マイホーム購入後貯金残高20万円からも安定させた方法体験記

スポンサーリンク

マイホーム購入後は賃貸で家賃を払っていた時と同じ居住費では済まない。

固定資産税

火災保険

町内会費

浄化槽の点検やメンテナンス費用

いくら住宅ローンの返済額だけをきちんと支払う生活をしている人でもその他に家に関わる税金や設備に関わる費用で新しい支払いは存在する事も多い。

頭金をなしで家を買う人は増えている。

しかし、その後のお金の管理をしていく上で、住宅ローンの支払だけで生活に関する費用を考えると家計は厳しい!

こんな言葉を口にする家庭もある。

なぜ新しい家を買った後に実際に貯金残高も減って、貯金ができないような暮らしになっていくのか?

マイホーム購入時の考え方については、これまでにも以下のような内容をご紹介してきました。

マイホーム購入後貯金なしの対策

マイホーム購入後貯金なしになる人とならない人の差体験記

貯金なしでマイホーム建てた人も幸せを実感できる?体験記

ローコスト住宅頭金なしとローン審査

ローコスト住宅頭金なしで住宅ローン審査通過のコツ

貯金があったはずの生活が一変する。

子供の教育費に必要なものを買ってあげたい時に残ってる残高がもう底をつくギリギリのライン。

もう今の残高を残しながら生活を維持することは難しい?

こんなことになってしまうことがないようにするには、どうしたらいいのか?

マイホーム購入後貯金残高が実際に20万円しかない現実を私も注文住宅購入後に体験しています。

家具も前に使っていたものを処分。

家電も現在の暮らしに合わせて今まで貯めていた分から買ってしまった。

このような現実の先に、毎月の生活に必要な資金や金額を収入の範囲で買って行けると思ったのに!

こうならないための準備を以下の項目でご紹介していきます。

マイホーム購入後貯金残高20万円の暮らし

マイホーム購入後貯金残高20万円の貯蓄額

マイホーム購入後貯金残高20万円からの今

まずは何よりも毎月の出費している金額よりも確認するべきことがある。

家を建ててから子どもの清津ように合わせて支払いは増える。

当然親が勝っておくべきと判断する内容も出てくる。

将来の老後の準備も少しでも始めておきたいなら今から考えておくべき貯蓄の方法についても参考にしてください。

マイホーム購入後貯金残高20万円の暮らし

マイホーム購入後貯金残高20万体験記

口座段高がいくら残っているのかという問題は正直私からすると少ない事が必ず問題視するべき内容ではない。

なぜか?

家を建てた段階がどのような状況なのかをきちんと整理する事が重要。

家計の支払いを最近と将来で計算

子どもが近い将来習い事を始める。

幼稚園から小学校に進学をする。

子供の成長に合わせて少しずつ支払う内容もかかる費用も変わってくる。

同じ仕事をして、定額の月給の給料を手にして結果何が原因で将来が不安になるのか?

この答えは車を含めた諸費用を全てまとめた上での年間支出の計算の甘さ。

カテゴリとして生活費という内容だけを考えて計算してはいけない。

家計はあくまでも年間の支払い額の話を中心とする。

これが最初に全て出しきった状況の上でいくらくらい毎月残りがあるのか?

無理なら、ボーナスなしという状況では完全に年間を通じて赤字の状態になっていく。

先の将来を気にしすぎる

あくまで共働きの中で将来の転職を考える等は今の体力や賃金、時間という気になることが多いはず。

会社からの一方的な賃金カットにより収入が減った際、年間100万から200万の収入減があったとしても大丈夫か?

この答えが先に安定していないといろいろな将来の準備は難しい。

必要以上に夫婦の老後のための投資や保険に加入してもその支払いよりも先に出ていくのは、数千円、数万円の生活に必要な食費や光熱費、税金の払い。

だからこそ、少なくとも1年分払うくらいの計画が貯金としてきちんとまとまる前にいろいろな契約をするのは危険。

せめて手元に100万から500万という数字を確認できるまではあまり資金を必要とする事に目を向けない。

これが賃貸の生活の時とは別で出費があるからこそ考えておくべきポイントになります。

 

マイホーム購入後貯金残高20万円の貯蓄額

マイホーム購入後貯金残高の価値

新築での暮らしはみんなの目が輝いているような生活を期待している人も多いはず。

余裕があるとキチンと言える暮らしがしたい。

月々支払っている内容もきちんと給料の範囲内で何とかなるという状況を作りたい。

なのに、審査を受ける前と後では何を間違えたのかなと思うくらい毎日の出費と財布がかみ合わない。

貯まったと思ったらもうない!

こんな状態になる人の特徴は新しい生活エリアでの情報収集不足が原因。

毎日の生活に必要な物価計算

何にいくらかかり、どこを節約するのか?

もうこんなことを毎日やっていたら、保険料ですら、貯まっていく気配がない。

専業主婦になって、3人の子供がいる家庭がなんとかやっていく。

こんな状況を作り出せるのは、単純に、その生活エリアでの生活費と収入的バランスが合っているからです。

例えば、月収とボーナスのバランスを考えてみてください。

手取りが同じでも、月収が多い家庭でボーナスなしという家計はなんとか毎月の負担が多少多くてもやっていけることもある。

しかし、ボーナスに依存する収入なら?

毎月の食費や生活費が高い人気のエリアでの暮らしは専業主婦にとっては、節約に限界がある内容と言える。

いくら金利が低金利でも食費や生活費が上がれば毎月貯まっていくお金には限界がある。

新しい生活にはいくらが必要?

この計算をきちんと算出してある状態であれば、なんとか毎月数千円でも貯まったと言えると思います。

 

マイホーム購入後貯金残高20万円からの今

マイホーム購入後貯金残高増やし方

我が家は、家族3人だった時に新築注文住宅を建てることを決定。

その後第2子誕生とともに新築での生活が始まった。

当時は、ようやくミルク代がなくなったと思ったらまた次の子供!

さらに、おむつ代も倍になったということもあって、結構大変でした。

そして、今はもうテーマパークに行ったり、食事をしたりする時に、上の子は子供料金がかかる状態。

徐々に生活的には手間が少なくなったと言っても結果的に出費が増えるという内容には注意が必要な状態。

収入を増やすことで貯蓄を増加

私が家を買った当時と今と決定的に違うのは、収入。

収入が当時の2倍から3倍に増えた。

これがなんとかなったと言える理由です。

正直貯金がなくなったと思ったら、次の仕事。

もう無理かなと思ったら、次のプロジェクト。

実際貧乏暇なしの言葉の通りかなと思うほど、仕事がなんとかやってこれたから成り立ったと思っています。

もうそろそろ今の場所に住んで7年程度の時間を過ごしてきたから、出費に驚くことはなくなってきました。

やはり、新しい環境を手に入れたら、給料とは何か別の収入源を確保する事が大切だと思う。

投資でもいいですし、保険も貯蓄型になるようなタイプを選ぶ。

もちろん、手元の資金の範囲をあまり減らすようなことはやらない方が身のため。

でも、1年、2年という単位での資金を作るなら、定期預金なんかよりももっときちんと結果が出る内容を見つけ出す事が重要です。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ