転勤族の持ち家タイミングで子供と家族が苦しんだ末路

スポンサーリンク

転勤族だが持ち家がほしい。という思いの方に、タイミングについて、ご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

持ち家が欲しい方の中には、転勤族で稼ぎ頭として働いていらっしゃる方も多いです。

実際に、転勤族の中には、以下のような悩みもネット上に多く相談が寄せられています。

持ち家購入のタイミングがつかめない。

単身赴任を前提に購入して失敗しないのか?

転勤族は子供の学校もタイミングに迷う要因だ!

このように、転勤族でも、子育て世代には、子供への影響まで考えた考慮から難しいと思う方も多いです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築マンション、一戸建て購入経験

新築住宅ローン審査で仮審査、本審査に落ちた後通った体験。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんから話を聞けた体験。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と満足を体験。

新築インターネット回線、無線Lan設定等をスマホ等を含めて節約に成功。

新築購入後挨拶まわり、引越し、新築祝いのお返しを経験。

新築購入後固定資産税納税を経験。

新築購入後定期点検、修繕、追加工事依頼の経験。

このように、新築購入ブログとは違い、現場の知識経験、マンション所有者の感じる一戸建て購入と言う視点も含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、転勤族の持ち家のタイミングと子供という大きな人生設計手について、以下の内容でご紹介しています。

持ち家を転勤族がタイミングで考えるべき視点

転勤族の持ち家購入タイミングと子供の成長に多い失敗後悔

転勤族の持ち家の理想は一戸建て?マンション?

少しでも、転勤族を経験してる方が夢の実現に失敗後悔しないために考え方として御覧ください。

スポンサーリンク

持ち家を転勤族がタイミングで考えるべき視点

転勤族持ち家のタイミング

スポンサーリンク

新築であれ、中古であれば、転勤族が持ち家を購入するタイミングを考える時のポイントをご紹介していきます。

転勤族の持ち家計画のタイミングの柱は単身赴任?子供?

単身赴任を前提として、持ち家購入。

子供の転校を前提として持ち家購入。

この2つが人生設計の中で、典型的な転勤族の悩みの種。

しかし、この考え方は、非常にシンプルに考えるべき問題でもあります。

まず最初は、単身赴任を前提とする。

次に子供が転校を必要としたくない期間は、引越しを家族同伴では行わない。

しかし、最後に住処とできる勤務先と持ち家の場所が、あくまで会社に意向と合意で合致しているかが鍵。

こうした選び方の方が最終的には、楽になります。

やはり、最後の拠点が見えないタイミングでの持ち家購入は失敗後悔しやすい。

この点をまず見極めていただきたいのです。

持ち家を単身赴任中のタイミングでの購入は、ストレスや不満との闘い!

単身赴任だと自分が住んでいないのに、住宅ローンを払う。

この重みを単身赴任前提の方は、抱えなければいけなくなります。

家族を養うために働く。

この言葉は、やりがいになることもあります。

しかし、自分の住まいは、会社の住宅手当の範囲で古く、暑いし寒い環境。

家族は、持ち家でのんびり生活。

このような光景に対する精神的ストレスをどう乗り越えられるか?

この精神的要素も持ち家購入のタイミングには、転勤族だからこそ考えなければいけないのです。

単身赴任中の持ち家購入は、子供の成長次第でストレスも多大!

親からすればローンを背負う。

子供からしたら、父親が居ない生活を送らせる。

パパっ子、ママっ子なんて言葉がありますが、やはり子供の精神的ストレスもまだ小さい頃は大きいです。

・パパに会いたい

・パパと電話したい。

このような子供の精神的なストレスをあなたは単身赴任を理由に持ち家という夢への理解で押し付けられるでしょうか?

こうした状況になると、

家なんていつでも買える!

子供の成長は今しか見られない。

こんな持ち家の価値と子供の成長過程の価値を比較しなければいけないタイミングもあるのです。

では続いて、子供の成長過程を考えない夢の実現を目指した方の失敗後悔をご紹介していきます。

 

転勤族の持ち家購入タイミングと子供の成長に多い失敗後悔

転勤族持ち家タイミングと子供

転勤族の知り合いが、持ち家の購入で、失敗したと嘆きながらの電話をしてきました。

彼のもとに一体何があったのか?

子供が居る家庭の妻の悲痛な叫びを含めて御覧ください。

転勤族前提でも持ち家購入のタイミングが年齢的に限界になった時の決断!

この方は、私より先輩でした。

もう年齢は、40歳を突破。

貯金も700万円以上を子供を持ちながら貯蓄。

必死に、自分の最後の住処確保を願っていました。

住宅ローン審査を受ける年齢的限界値。

これが、彼の持ち家購入計画を実行するタイミングのタイムリミットだったのです。

そして、地元となる大都市で、マンションを購入。

この時は、奥様も子供たちもそばにいる父親と幸せな家庭を持つ事ができていました。

しかし、事態は転勤族の重さを次第に全ての歯車を狂わせる動きになっていったのです。

転勤族の引越しは単身赴任!子供のストレスがピークに!

「もうその仕事を辞めて地元で転職したらいいじゃない!」

こんな言葉を奥様から貰うほど、持ち家購入は、転勤族の先輩の予想を覆す動きになっていました。

・地元での安定のはずが、急な事務所閉鎖。

・人員削減に伴う新人育成のための転勤。

・関東から関西、中国地方と転々とさせられる単身赴任生活。

正直、何のために家を買ったのかすらわからなくなってしまったそうです。

しかし、家族を養う為に。

子供が居るんだから。

こんな単身赴任生活では、就職しながらの転職活動も出来ない。

こんな事態に陥ってしまったそうです。

そして、先輩は、私に最悪の相談を持ちかけてきました。

単身赴任中の持ち家購入が辿った最悪の末路!

先輩はよく稼ぐ事が生きがいと言って頑張っていました。

しかし、持ち家計画には、もちろん住宅ローン審査が必要。

だからこそ、タイミングを間違えずに、ギリギリのタイミングで購入を決意。

この流れは、全く問題なかったのです。

しかし、子供の成長や家族がパパ不在の精神的ストレスに限界を感じた。

その結末は、購入後2年での売却決意でした。

私への相談は、売却をより高く見積もってもらう為に遣るべきことはないか?

こんな相談でした。

もちろん、この内容にも明確な回答をしたのですが、それでも、残債がプラスマイナスで言えば、マイナス。

結果的に、転勤族中の持ち家購入のタイミングを焦って、負債だけが残る時期を過ごしたのです。

この先輩は、一戸建てへの憧れも強く、購入した後での駐車場代が無いことに喜んでいました。

しかし、この結末も結果的には、2年の喜びに終わってしまったのです。

では最後に、こういう事態を防ぐことはできなかったのか?という視点を含めて、マンション、一戸建ての選び方をご紹介していきます。

 

転勤族の持ち家の理想は一戸建て?マンション?新築?中古?

転勤族持ち家理想

転勤族である仕事を抱えての持ち家購入のタイミング。

この難しさは計り知れません。

しかし、少しでも将来のリスクを最小化する為の選択肢は有ります。

まずは、マンション、一戸建てという2つで比較していきます。

転勤族の持ち家はタイミング問わず一戸建てとマンションならどっち?

私は、転勤族の方に、持ち家計画の相談をされた場合、間違いなく、マンションを勧めます。

単純に、根拠は以下の通り。

  • 主要駅徒歩5分以内なら将来の資産価値も取りやすい。
  • 売却だけでなく、賃貸化をすることも当然視野に入る。
  • 空き家で合ったとしても、セキュリティの問題は一戸建てより明らかに安心度が高い。

こうした配慮は、絶対的に必要になります。

持ち家の賃貸化は、もちろん転勤族の多くが考える思考。

しかし、一戸建ての夢を実現した後の賃貸化や管理の方が本当に大変です。

・空き巣。

・雑草などの手入れ。

・老朽化対策の換気対策。

持ち家を賃貸にしても、借り手の居ない状況では、資産価値の低い担保有りの負債。

こうした状況下では、やはり一戸建ての管理リスクは高い。

この視点をお伝えしておきたいのです。

では続いて、新築、中古の考え方をご紹介していきます。

転勤族の持ち家はタイミング問わず新築と中古はどっち?

中古になんて住みたくない。

こんな気持ちを持つご夫妻もいらっしゃると思います。

転勤族で稼ぐ夫の夢を中古住宅購入で持ち家に納得させるのは厳しい。

こうしたプライドや夢の固まった方への状況も容易に想像できます。

しかし、私なら、転勤族での持ち家購入は、タイミングを問わず中古をおすすめします。

何故か?

転勤族です。

この言葉の重さは、購入後に解ってからでは遅いのです。

持ち出しの頭金も最小化。

将来にもう1つ家を買えるだけの頭金を保有しての購入。

このような計画性の方が、タイミングを間違えた後でも取り返しがつく。

この結論への考え方以上に、安心して家族と離れて生活をしながら、住宅ローン返済をする精神的ストレスにならない方法は無い。

このように、私は結論を持ちました。

あなたはどう思いますか?

一生に一回の住宅購入。

この言葉は、転勤族の方の中には、固まった固定観念でなくてもいいケースも当然有ります。

ですから、私も人生で2度住宅購入をしました。

将来は、立て直しで3度目を計画中。

このような資産を考えてる中での転勤族の重みを考えるなら、やはり中古マンションの購入が健全な家計と精神衛生上の条件に見合うのではないでしょうか?

この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。

他にも、転勤族の子供有りで持ち家購入タイミングの理想は?という記事をご紹介しています。

ぜひ家族会議の中で、何か考え方のヒントとして御覧ください。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ