法を検討中の方にも同じ予算で検討してる方も必見

年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

年収400万円台 住宅ローン いくら借りれる?

年収400万住宅ローン借入可能額や限度額をご紹介。シミュレーションや月々返済額を明確化するための情報を新築一戸建て,マンション購入経験者がご紹介。さらに間取り失敗後悔ランキング等購入後の注意点もご紹介。

年収200万円住宅ローン頭金無借入可能額や月々は?通るコツ

年収200万円台住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

年収200万の住宅ローン審査を受ける際、頭金無しでの借入可能額と限度額をシミュレーション画像付きでリアルにご紹介。月々の返済金額目安と購入後に後悔しないための注意点を30代でマンション、一戸建て購入経験者がご紹介。

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

年収300万円住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

住宅ローン審査を年収300万円台で通すコツは何か?事前でも落ちた経験を持つ体験や実際に月々返済を開始して感じた事を踏まえて、借入可能額と通りやすい条件をご紹介。銀行に相談しても社交辞令。申し込み前に知っておくべき情報をチェックしてみて下さい。

住宅ローン目安年収500万円審査借入適正や月々返済額と通すコツ

住宅ローン 年収 借入可能額 いくら借りれる?

住宅ローン審査年収500万の借入可能額や返済に困らない現実的な適正目安を月々に合わせてご紹介。実際に同じ値を経験した30代子持ちの生活や独身で購入した際の趣味の費用なども含めた経験。新築住宅関連企業出身者であり、マンション、一戸建て購入経験をもとにご案内しています。

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ