スポンサーリンク
新築外観デザイン平屋の失敗後悔注意点について、私の記事をご覧頂きありがとうございます。 「新築を平屋で建てたいけど、外観デザインが今までの住まいと違いすぎてイメージできない!」 このような悩みを抱える方も増えています。 具体的には以下のような悩みが新築平屋の外観デザインには多いんです。
  • 新築外観デザインで平屋は何色の外壁が良いの?
  • 新築外観デザインで平屋はどんな形が良いの?
  • 新築外観デザインで平屋はどんな失敗後悔があるのですか?
誰かの意見を頼りにしたい気持ちが先行し、画像を見尽くしても自分たちのイメージが固まらない方も多いのです。 新築一戸建て間取りの失敗後悔ランキングもご紹介しています。 新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と具体的な対策や注意点 平屋の20坪以下なら、3ldk,4ldkどのくらいの部屋数が可能なのか? 20坪平屋間取り図実例 平屋間取り20坪以下は3LDK,4LDK?使いやすい家優先順位
スポンサーリンク
平屋間取りの30坪想定の場合のポイントや注意点もご紹介しています。 平屋間取り30坪4LDKプラン実現に多い失敗後悔注意点 外観を中心とした失敗後悔原因もまとめてご紹介しています。 新築注文住宅外観気に入らない失敗後悔の原因まとめ 新築注文住宅家の外観失敗後悔,気に入らない結果にならないための注意点まとめ 新築外観モダン失敗後悔と成功法 新築外観モダン失敗後悔と成功の決定的な違い|総二階建てハウスメーカー体験記 新築玄関については、セキュリティとドアの選び方もご紹介しています。 玄関ドア色選び方注意点 新築玄関ドア色選びとセキュリティリスクの落とし穴! 新築玄関については、14項目に分けてそれぞれの対策やポイントもご紹介しています。 新築玄関失敗と対策まとめ 新築玄関失敗原因14項目の注意点と対策法まとめ|Web内覧会画像付 和室の後悔が多い悩みのポイントと対策法を実際に間取りに採用した我が家の実例画像付でご案内しています。 新築和室失敗後悔まとめ 新築和室失敗後悔注意点まとめ|必要性,壁紙,広さや窓等実例画像付 新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。 新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情 新築の窓の数が少ない失敗後悔する家?注意点チェックリスト 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、一戸建て,マンション購入体験,現場経験を通じて各記事をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 新築外観デザイン平屋の失敗後悔原因や注意点について、この記事では以下の内容をご紹介しています。 新築外観デザイン平屋に多い誤解や失敗後悔原因 新築外観デザイン平屋に多い住みにくい最悪の事態! 新築外観デザイン平屋で失敗後悔対策に必要な3条件 考えていると、イメージはどんどん情報量で増えていっていませんか? 結果的に、何をどう頭で整理していいかすら解らない状況の方もぜひこの記事で一旦リセットしてみて下さい。 新築外観デザインは、平屋でも2階、3階建ても変わらない大切なポイントが必ずあります。 シンプルに考える為に、お役立て下さい。
スポンサーリンク

新築平屋外観デザイン誤解や失敗後悔

新築外観デザイン平屋 「新築外観デザインを平屋なのに、失敗後悔した!」 こんな意見が、南欧風、和風、洋風、輸入住宅と実に豊富な選択がある時代なのに、自分たちの理想と違うという意見が増えている現代。 なぜ自分で選んだはずなのに、失敗後悔するのか? この原因は誤解と大きく関係していると私は現場時代の経験からも強く感じました。 ネット情報の閲覧だけでは足りない失敗後悔原因となる誤解をまずはご紹介していきます。

全体像

全体像 新築外観デザインとは、どんなモノで成り立ってるか? 平屋の場合は特に、全体像をイメージできていないままの外観デザイン選びが失敗後悔につながっている事が多いんです。 具体的には、以下のような失敗後悔がその一例。
  • 通りから見える外観デザインは、薄暗い感じにしか見えない!
  • 新築なのに、近くからみると、外観デザインは何年も建ってる家に見える!
  • 新築平屋のデザインなのに、屋根ばかり目立って家として目立つ感じがない!
このような多角度絡みた外観デザイン、屋根とのバランス、外壁などの色使いや見え方を全体から見えずにパーツごとに選んだ事による失敗後悔が増えています。
  • レンガ。
  • タイル。
  • サイディング。
外壁の種類だけでも、豊富になった新築平屋市場。 なのに、自分たちで選んだ家は、何故か失敗後悔。 この回避策となるポイントは後ほどご紹介していきます。 しかし、全体を見えてない新築外観デザインパーツ毎の選択は、命取りになります。 この言葉だけは最初にしっかり意識しておくことを強くおすすめしたいのです。

強調

強調 新築外観デザインって何? この考え方で、平屋こそ意識をしてほしいことは、強調して見えるパーツ選び。 建物の高さが低い分目立ってしまう物はいくつかしかありません。
  • 玄関ドア
  • 屋根
  • 外壁
この4つが外観デザインの殆どを占めるのが、新築平屋の外観デザイン。 しかし、どれも強調している方が失敗公開してる方には多いんです。 具体的には、こんな打ち合わせをしている方は要注意!
  • 窓を個性的な形や色にしたい。
  • 玄関ドアは形状をふくめてかっこよくしたい!
  • 新築の外壁はモダンな雰囲気にしたい!
そもそもこの3つから、伝えているパーツで組み合わせた満足な外観デザインを作ることは、ほぼ無理。 何故か? モダンというのは、普遍的イメージ。 なのに、個性的、かっこいいという今見て感じる主観で選ぶ視点を取り入れる選択をしようとしているのです。 これでは、最後は、何を強調したいのか解らないぼやけた家の外観になります。 強調パーツの絞り込みをしないまま、夫婦それぞれの希望を採用しようとした新築平屋デザイン。 この選び方は、最後の強調パーツを良く確認することを強くおすすめします。 和室をモダンに仕上げるためのポイントもご紹介しています。 新築和室モダンインテリアの選び方 新築和室をモダンに仕上げる壁,窓,インテリアの組み合わせ方

周辺環境

周辺環境 自分の家を作る為だけに、新築デザインを選んでいませんか? 周囲の景色はどうなっていますか?
  • 自然に囲まれた新築平屋が引き立つデザイン。
  • 奥まった土地に構わる新築平屋のデザイン。
  • 通りに面した2階建て住宅に挟まれた新築平屋のデザイン。
この3つの条件が全て同じ外観デザインで平屋という建物が同じように見えるでしょうか? CADでも確認したのに、イメージと違う! こんな意見も多い昨今。 当然ながら、ハウスメーカーや工務店のCADでも、周りの風景に同化したイメージ画像を提出はしていません。 外観デザインは、新築平屋だからこそ、周辺環境により見え方が変ります。 失敗後悔対策をしたいなら、ぜひこの自分の新築建設予定地の周辺環境を合わせて確認しておくことを強くおすすめします。 では続いて、新築平屋の外観デザインが失敗後悔だけでなく住みにくい環境に陥る最悪の想定もご紹介していきます。  

新築平屋外観デザインと住みにくさ

新築外観デザイン平屋の失敗後悔原因 新築外観デザインが平屋だからこそ、失敗後悔後、住みたくない、住みにくいまで至るケースと言うのは存在します。 実際に何がどうなったら、新築外観デザインでこんなことがおこるのか? 実際に現場時代に経験したリフォーム相談の内容をご紹介していきます。

テラス

テラス 新築外観デザインに平屋を建てられる方の条件にはある程度の土地があるというのが前提条件。 しかし、土地があるからこそ、ムダを作る事も多いんです。 広くて良い家のつもりが、間取り的には掃除や手入れが雑になった家と同じです。 このような結末になる典型は、テラス。 何故か?
  • 新築平屋の外観デザインにテラスはかっこよかったが、害虫駆除がとても大変だった!
  • 新築平屋のテラスに洗濯物を干したいと思っていたが、蜘蛛の巣などの駆除が大変だった!
⇛新築平屋の外観デザインのアクセントにテラスを使ったのに、汚い外観の典型例になった!
ただあっても邪魔というだけなら、住みたくないまでの決断にはなりにくい。 しかし、平屋の課題の1つであるバルコニーがない事を補う為のテラス採用の方にとっては致命傷。 洗濯物が家の中でしか出来ない住みにくい新築平屋。 こんな環境にならないような準備は、周辺の環境調査がとても重要。
  • 近所の家を見て、蜘蛛の巣はあるのか?
  • 猫よけ用の工夫をしていないか?
  • 鳥の糞などが車についていないか?
このような状況把握をしておかないと、新築平屋外観デザインがいくらよくても機能しません。 十分注意していただきたいと思います。

雨対策

雨対策 太陽光発電に興味を持ち、平屋で屋根を大きくして、更に、傾斜を付けて発電効率を拡大! こんな目標を立てた家創りを考えてる方もいらっしゃいます。 しかし、このケースにも大きな落とし穴が待っているケースがあります。 それが、豪雨や台風などの大雨の影響。 新築平屋外観デザイン後悔 雨が屋根から雨樋に落ちる余裕も無く、滝のように降り注いだ! こんな光景を住む前にイメージしていない方の中には、駐車場を雨樋の正面にしている方もいらっしゃいます。 車通勤の多い田舎。 車を止めてから玄関に入るためには、一苦労。 子供が家に返ってくる時には、注意しないと危ない。 こんな家を新築平屋で作ってしまったら、貴方は安心して住めますか? 梅雨の時期になると毎年不安と戦わなければいきていけない家。 外観デザインではかっこいいとも思えた太陽光発電付平屋住宅。 なのに、結果的には、雨の日は、屋根の傾斜に後悔をし続ける新築後悔人生。 こんな家に住むくらいなら、貸してしまって、家賃収入物件でもいいと思う方もいらっしゃいます。 外観デザインは、見た目ではなく、生活しやすい環境配慮。 この視点を忘れないようにして下さい。

怖い

怖い! 新築外観デザインで平屋の最重要項目と言えば、窓の配置。 何故か?は最後の内容でご紹介していきます。 新築外観デザインでは良いと思ったのに、生活したら、怖くなった! こんな意見をもつ具体的な原因には、以下のような例があります。
  • 外を見ると誰かと目が合う機会が多いと感じて視線対策に怯える日々。
  • 通りに近く、信号が近い土地を購入したせいで、平屋からの景色より、信号待ちの人の目が怖くなった!
⇛誰も貴方なんて見ていないよ!と思っても、住んでる時には怖い思いの原因にもなるのです。
新築外観デザインは、平屋の方が難易度が高い! この視点を無視した老後も楽な動線だけを考えた平屋デザイン。 こうしたケースでの窓のリフォーム相談は年々増えているというのを実際の昔の仲間からも聞いています。 新築平屋は住んだ後の視線恐怖を考えながら、外観デザインを考える。 このポイントをぜひこの記事をご覧の貴方だけは明確化しておいて頂きたいのです。 では最後に、私が新築平屋の外観デザインで最も注意してほしい3つのポイントをご紹介していきます。  

新築平屋外観デザイン成功に必要な3条件

新築外観デザイン平屋のポイント   新築平屋の外観デザインを考える際に、最も重要な3つを私の過去の体験を含めてご紹介していきます。

屋根

屋根 新築平屋は屋根の形状により大きく変わるのが、以下のような状況。
  • バルコニーへの影響。
  • 日当たり
  • 太陽光発電などの機能
  • 積雪対策
  • 豪雨対策
  • テレビやBS,CSアンテナ等
日本全国の地域を問わず、考えるなら新築屋根に影響する事例というのは、上記が典型だと思います。 このような1つ1つは、全て屋根に関わり失敗後悔原因にも繋がります。 まずは、屋根の角度、傾斜、形状、この3つを徹底的に考えていくようにしましょう。 生活しにくい外観デザインでは、新築平屋に満足はありません。

種類と色

種類と色 新築外観デザインを良くも悪くも見せ方を変えてしまうパーツが外側の壁。 色の問題より、素材選びの方が現代は重要。 新築購入後メンテナンス費用で新築がもう一軒建つ程の違いを作る失敗後悔にて、ご紹介していますので、想像できない方は、必ず御覧ください。 新築平屋なら、壁はかなり目立ちます。 屋根が太陽光ソーラーパネルの場合は、よりシンプルに見える体積からは、屋根の方が強調される家も珍しくありません。 ですから、外観デザインでは、メンテナンス費用やら雨風の影響、汚れ防止、塗装交換等の多くを想定しなければいけないのです。 新築平屋は、基礎工事も2階、3階建てより確実に高く付きますが、外壁は面積次第です。 十分予算の全体に占めるバランスを重視して検討してみて下さい。

窓 先程ご紹介した住みたくないと言う事態まで発展するリスクが有るのが、平屋の窓。 そこで、注意してほしいのが、以下のポイント。
  • 防犯窓の採用。
  • 窓ガラスの色。
  • 窓の高さと形状。
全てをかなり意識しておく必要があるのです。 外からの見え方だけでなく、生活で圧迫感を受けない窓である必要もあります。 日当たりを考えた掃き出しの適切な大きさ選びも重要。 窓1つでセキュリティが高く見える家も作り出すことは可能です。 しかし、泥棒が狙いやすい家にもなります。 窓はデザインにも関わりますが、住環境による寒さ暑さ対策にも関わる機能が多数あります。 防犯では性能が試されるのです。 多少見た目が普通でも、守られてる安心がある家作りを平屋の外観デザインに採用した方が新築購入後の失敗後悔対策には必ず繋がります。 こだわりは大切かもしれません。 しかし、価値観は年齢とともに必ず見えてくる。 単純に、肌の露出やすっぴんが平気だった若い時と、露出を控え、化粧中心の生活になった子育て世代。 こんな見方からも価値観の変化は一目瞭然。 今ほしい家のデザイン的要素は、どこまで生活ベースで考えていますか? 見た目は自分たちの価値観でそんなに重要ですか? 私はNOと断言します。 まずは、新築外観デザインを平屋で考えるなら、安心をベースにする。 この言葉を軸に、外壁、窓、屋根この3つを最優先投資対象にしてみることをおすすめします。 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの後悔も参考にしてください。 新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き 30代で男性が中心になって住宅購入や間取り、内装などを考えた新築一戸建てに失敗後悔が多い。 その原因をご紹介しています。 新築一戸建て家を建てる年齢30代の理想と現実失敗後悔 新築一戸建て建てる年齢は何歳が理想?30代失敗後悔原因 実際に外観デザインを悩んでいる人のスレに対するみんなの意見も参考にしてください。 平屋外観デザインに悩む人のスレ(知恵袋) 最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。
スポンサーリンク