新築内装実例でカラーコーディネート参考は要注意‼

スポンサーリンク

新築内装実例によるカラーコーディネート確認時の注意点をご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

新築マンション、一戸建てを問わず、購入後にはやはりインテリアコーディネートにこだわりたい。

こんな夢や希望を持ってる方も多いです。

しかし、一方では、こんな言葉も多いのです。

新築内装実例をしっかり見ていたのに、失敗した。

新築のモデルルームで内装実例を見たのに、実際に近い色を選んだら後悔した。

自分たちでは、無難なインテリアコーディネートをしようとして、あえて真似る。

この行動が思わぬ結果につながるケースも多いのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験、経験を活かし運営しています。

新築マンション、一戸建て購入経験。

新築一戸建て館企業に勤め、内情を学び、現場で大工さんから意見を聞けた体験。

新築間取りで妻にこれ以上の間取りはないと言ってもらえた体験。

新築カーテン、外構を打ち合わせで決めず、節約と成功を実感。

新築インテリアコーディネートでまさにシンプルモダンと思える空間を作れたこと。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と満足を体感。

新築購入後の以下の経験。

固定資産税納税。

近所の挨拶まわりや新築祝いのお返し。

インターネット回線契約および無線Lan設定。

定期点検、修繕、追加工事依頼。

このように、新築購入ブログとは違い、現場の知識、マンション比較等の視点を含めて各記事で注意点を含めてご紹介しています。

今回の記事では、新築内装実例インテリアコーディネート注意点を以下の内容でご紹介しています。

新築内装実例でインテリアコーディネートを見る最重要視すべきポイント

新築内装実例でインテリアコーディネートを真似て失敗後悔する原因

新築内装実例でインテリアコーディネートをダメ出しできてこそ成功!

少しでも、成功の可能性を高めるための視点や考え方を参考にしてください。

スポンサーリンク

新築内装実例でインテリアコーディネートを見る最重要視すべきポイント

新築内装実例調べ方のコツ

スポンサーリンク

新築内装実例を調べる。

この行動をしているときに、徹底しておくべきポイントをまずはご紹介していきます。

新築内装実例画像をインテリアコーディネートとして調べるコツ1.似たは避ける

新築内装の実例で必ず調べる時に、絶対に調べ方として、やっておくべきことは、一致していること。

よくこんな調べ方をしている方も多いです。

白基調

グレーをベースにした家具。

つまりは、色をベースにした考え方。

しかし、この調べ方では、かなり難易度が高いのです。

この根拠は、失敗原因にて、ご紹介していきます。

私が伝えたい「一致している」という条件は、以下のような調べ方になります。

社名、シリーズの名前を軸に調べる。

例えば、以下のような調べ方。

一条工務店 i-smart 内装実例

セキスイハイム スマートパワーステーション 内装実例

積水ハウス シャーウッド 内装実例

住友林業 BF-si 内装実例

このように、自分たちが契約する会社名とシリーズの名前を完全に一致させた状態が理想。

さらに、年号も入れておくと、引き渡しを自分たちの買いたい時期に買ってる方の情報も見ることができます。

こうした絞り込みをしたリサーチが最も自分たちのイメージと実例を見た感覚が近くなるのです。

新築内装実例画像をインテリアコーディネートとして調べるコツ2.時間の無駄を排除

新築内装実例を出している方の中には、新築業界だからこそ、よくあるのが、画像検索。

しかし、私はこの調べ方はお勧めできません。

なぜか?

インテリアコーディネートとして調べてたつもりが、廃盤になった商品が紛れてくる可能性があるからです。

こうなると、自分たちがこれから選ぼうと思っていたけど、なかった。

こんな結果につながるリスクが非常に高いのです。

ですから、確実に、今自分たちが打ち合わせをしている中で存在する商品のみを限定して確認する。

そのためには、基本はカタログに載っている色を基準として調べる。

この視点を注意していただきたいのです。

では続いて、新築内装実例を見たはずなのに!

こんな失敗後悔をしている方の原因をご紹介していきます。

 

新築内装実例でインテリアコーディネートを真似て失敗後悔する原因

新築内装実例インテリアコーディネート失敗後悔原因

最近のインテリアコーディネートを新築の内装実例で考える時、失敗しやすい原因をご紹介していきます。

会社の特性、インテリアとしての誤差。

いろいろな視点を織り交ぜていかないと実例画像は正直イメージと一致しません。

ぜひ下の内容だけでも注意してみてください。

新築内装壁紙の実例からインテリアコーディネートを真似る失敗原因とは?

壁紙の種類から、見て実例画像をチェック。

この時は、2017年以降の新築業界は以下のような違いがあります。

天井の高さに種類がある。

照明の種類も同じLEDでも適応範囲やワット数が異なる。

ガラスの種類などを標準仕様を使わずオーダーで選んだ人もいる。

このように、セキュリティを考えた家作りや住む人の希望の光の度合いなども関係します。

特に、大きいのは、天井高の違いが及ぼす視覚的影響。

同じ壁紙でも、視覚的にとらえる面積が格段に上がります。

すると、以下のような錯覚を前提としてる方も多いんです。

存在感がありすぎるのではないか?

これだけ壁紙に強いイメージがあればソファは何を置いてもケンカしないはず。

こんなイメージで描くと、思ったのと雰囲気が違うという感覚になりやすいのです。

大きさ

奥行

色の見え方

存在感

インテリアコーディネートは色だけではなく、存在感と空間演出に答えがある。

これが、重要なのです。

新築内装壁紙の実例からインテリアコーディネーターへの絶対的信頼

実例画像を見て、自分たちの近くの展示場にいるインテリアコーディネーターだった。

こんな時、インテリアコーディネートをコーディネーターに頼むという方もいらっしゃいます。

しかし、資格というのは、インテリアコーディネーターも含めて多くは、基礎でしかありません。

洋服のおしゃれについて、あなたの好きなブランドの着こなしは、新人の店員よりあなたの方が知っていますよね?

これと同じ現象が、インテリアコーディネートを依存する時には、コーディネーターで起こりえるのです。

自分たちの家族構成。

主人や奥様の趣味嗜好。

見え方と魅せ方のバランス。

このすべてを意識したインテリアコーディネートを提案できるこーでいネーターはそうそういません。

ですから、自分たちの家作りであることを軸に、インテリアコーディネートだから、コーディネーターに任せれば安心。

この気持ちで、選ぶことは大きく失敗後悔の原因につながることが考えられるのです。

では最後に、インテリアコーディネートを実例画像を見ながら、成功につなげる思考をご紹介していきます。

 

新築内装実例でインテリアコーディネートをダメ出しできてこそ成功!

新築内装実例画像インテリアコーディネート成功のコツ

新築内装を成功させたい。

そのためには、実例画像をじっくり観察しておきたい。

この視点の中で、成功できる人と、失敗する人の決定的な違いをご紹介していきます。

新築実例画像のインテリアコーディネートで成功につながる思考1.仮説を広げる

インテリアコーディネートは、ただ単に色の表面的印象で決めるものではありません。

上の画像1つでも疑問を持つべき部分は多数あります。

1.上記画像のコーディネートでは、カーテンに原色系の色は使いにくい。

2.アクセントクロスを張っている部分と張っていない部分の色が違いすぎて違和感を感じる。

3.ソファ全体がアイボリー床は濃い茶色、アクセントクロスが白。

→観葉植物まで入るとそれぞれが主張していて目が疲れやすい空間になりやすい。

4.おしゃれなリビングテーブル。

→子育て世代には、けがの原因にもつながりやすいため、ソファの配置も考えなければ成功は難しい。

5.ソファがL字に配置。

→家族全員が大人である場合、テーブルとの距離で狭く感じやすいインテリアコーディネートになっている可能性もある。

見てる角度が違えば、雰囲気とリビングだけの空間といっても、これだけの疑問や不安要素が出てきます。

これらすべてが、イメージ。

1つ1つは、立派で、きれいで、内装もアクセントクロスがあっておしゃれ。

これだけでは不十分なのです。

新築実例画像のインテリアコーディネートで成功につながる思考2.生活基準の目線

でも、総合的な生活に密着した視点で考えると、どうでしょうか?

カーテンの開け閉めは、しやすいのだろうか?

窓際の人は、夏場の日中熱くないだろうか?

エアコンはどこに設置してるのだろう?

テレビを見ていて、奥のソファに座る人はどうやって隣の部屋に移動するのだろう?

生活面で、リビングのインテリアは、何を見ても新鮮さがあります。

しかし、実用性は?と言われた時、ふと思うことが少ない方ほど失敗後悔をしているのです。

実例画像を見たはず。

イメージ的にはできたと思い込んでいた。

実際に、生活してみると、育児にも家事にもいろいろやりにくいことが多かった。

これが、インテリアコーディネートの色的資格しか持たない人の提案力と家事育児を今経験してる親の目線の違い。

同じ世代の子供を育ててるわけでもない人が、今の子育て事情を把握し、提案力に優れてることはなかなか難しいのです。

子育て世代に、急に大人全員のスペース確保が人数だけで容易にできますか?

ついつい、子供目線になっているからこそ、子供何人で遊ぶには足りるはず。

このような視点を日常的に意識しているのではないでしょうか?

新築内装実例は、見ている景色が同じでも、使い方のイメージは全く違う。

この言葉をぜひ意識していただきたいのです。

私自身の家のリビング内装写真をシンプルモダンなリビング内装実例画像付の記事でもご紹介しています。

新築主寝室カーテン実例画像付きもご紹介しています。

イメージは、あくまでも人の好み。

しかし、実用性を考えた小さな子供を育てている方にとっては、我が家の考えたことも見えてくると思います。

ぜひ、イメージの1つとして、参考にしてください。

新築内装費用で節約すべき部分と投資しておくべきポイントもご紹介しています。

何を節約するか迷う方は参考にして下さい。

このほかにも、新築購入後間取りの失敗後悔ランキング詳細や各部屋の注意点まとめにて、内装の中でも、壁紙、カーテン、床材、照明スイッチなどのさまざまな課題を200記事以上掲載しています。

新築購入後の失敗後悔の原因は、大半はイメージ不足。

少しでもこのサイトを通じて、イメージを広げて、シミュレーションの幅を広げてみてください。

このページを最後までご覧いただきましてありがとうございました。

あなたの家作りが、インテリアコーディネートを含めて成功することを願っています。

 

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

320人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ