アフィリエイト

新築寒さ対策|洗面所暖房器具失敗後悔原因や注意点

スポンサーリンク

新築洗面所寒さ対策

スポンサーリンク

新築洗面所寒さ対策暖房器具よりおすすめのオプションについて、この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築間取りに必ず必須の部屋として多くの方が悩むのがランドリー,洗面所,脱衣所など名称がそれぞれ異なる洗面脱衣所。

新築でも寒さ対策が心配される真冬のシーズン、以下のような悩みが増えています。

新築寒さ対策で、洗面所にお勧めの暖房器具は?

新築洗面所寒さ対策は何をすべき?

新築洗面所暖房器具はヒーター?ストーブ?

洗面所寒さはお風呂を使った後の対策が多いですよね?

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション,一戸建て購入体験,現場経験を活かして各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

洗面脱衣所寒さ対策は我が家も子育ての中で賃貸生活中大きな課題の一つでした。

だからこそ、我が家の新築購入体験から明確にお伝えできることがあります。

以下の内容でご紹介してますので参考にしてください。

新築洗面所寒さ対策0.会社選びから注意がある!

新築洗面所寒さ対策1.間取りに要注意!

新築洗面所寒さ対策2.暖房器具注意点!

新築洗面所寒さ対策3.おすすめ設備やオプション

以上の内容でご紹介していますので、新築がより住みやすい家になるための情報収集としてお役立てください。

スポンサーリンク

新築洗面所寒さ対策0.会社選びから注意がある!

新築洗面所寒さ対策注意点

新築洗面所寒さ対策として、まず最初に伝えておきたいのは、会社選びで顕著に違う内容があること。

実際に、何を基準にして選ぶべきことがあるのか?をご紹介していきます。

新築寒さ対策に影響が強い新築会社選びのポイント

まず最初に知っておくべき家全体の寒さ対策で重要なのは、躯体選び。

新築暖房電気代が高い失敗後悔注意点もご紹介してますので、興味がある方はお役立てください。

実際に木造と鉄骨、コンクリートという躯体により寒さ対策の度合いが違うのは顕著です。

分かりやすい事例として、

新築リビングエアコンの出力は購入前に確認しておくべき根拠!でもご紹介してます。

モデルルームの寒さの体感は当たり前のように暖かい環境を作っています。

しかし、この環境はあくまでも作られた空間であるケースもあるのです。

新築寒さ対策に関連する会社を選ぶこととは、木材、鉄骨、コンクリートなど素材選びが最も重要であることをまずは重要なポイントとしてお伝えしておきたいのです。

新築寒さ対策に影響が強い新築会社選びの注意点

現代の新築会社選びの中に、こんな言葉を意識している方も多いです。

「省エネ住宅」

「長期優良住宅」

しかし、この基準値が意外にも簡単に取得できることを多くの方は知りません。

すると、ネットで見ていて、「省エネ住宅 格安」などと調べていくと安い価格で長期優良住宅であることもあると、安心している方も決して少なくないのです。

しかし、この見解ではまだまだ見えていないこともあるのです。

寒さ対策、暑さ対策の基準として、重要なポイントとしても基準となるC値、Q値とは?も先ほどのエアコンの記事でご紹介してます。

会社選びでは、気密性という言葉も重要なキーワード。

気密性が低い住宅は、エアコンの出力量を要します。

➣つまり、寒く感じないモデルルームと同等の環境を作るには、高出力エアコンやヒーターなどを要する可能性があるのです。

では続いて、洗面所の寒さ対策に大きく影響する間取りの注意点をご紹介していきます。

 

新築洗面所寒さ対策1.間取りに要注意!

新築洗面所寒さ対策間取り注意点

新築洗面所を寒くしてしまう要因というのは、間取りの中でも存在します。

典型的な失敗原因をご紹介していきます。

新築洗面所寒さ対策間取り注意点1.梁

軽量鉄骨住宅には、よく見られるのが、梁というスペース。

新築マンションや賃貸生活では、配管ダクトを通すようなスペースが存在します。

例えば下の右上のようなスペースも典型的な梁の事例↓

新築寒さ対策間取りポイント

梁があることは、特に軽量鉄骨住宅では要注意!

なぜか?

梁があるということは、間取りの中で重要な躯体が入ってる事が多いのが軽量鉄骨住宅。

すると、何が寒さに影響するのか?

鉄は熱くなりやすいし、冷えやすい性質を持っています。

つまり、内部の気温が寒くなる、外も寒くなるのが冬。

この状況では、つまり鉄は冷えます。

そして、脱衣所にエアコンがあることはほぼないですよね?

つまり、家の冷えをまともに体感しやすい部屋の1つになります

このほかにもトイレにも梁があることで寒さを感じやすい部屋になります。

軽量鉄骨住宅には、梁との付き合い方をよく考えておきましょう。

新築洗面所寒さ対策間取り注意点2.階段

階段からの冷気による新築寒さ。

これも大きな寒さ対策が必要な課題の1つ。

だからこそ、気密性が心配な住宅で、洗面所と階段が近い間取りは寒い冷気のたまるスペースになりやすいのです。

ですから、階段配置も洗面所の間取りを考える際、寒さ対策を考えると重要な間取りの1つと断言できます。

新築洗面所寒さ対策間取り注意点3.窓

新築間取りにおける暑さ寒さを感じる大きな要素でもご紹介してます。

新築洗面所にも換気を意識した間取りとして、窓を検討する方も多いです。

すると、窓の高さや大きさでついつい解放感を感じるスペースにしてしまう方もいます。

しかし、洗面所という部屋の性質上、いくら窓を大きくしても日差しが入る時間と寒さを心配する時間は別物。

だからこそ、新築寒さ対策としての間取りの注意点として、窓の配置は注意しておきましょう。

では続いて、具体的な新築洗面所の寒さ対策として、暖房器具を用意する方への注意点をご紹介していきます。

 

新築洗面所寒さ対策2.暖房器具注意点!

新築洗面所寒さ対策電気ヒーター注意点

上記画像のように、新築洗面所の中に電気ストーブやヒーターを設置する事を寒さ対策として検討する方が増えています。

しかし、このような家電を用意する事は以下のような注意点を含めて非常に課題が多いのです。

新築洗面所電気ヒーター等を設置する注意点1.電気工事

新築洗面所の寒さ対策を必要としてる前提で入居する方はほとんどいません。

洗面所に事前準備している環境は、以下のようなパーツがあります。

・洗濯機置き場

・洗面化粧台

・洗濯籠置き場

・タオル等の収納スペース

このようなパーツが新築洗面所には用意されてる間取りは多いですね。

しかし、コンセントはどうでしょうか?

・洗濯機

・ドライヤーなどは洗面化粧台内蔵コンセント

この2つでしか検討している方は居ません。

つまり、電気ヒーターや暖房器具のコンセントは事前想定がされていないのです。

ですから、電気ヒーターを使いたいけど扉が閉められない。

こんな失敗後悔原因があります。

ぜひ注意して心配な方ほど想定を広げてコンセントを設置しておきましょう。

新築洗面所電気ヒーター等を設置する注意点2.空調

当然電気ヒーターやストーブを使うことは、空気の乾燥をもたらします。

そうなると、以下のような想定が心配されます。

・事前に温めておきたい洗面所。

・しかし、最初に温めておくことが脱衣所の乾燥をもたらす。

・浴室からの湿気があるという安易な考えから、使用時の寒さの原因になる。

このような準備をするのに、乾燥と機能させる時間配置に困る環境が出来上がるのです。

新築洗面所電気ヒーター等を設置する注意点3.事故リスク

洗面所は、入浴前に使う場合は、脱衣所としてのスペース。

しかし、帰宅後にはうがい、手洗いをするスペース。

つまり、ヒーターなどを出す時間を寒さが厳しい時間に早めに設置している場合も想定されなければいけないのです。

しかし、住人が全員この時間の把握をしてる環境はほぼなし。

すると、以下のような事故リスクが高まります。

・脱衣所に服を投げ入れる。

・衣類はヒーターそばに落ちる。

火災等のリスクが高まる。

実に単純ですが、家庭内の災害はうっかりが原因になることはあなたもよくご存じのはず。

ヒーターで寒さ対策をしたかったのに、火災の原因になった。

こんな言葉は、誰も責められない環境になります。

ですから、安易にヒーターなどを使うことは私は今の新築環境を手に入れた上では、閑雅てほしくないというのが結論。

では新築打合せの中で、少しでも洗面所等を寒さ対策で考えなくてよい家作りにするためのポイントをご紹介していきます。

 

新築洗面所寒さ対策3.おすすめ設備やオプション

新築洗面所電気ヒーターよりおすすめ

新築洗面所を寒い部屋にしないための工夫を電気ヒーターや家電製品に頼らない家。

この結論を手に入れるために検討してほしいオプションや設備をご紹介していきます。

新築寒さ対策に常識になる?床暖房の可能性を実感した我が家の感想

我が家は全館床暖房の家を購入しました。

やはりこの床暖というのは、すごいです。

・新築生活2年目になろうとしてる家でも冬はエアコン稼働率ゼロ。

・家の室温は平均温度23度をキープ。

・洗面所、トイレを問わず家族全員が裸足で生活できる家。

このような環境になったことで、洗面所でも冬子供たちが寒がって着替える環境すらなくなりました。

ですから、ヒーターなどの余分な電気代も一切必要ありません。

子供のやけどなども心配する必要がありません。

このような生活がやはり過ごしやすい家であることを我が家を購入して今はつくづく実感できています。

新築寒さ対策に常識になる?床暖房のデメリットを唯一あげるなら?

新築寒さ対策は万全と言える我が家。

しかし、1点だけその引き換えに犠牲を伴った事があります。

それが、床下収納という設備。

この環境は床下の配管を通すことができなくなります。

ですから、キッチンに床下収納を作りたい方には、不向きになります。

さらに、家のどこであっても、人が使わない環境を選ばないと床下収納が配置できない。

しかし、私たちの家で、実際床下収納は必要ありませんでした。

ちょっと断捨離みたいですが、必要ないものは使わない。

この考え方が今の我が家の新築生活で次のステップとしての課題です。

必要ない飾りのオプションにお金をかけることは投資でしょうか?

見た目によくなると寒さ対策になるでしょうか?

違いますよね?

ですから、私は新築の寒さ対策を洗面所、トイレ、収納スペース等を含めて床暖を最も推奨したいと結論付けました。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

このほかにも、新築洗面所については、新築洗面所失敗後悔原因や注意点まとめにて床材、壁紙などの課題をご紹介してますので、興味がある方はお役立てください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ