新築ローコスト後悔注意点!注文住宅,建売,分譲失敗対策

スポンサーリンク

新築ローコスト失敗後悔について、この記事をご覧頂き有難うございます。

分譲,建売を含めたローコスト住宅での検討の方の中にはこんな悩みも多い時代。

・分譲地の周辺は、住まい環境しか知らない。

・建売住宅が人気の地域だったから欲しい。

・新築ローコスト住宅でも性能や機能が満足できれば大丈夫なはず。

こうした表面的な内容で決めて本当に大丈夫か?

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をして欲しくないという思いから、現場経験、新築購入体験を通じて、各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、ローコスト新築分譲地の近所を歩いてみた時の体験を活かし、下記内容をご紹介していきます。

新築ローコスト住宅の後悔原因1.家の性能だけじゃない!

新築ローコスト住宅の後悔原因2.将来に困る!

新築ローコスト住宅の後悔原因3.住宅ローン

このような内容をふまえて、ローコストの選び方として注意点としてお役立てください。

スポンサーリンク

新築ローコスト住宅の後悔原因1.家の性能だけじゃない!

新築ローコスト後悔原因

新築ローコスト住宅を悪いというわけではなく、分譲・建売における失敗後悔原因をご紹介していきます。

新築ローコストの後悔原因(周辺環境)1.予測不可能?

私の住む地域も決して都会の地域ではありません。

片田舎であるがゆえ、分譲地や建売という動きも、2016年もしばしば見られます。

分譲や建売物件の土地周辺ではどんな失敗後悔を予測しておくべきか?

私が実際に新築建築中に見た光景、それが、ゴキブリ等の徘徊する排水口がある周辺状況。

すぐ真横の排水口に何匹もの害虫がうろつく実態。

こんな光景、新築物件見学,内覧会では、とても想像出来ませんよね?

しかし、建設中の建物では、侵入口になりそうな形状の窓がいくつも有りました。

上げ下げルーバー等の窓が典型的例。

換気をする=害虫の侵入口を作る結末。

こんな土地も建売や分譲地の候補担っているのが現代。

土地が安いから、買いやすいだけでは見えない現実。

この点をぜひ注意して下さい。

新築ローコストの後悔原因(周辺環境)2.交通事情

車社会となっている地域もまだまだ地方には多い日本国内。

分譲、建売における共通の後悔注意点と言えます。

購入時には、車の侵入経路が確保されている分譲地や建売地域。

しかし、T字路のように進入する通りの際は、こんな光景に困っていました。

・トラックによる運搬車両の通過

・道路工事に必要な車両が付近に駐車するスペースもギリギリの通路。

こうした内容は、誰が悪いわけでもありません。

しかし、住まいを購入して、車移動を前提とする地域の場合は、こうした諸事情は生活の不便を抱える問題。

「急いでいるのですが」

こんな言葉でも工事中は迂回を伝えるしか無い現実。

迂回路やメイン通りへの交通経路が遮断されるリスクは大丈夫か?

ローコスト住宅地域は、特にこうした周辺の交通事情を精査しておくことが大切。

根拠は、土地の査定額が低い土地の特性が潜むからです。

新築ローコストの後悔原因(周辺環境)3.サッシへの影響

新築ローコスト住宅の建つ地域の中には、周辺環境で家の外壁等が傷んでる住宅が軒を連ねる地域もあります。

建物そのものの性能基準を疑うというより、ローコスト住宅を扱う会社の提案する土地の特徴に後悔の原因が潜みます。

住環境の中身ではなく、環境はこんな後悔も想定しなければいけないのです。

・外的要素から、外壁が傷みやすい地域だった。

・外的要素から、サッシが錆びつきやすい状況だった。

ローコスト住宅の性能という点でも、サッシのランクも勿論あります。

しかし、外的要素が悪すぎれば、当然他社でもこの土地自体との相性から難しいケースも有る。

ローコスト住宅は、土地を含めた後悔原因が潜む。

このポイントをぜひ中ウイして頂きたいと思います。

では続いて、ローコスト住宅で最も困る後悔原因をご紹介していきます。

 

新築ローコスト住宅の後悔原因2.将来に困る!

新築ローコスト住宅の将来という考え方から、後悔原因をご紹介していきます。

新築ローコスト住宅の後悔原因(将来)1.メンテナンス費用が高い!

ローコスト住宅は、購入時には、購入しやすい。

しかし、購入しやすい家で更にその購入価格のまま長持ちもしてくれる家であれば、コストの高い住宅の価値はなくなります。

つまり、ローコスト住宅は、メンテナンスコストが、高い要素が多い。

これが、1つ目の後悔注意点。

具体的には、外壁メンテナンス費用

スポンサーリンク

この違いは、将来に、「ローコスト住宅購入だったのに総合計では高くない?」

という失敗後悔への気持ちに切り替わる程の要素。

ぜひ住宅購入は一生ものという考え方であれば、慎重に検討してみてください。

新築ローコスト住宅の後悔原因(将来)2.節電効率

新築一戸建て購入後の失敗後悔としては、節水、節電等も代表的な悩み。

・想像以上に、電気代がかかる。

・エアコン等の大きさも節約どころか大きめばかりになった。

・トイレなどの標準設備が新しい賃貸と対して変わらなかった。

新築一戸建てを購入したなら、せめて賃貸生活よりも節電、節水を希望するのは当然。

しかし、オール電化にした標準費用以外は、電力使用量は変わらない。

こんなローコスト住宅では、得をしている事は少なくなります。

ぜひ設備的にも、節電効率を元にした標準を確認しておきましょう。

新築ローコスト住宅の後悔原因(将来)3.歪み

ローコスト住宅の一番怖い将来の後悔原因は、歪みです。

・扉や窓の締りが悪くなる。

・傾きにより、寝転がっても腰がいたい。

・床にビー玉を置くと転がる家になった。

基本は、基礎工事に戻る課題ですが、ローコストは、コンクリートの質も安い物を使いやすいです。

よって、歪みを将来に感じやすい家の可能性を考慮した基礎工事選びが、会社選びに非常に大切になります。

新築ローコスト住宅の後悔原因(将来)4.暑い寒い

「暑い寒いを防ぐ為に、賃貸生活から新築購入で、出たい」

このような夢と希望を持って、新築一戸建てを考える方も多い時代。

しかし、2016年8月にまた私自身が、マイホームセンターに行ってきたんですが、こんな発見をしました。

ローコストの少し上のランクですという説明をしていた会社。

しかし、内部構造を見ると、グラスウールランク等が非常に安い材質を使ってる事に気付きました。

すぐに、聞いてみると、こんなセリフが。

・当社は、坪単価ランク別に多少構造体に使う材料が異なります。

➔よって、同じ会社名の商品でも、暑い寒いの体感は全く違う家になってしまいます。

つまり、会社名の口コミや評判だけでは見えない暑さ寒さの課題に悩む。

これが、将来の後悔として取り戻せない過去となってしまうのです。

以上が内部的な要素や将来性を考えた時の新築ローコストの後悔ポイントとなります。

最後に、住宅ローンについてご紹介していきます。

 

新築ローコスト住宅後悔原因|住宅ローン審査

新築のローコスト住宅を選んだ時、ローンの後悔もご紹介していきます。

新築ローコスト住宅ローンの後悔1.借り換え

ローコスト住宅購入希望者のの中には、契約社員や派遣社員での住宅ローン審査通過者もいらっしゃいます。

しかし、将来で正社員になり、住宅ローンの選択肢が増えた場合を想定してみてください。

後悔の注意点は、担保力となります。

ローコスト住宅➔建物担保力が低い。

この問題から、「住宅ローンを借り換えたいのに、通らない。」

後悔しても、自分の家を売るわけにもいかない。

➔結果的に自分の支払い能力があっても意味をなさない未来。

こんなローン問題を抱えるのは、勿体ないですよね?

新築ローコスト住宅ローンの後悔2.そもそも通りにくい

ローコスト住宅はなぜローコストとわざわざ属性があるのか?

この特徴を知っていくと、当然ローンの通りにくさを感じる要素はあります。

ですから、いくら新築購入を目的にしても、ローンが最初の段階で通りにくいというのが後悔ポイント。

具体的には、

・実はクレームが多かった実態を銀行側が把握している。

・購入後の遅延等が多い利用者が多い会社(これは会社が責任とは言えません。)

・購入後の売却希望者が多い会社だった。

このような後悔は、購入以前で、住宅ローンが通らないという悩みの原因として後悔します。

「この後悔は、会社を変えれば、解決するのでは?」

これも、違います。

住宅ローン審査には、通常審査に使った履歴確認の日付が入ります。

採決が見送られた(住宅ローン審査落ち、通らない)は、履歴に残ります。

結果的に、会社を変えた時の心象も悪くなりやすいのです。

ですから、ローコスト住宅で住宅ローン審査をかけたせいで、自分が通りにくい状態になった。

コレが一番損をしやすい新築購入の後悔となります。

 

新築ローコスト住宅が後悔ばかりではない購入のコツ

新築購入には、ローコストにも意味がある場合もあります。

それは、余生を過ごす家作りという言い方。

60歳をこえて、余生に使う家。

財産分与で、固定資産税等も下げられる家作り。

このような目的であれば、ローコスト住宅も意味があります。

借家に住む余生より、やはり使いやすい住みやすい家の方がいいですよね?

ですから、ローコスト住宅は新築で選ばない方が良いは言い過ぎです。

しかし、子育て世代のこれからの家作りには、慎重な選択が必要になります。

この2つの意味をよく比較検討して満足できる新築一戸建て購入計画を進めてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

他にも、分譲住宅に興味をお持ちの方に向けて、新築分譲地売れ残りの失敗後悔原因や注意点もご紹介してます。

興味がある方は、併せてお役立てください。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

320人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ