アフィリエイト

床暖房費用新築時選び方失敗後悔原因や注意点

スポンサーリンク

新築費用の中でも床暖房という機能を採用する際の購入前に知っておくべき注意点をご紹介していきます。

新築の寒さ対策が気になる方が注目する設備の1つに床暖房という機能があります。

しかし、床暖房を確認する上では、意外と費用については誤解が多いようです。

実際私にも以下のような相談が増えています。

新築床暖房は、ガスと電気でどちらがいいのか?

新築床暖房は、ガスと電気併用するとメリット、デメリットは何ですか?

新築床暖房費用対効果が期待できるんですか?

このようなまだ床暖房生活をしたことがない方の悩みは想像ができないからこそ、解決に向ける考え方が見えない状況が続いているのが実態。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション、一戸建て購入経験、現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

我が家は、新築一戸建てで全館床暖房の住宅購入をしました。

妻曰く、もうエアコンの暖房生活には戻れない!という声すらもらっていい家を買えたと満足しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、床暖房を設置する際の費用との検討方法について2015新築購入体験記から、

床暖房費用|新築時選び方で最も注意すべき事!

床暖房費用|新築時選び方で失敗後悔対策

新築床暖房費用対効果体験感想

新築費用床暖房を入れるべきかお悩みの方へ

以上の3つについてご紹介してますので、床暖房の費用はどうすれば抑えられるのか?の情報源として活用して下さい。

スポンサーリンク

床暖房費用|新築時選び方で最も注意すべき事!

新築費用床暖房選び方注意点

スポンサーリンク

新築費用の中で、床暖房を採用しようとしている方へ。

ぜひ購入前だからこそ知っておくべき注意点をご紹介していきます。

床暖房費用新築設置購入前注意点1.交換不可

新築費用を抑えるつもりで考えている方が、床暖房を検討する際にはぜひ注意点として最初に知っておくべきは交換不可。

何が交換不可なのか?

  • 床材交換
  • 配管交換

私が新築戸建て購入をした時、この2つについてはかなり念押しのように確認しました。

・将来床の張り替えが出来ない

・将来壊れたパーツを簡単に交換等が出来ない

こうしたデメリットがあるというのは十分に知っておく必要があります。

床暖房費用新築設置購入前注意点2.ガス併用も要注意

配管交換等が非常に難しい床暖房の構造上の問題。

つまりは、

ガス管を選ぶという床暖房は中で破損などがあった場合の対処はかなり大変である。

この場合のリスクを私たちは説明を聞いて、床暖房のガスタイプの採用は見送りました

ぜひあなたにも配管の知識が無いままの知らなかったは防止しておくことをオススメします。

床暖房費用新築設置購入前注意点3.ガス併用はガス代も要注意!

新築費用を全体工事費用で考える際に、ガス併用は、非常にガス代が高くなりやすいそうです。

何故か?

単純にガスです。

配管が冷えれば熱は伝わりにくいです。

床暖房の目的は、床を暖めたい目的に使いますよね?

ということは効率も悪くなりやすいのです。

簡単にいえば、

昔の鉄骨住宅が暑くて寒い家だったのと同じ意味合い。

こういう点もガスによる床暖房ではガス代がかかる理由なんです。

新築費用で、床暖房に失敗後悔しないためのコツをご紹介していきます。

 

床暖房費用|新築時選び方で失敗後悔対策

新築費用床暖房1つで失敗後悔させないためのコツをご紹介していきます。

床暖房費用新築時失敗後悔対策1.住環境

床暖房を使いたい。

この希望があるのに、普段の生活は、マットを敷く生活のほうが多い。

こうした住環境との不一致は、正直床暖房の効率を落とす事にもなりますし、費用をかけた価値が半減します。

床暖房をしっかり効率的に使える環境で自分たちの生活を送る事を前提に予定を立てる。

この点も非常に重要であると私は考えます。

床暖房費用新築時失敗後悔対策2.床下収納や小上がり部屋

小上がりや床下収納を検討中の方も失敗後悔の原因となります。

その理由は?

床下収納スペースは、床暖房が設置できません。

床下収納と言えば、キッチンに収納する方が多いはず。

ということは、床暖房が、キッチンの家事には全く役に立ちません。

さらに、小上がりで和室などを用意した際も同様の事がいえます。

小上がりを採用したせいで段差が生まれるため、床暖房が使えない。

こうなると、客室としてのスペースや子供が遊ぶスペースには床暖房がありません。

部屋の配置と収納にはしっかり床暖房との相性を考慮して設置しましょう。

床暖房費用新築時失敗後悔対策3.設置場所は寝室を最優先

新築に床暖房を設置していく際に、費用を賢く節約するには、どこに設置するのかも重要な要素。

多くの方は、新築床暖房は、リビングという考え方が多いです。

しかし、床暖房の本来の働きを体験しやすい部屋は、寝室。

根拠は?

1日に一番寒いのはいつでしょうか?

昼間でも夕方でも寝る前でもありません。

一番寒いのは、深夜です。

寒い家の寝室では、人間は1/3を寝る時間に使うのに、一番寒い時間を中心にその時間を過ごすことになります。

ですから、床暖房を設置すべき最優先の部屋は寝室であるべきなのです。

実際に我が家には、全館床暖房が採用されています。

2015.2016.2017と3年間過ごして冬でも、エアコンを1度も入れていません。

これは、実際に床暖房を設置した私達が一番驚きました。

実際に20度以上の寝付く前の寝室の温度を保ってくれている床暖房という設備。

このおかげで圧倒的に電気代を占めていた夜の暖房が一気に節約できたんです。

こうした使い方により、エアコンの風が好きではない私も快適な睡眠を得られる様になりました。

ぜひあなたも新築費用床暖房で節約できる設置スペース選びの参考にしてください。

では最後に、新築に床暖房を導入してどういうタイミングで使っていたのか?

この点について、新築一戸建てに住んで1年の経過としてご紹介していきます。

 

新築床暖房費用対効果体験感想

新築床暖房費用対効果実感体験記

新築一戸建てを購入して1年を経過したからこそ見えた実態。

2015年購入後の2016年を迎え体験した1年を通じて新築床暖房の費用対効果についてご紹介していきます。

新築床暖房費用対効果1.光熱費

エアコンの進化により、徐々に1時間も数円の状況から1日数円という単位まで下がってきた電量効率化。

しかし、エアコンの電気代で主に消費しているのは、冷房費用。

この点については、床暖房は全く機能をしません。

しかし、冬の時期に寒さが厳しくなる2月、私たちは、床暖房の費用対効果を体験できました。

・エアコンを入れる必要が無い空間。

・設定温度を23度でも十分暖かい居室、寝室。

・夜間に乾燥をしない空気の状況。

こうした環境には、本当に感謝しています。

さらに、冬の暖房に欠かせないのが、乾燥。

・加湿器がいらない部屋。

・赤ちゃんがハイハイしてても暖かい部屋。

・温風機やエアコンの風向きを気にしない生活。

こうした環境での新築政界活を得られる事は想像していなかった我が家。

よって、新築床暖房費用対効果は、以下のような安心を考える必要があります。

・子供の安全への配慮。

・節電効果。

・家族のだんらんがしやすい空間。

この3つを体験出来る事で、メリットを感じる事が出来ました。

私達が床暖房以外の新築費用対効果を実感した注意点

この他にも私が新築費用について、暑さ寒さだけでなく、注意して欲しいこととして、

新築費用節約なら注目すべきは外壁素材!ランニングコストの違いに驚いた!

では、外壁素材を選ぶことでランニングコストを節約できる事をご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までこの記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ