新築玄関窓は必要?デザインや枠,大きさの選び方画像付

スポンサーリンク

新築玄関窓について、このページをご覧いただきありがとうございます。

新築玄関窓という内容には、間取りを決めている方の中にもこんな声が多いです。

新築玄関だしを付けて明るくしたい。

新築玄関だからを無しにして視線対策を防止したい。

新築玄関があると、寒さや結露の心配が出るのでは?

このように、デザインや見た目だけでなく、生活に関わる結露や視線対策まで幅広い悩みが上がっています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験に基づきサイト運営をしております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築購入時住宅ローン審査に仮審査1回,本審査1回落ちた体験後に通過させた方法と出会った。

新築購入時、カーテンや外構を打ち合わせで選ばず節約もデザインも満足した体験。

新築住宅関連企業に従事して知った知識、経験、現場の大工さんに聞いた実態。

このような全ての人生体験を各記事で失敗後悔注意点を含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築玄関について、以下の内容をご紹介しています。

新築玄関に窓は必要なのか?選び方注意点

新築玄関の窓と外観デザインを考える注意点

新築玄関の窓で我が家が選んだ経緯【画像付】

新築玄関ですし、デザインも見た目もこだわりたいと思う気持ちもあると思います。

しかし、生活しやすい家つくりを目指すための玄関は一体何のため?という視点で御覧ください。

スポンサーリンク

新築玄関に窓は必要なのか?選び方注意点

新築玄関窓の必要性

スポンサーリンク

新築玄関窓は、そもそも必要があるのか?

この視点は、家族の中でも夫婦間や2世帯住宅の親子で揉め事になる間取りの課題の1つとしても出てくる話題でもあります。

では最初に、何のために新築玄関に窓が必要と考えるべき?という内容をご紹介していきます。

新築玄関窓の必要性の選び方1.期待すべき機能

新築玄関に窓を付けるなら、何を目的にすべきか?

この視点があると、当然選択したくても、実際には機能しないケースもあると思います。

私が新築玄関に窓を用意してほしいと思える期待すべき機能は、すばり採光。

なぜ採光?

新築とは言え、玄関は常に明るい空間になっているとは限りません。

そして、セキュリティを考えるなら、日中でも暗い家というのは、留守を物語る気配が漂いやすいです。

しかし、日当たりの良い採光窓がある新築玄関は、多少日が傾いても、暗いと感じるまで時間がかかる事も多くなります。

つまり、新築玄関窓からの採光は、生活のためだけでなく、セキュリティ対策にも貢献出来るのです。

新築玄関窓の必要性の選び方2.サイズ

新築玄関における窓のサイズと言うのは適正な大きさはどんなサイズか?

この点でも私はセキュリティ対策意識を優先します。

昔ながらの和風の家では、玄関横に、風が吹き抜けるような上記画像のような窓がある場合もありました。

しかし、こうした窓では簡単に侵入口として使われるリスクが出やすいのです。

ですから、サイズは、あくまでも人の出入りが出来ないサイズにこだわる。

このポイントは安心を守るために必須となるのです。

新築玄関窓の必要性の選び方3.いらないケースとは?

採光窓を採用しても、所詮は、分譲地。

両隣の家とは間近な距離しか無く、日当たりが期待できる角度ではない。

このようなケースに限っては、新築の玄関窓は見送る事も視野に入れるべきです。

何故か?

窓は、夏は暖気の入り口、冬は冷気の入り口としても懸念されるパーツの1つ。

ですから、無理をして付けても結果的に採光が機能せず、逆に暑さ寒さを体験しやすい玄関になるリスクを抱えるのです。

こうした家の未来にならないように気をつけていただくことが失敗後悔対策に繋がります。

では続いて、新築玄関窓におけるデザイン選びをご紹介していきます。

 

新築玄関の窓と外観デザインを考える注意点

新築玄関窓におけるデザインの選び方で失敗後悔しないコツをご紹介していきます。

新築玄関窓デザインの選び方失敗後悔注意点1.外観バランス

新築は全ての窓が外観的には、バランス感覚で見られています。

・同じような横幅の窓。

・同じような高さの窓。

・同じような窓枠の色の窓。

このような窓の配置と配色、さらに外壁とのバランスで家の外観は決まっています。

つまり、外観を意識して新築玄関窓を選ぶというのは、横列と縦列の外観上に見える窓のバランスを意識していくことで失敗後悔を回避出来るのです。

新築玄関窓デザインの選び方失敗後悔注意点2.室内空間

新築玄関窓のデザインを決めるのは、外観だけでなく、内部空間も大切。

・装飾棚

・玄関収納

・玄関マット

・アクセントクロス

このように玄関には、小さな空間に多くの見せ方に使えるパーツが揃っています。

この中に、アクセントを兼ねた窓にするのか、主役とする窓を配置するのかで大きくデザインの選択は変わります。

自分たちの家の中にいる空間だけでなく、来客者が見た景色を想定しながら、デザインで他の家具を相殺していないかをチェックしておきましょう。

新築玄関窓デザインの選び方失敗後悔注意点3.色

新築玄関と言うのは、あくまでも壁紙まで全てを自由に選べる事が自由度でもあり、難しさでもあります。

窓枠という色は、シンプルですが、意外と目立ちます。

特に玄関という空間では唯一外を見る事が出来るパーツなので、窓枠が強調されやすい条件となる部屋の1つ。

よって、デザインを考えるときには、窓枠の色に十分注意した選び方が大切になります。

ぜひ以上の3つは見落としが無いようにチェックしてみて下さい。

では最後に、我が家が新築玄関窓を選んだ経緯をご紹介していきます。

 

新築玄関の窓で我が家が選んだ経緯【画像付】

新築玄関窓

実際の我が家の新築玄関窓は、この画像の1箇所のみ。

なぜこんな形でシューズクローゼットの隙間のような位置に配置をしたのか?

この点をデザインの選び方を含めてご紹介していきます。

新築玄関窓縦長FIXをえらんだ経緯1.玄関収納サイズの補足

我が家は一条工務店のi-smartという住宅を購入。

i-smartは、一条オリジナルの規格既製品からシューズクローゼットを選ぶタイプです。

そして、我が家の玄関奥行きと玄関シューズクローゼットは寸足らずということがわかりました。

このときまでは、新築玄関窓は無くても良いとさえ考えていたのです。

しかし、この寸足らずは、ちょっと壁紙が貼り付けられた状態でも違和感を感じる。

これが、妻と私の共通の認識でした。

そこで、開けることもないし、採光用の窓を入れてみよう!

こんな提案をいただけたので、できるだけ天井に近づくサイズで残りの壁紙を埋めてしまうような玄関窓を採用した。

これが、我が家が新築玄関窓を採用した経緯となります。

新築玄関窓縦長FIXをえらんだ経緯2.カーテンは?

我が家が新築玄関窓を安心して選べたのは、i-smartの標準設備の充実性があったからこそ。

i-smartには、ハニカムシェードという標準のシェードが設置可能でした。

そこで、窓と言えば、カーテンという選択をせずに済む節約を兼ねている事も大きな要因でした。

実際に生活をしていく上では、この新築玄関窓は大正解でした。

・日中は明るい。

・夜間も通りの光が入り、真っ暗になる事は少ない。

・隣の家の光ですら、玄関を照らす一部となる機能。

このような感覚で節電にも役立ち、非常に重宝しています。

ですから、この体験からも新築玄関窓は私は一戸建て検討中の方にはぜひ採用してほしいと考えています。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

他にも新築玄関に関する悩みは、新築玄関吹抜けや失敗後悔注意点まとめにて、玄関ドアやタイル、框など様々な視点をご紹介していますので、興味がある方はお役立て下さい。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

320人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ