新築キッチンコンセント配置や数注意点実例画像付

スポンサーリンク

新築一戸建てキッチンコンセント配置の失敗後悔対策を実例画像で解説しています。

新築キッチンコンセント配置について、このページをご覧頂き有難う御座います。

新築キッチンのコンセントの位置や数については、以下のような相談も多いです。

・キッチンのコンセント設置は背面収納にした時どうしたら良いですか?

・キッチンのコンセントの数はいくつくらいあると楽ですか?

・キッチンのコンセントはタコ足配線でも大丈夫ですか?

このような今の既存のキッチンの延長からどのように工夫するか悩まれてる方も多い現代。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築購入経験を通じて、注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築キッチンをよりすっきり見せるためのコンセント配置の失敗後悔対策として、このページでは、

新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔の多い原因

新築一戸建てキッチンコンセント配置で注意点とは?

新築一戸建てキッチンコンセント配置を実例画像付きで解説

以上の3点を軸に解説していこうと思います。

私達の家の実例画像もつけて解説していますので、イメージしやすい内容になっていると思います。

スポンサーリンク

新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔の多い原因

新築 失敗後悔

スポンサーリンク

新築キッチンコンセント配線計画における失敗後悔の多い内容を解説していきます。

新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔1.コンセントと機器の距離

新築一戸建て配線計画をする際に、どうしても目が行きやすいのは、

・シンプル。

・コンパクト。

・コードを長くしなくても使える状況。

こうした環境ばかりに気を配りすぎて、実際に使う状況になってから、こんなことになっていませんか?

コンセントと炊飯器の距離が近すぎて、出っ張りのせいで置けない。

コンセントとレンジの距離が近すぎて、熱でコードが焼けてしまった。

コンセントとケトルが近すぎて、水蒸気で危ないことがあった。

などコンセントの配置ミスが目立つケースもあります。

是非、シンプルと使いやすさは違うので、コンセント配置は、使う物の奥行を計算して配置しましょう。

新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔2.コンセントの高さ設定ミス

新築一戸建てキッチンコンセントの配置失敗後悔が多い内容に、高さのミスも多いのです。

中でも、

「炊飯器のような蓋がある商品を使う際の天井配置のコンセント問題。」

このケースは非常に多いです。

あなたがコンセントをキッチン収納に配置する際には、是非しっかりキッチン用品の寸法を細かく計測しておきましょう。

新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔3.コンセント配置で商品入れ替え困難

今あるキッチン用品をまずは使う事を前提にしてしまう方に多いのが、このパターン。

新しい商品は、それなりに寸法も規格もアースを要したりという違いあります。

その時、ついつい今あるものだけを設計に反映してしまったせいで、次の新商品の入れ替えに伴い電気工事も必要。

こんなケースも、新築キッチンのコンセント失敗後悔には決して少なくないのです。

しっかり、全体の電力を含めて、コンセント対応W数等を計算して設定しましょう。

新築キッチンコンセント失敗後悔原因4.緊急対応不可

新築キッチンに要する電源タップの数を今の現状家電が使えれば大丈夫なはず。

こんな想定から節約をしている方も多いです。

しかし、炊事をしていて、こんなシーンも有ると思います。

・スマホの電源が落ちかけてるが手元に置いておきたい。

➔カウンター周辺にもコンセントがあるからと安心してキッチンにコンセントを配置しなかった!

こんな光景は生活をしてれば、簡単に起こる可能性がある想定の範囲内。

家族全員がスマホやタブレット、PC等を使っている学生がいる家庭。

この想定に基づくコンセント数は、決して、キッチンは例外とはいえません。

・コーヒーメーカーを使いたくなった子供。

・ミキサーで100%飲料を作ろうとする家族計画。

いつどんなタイミングでこんな話題があってもあなたのキッチンのコンセントは足りますか?

不測の事態という言葉でなく、将来+2個程度は両サイドに可能な状況を作れてはいない。

このような状況では、万が一に対応できているという安心は少ないのです。

以上がよくある新築一戸建てキッチンコンセント失敗後悔実例になります。

では次に、この他にお伝えしたい新築キッチンコンセント設置の注意点について解説していきます。

 

新築一戸建てキッチンコンセント配置で注意点とは?

新築キッチンのコンセント配線計画注意点を解説していきます。

新築キッチンコンセント注意点1.縦並びコンセントは条件2口

コンセントの数の不足が怖い

・新築電気工事の代金を節約したい

そんな気持ちからついつい3口コンセントを採用。

新築キッチンコンセント注意点

しかし、

3つ口というのは、コンセントが3つさせますが、

コンセントプラグの種類や形状により、3つ口を最大限に活かせないケースもあります。

しっかり、数を確保する際は、2口を増やすという計画で進めていきましょう。

新築キッチンコンセント注意点2.収納一体型コンセントに注意

キッチン収納に一緒についているコンセントを上手に活用する

これも新築キッチンには取り入れたくなっている方も多いと思います。

しかしこの場合、

キッチン収納本体に送る電源の確保をどこからとる予定にしておくのか?

この点を見落としているケースもあります。

しっかり、収納一体型の場合は、

おおもとのコンセント位置や収納に邪魔しないスペース確保を前提としてコンセントを確保しましょう。

新築キッチンコンセント注意点3.左右バランスよく配置

新築キッチンコンセントを配置する際、数だけは用意されているが、ケーブルの長さがたりない。

左右均等に配置していない状態では、このような失敗もよく考えると当たり前ですが、想定ミスがあるのが、新築一戸建て配線計画。

ですから、

収納配置も大切ですが、

キッチンコンセントは必ず左右均等に数を配置する

事も徹底してください。

最後に我が家の新築キッチンコンセント実例画像を紹介していこうと思います。

 

新築一戸建てキッチンコンセント配置を実例画像付きで解説

キッチン照明 壁面収納 画像

引き渡し直後の冷蔵庫も配置されていない状態での私の家のキッチン、ダイニングになります。

この状況に、炊飯器やレンジを配置した状態が、新築キッチン実例画像

このようになったわけです。

で、実際のコンセントはというと?

新築一戸建てキッチンコンセント配置実例

新築キッチンコンセント配線計画実例画像

新築キッチンコンセント配置の工夫実例画像

このように左右に2箇所ずつ配置しております。

おかげで、

・ケトルをすぐに使いたい時もコンセントの空はあります。

・ちょっとした充電をしたい時様の予備コンセントもあります。

・もし、勝手口近くにコンセントを探すことがあっても、キッチンから提供できます。

こんなケースバイケースを対応してあげたかったのです。

とにかく電源が足りないは、生活に困るのが現代ですよね。

少しでも工賃を節約する事を考えるなら、余らせるコンセント配置が理想だと私は、考えます。

あなたの家庭にあるキッチンの家電製品+3口は用意しておくことを強くお勧めします。

以上が、私がお勧めしたい新築一戸建てキッチンコンセント配線計画の実例を兼ねた解説となります。

あなたの新築一戸建て計画が、効率よく生活できる電気配線になる事を願っています。

この他にも、配線計画まとめページで、様々なお部屋のコンセントや照明スイッチの配置などを解説していますので、併せて参考にしてみて下さい。

キッチンについて、様々な悩み(幅や背面収納の選び方,システムキッチンの選び方)等で失敗後悔をしたくない方は、新築キッチン失敗後悔対策注意点まとめもお役立て下さい。

この記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ