リビング窓外からの視線対策おすすめ4つのこだわり工夫

スポンサーリンク

リビング窓大きさや視線の対策について、このページをご覧頂き有難う御座います。

リビング窓の悩みの中には、様々な悩みが存在します。

・日当たりがいい窓を使いたい。

・明るいけどUVカットがある機能性の窓が欲しい。

・大きさは掃き出しを複数だと丸見えになってしまった。

・お隣と窓が近く、窓の高さを変えたいけど困ってる。

このように、分譲,建売を含めた新築一戸建ての場合は、実に悩みも多彩な時代です。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから現場経験,新築購入体験を通じて情報をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築分譲地等に多い悩み「リビング他窓外からの視線の失敗

となりの家の窓などの作りもわからない時に作る新築一戸建て間取り計画のコツをご紹介しいています。

このページにて解説しているのは、

新築リビング窓で外からの視線の悩み原因とは?

新築リビング窓外からの視線対策1.掃き出し窓おすすめのこだわりや工夫

新築リビング窓外からの視線対策2.掃き出し窓以外おすすめの窓の形や配置でこだわりや工夫

新築リビング窓外からの視線対策3.窓の配置大きさ工夫以外でおすすめのこだわりや工夫

こうした内容をご紹介していきますので、ぜひじっくり読んでみて下さい。

スポンサーリンク

新築リビング窓で外からの視線の悩み原因とは?

新築一戸建て外からの視線原因

スポンサーリンク

まずは、新築一戸建てリビング外からの視線を悩む原因についてご紹介していきます。

新築リビング窓外からの視線失敗原因1となりとの窓の配置が類似

特に、分譲地や建売住宅などに多い課題の一つ。

建売の場合は、なかなか買う時の調整はしにくいですが、工夫の方法はありますので、後ほどご案内していきます。

分譲地は、隣の家がどんな窓をつけても大丈夫なこだわり工夫を施していれば大丈夫。

この点はしっかり後ほどご紹介していきます。

新築リビング窓外からの視線失敗原因2掃き出し窓の悩み

掃き出し窓に憧れて、やっと手に入れた開放的なリビングのはずが、正面に人が立つと丸見えのリビング。

視線が気になる事も多いはず。

掃き出し窓では、丸見え、防犯等を含めてこんな悩みも多いんです。

・通りに面したリビング窓だから、侵入されるリスクがある。

・掃き出し窓から日中はカーテンをしないと丸見えになる。

・掃き出し窓が並ぶ素敵な一戸建てだと思ったのに、暑すぎる。

こんな機能を考えずに、見た目で選んだ先に失敗後悔を生んだリビング窓。

「明るいリビングの犠牲になる失敗後悔がリビングの掃き出し窓にはある」

この心構えが重要となります。

新築リビング窓外からの視線失敗原因3高さ

掃き出し窓以外にも、リビング窓の視線対策には失敗後悔がまだあります。

リビング窓の配置が下過ぎて何も光が入らないのに、通りから丸見え。

リビング窓の配置が床に設置するタイプだったせいでカビが発生。

リビング窓の開閉が、外に押し出すタイプだったので、虫の侵入口になった。

リビングは比較的窓から漏れる光だけではなく、1階で設置した際でも2階設置でも虫の侵入口になります。

さらに、床付近の窓が1階にある時は、通りからは見えるのに、自分たちからは見えない窓になります。

設置の高さから視線の対策をするべき立地の場合は十分注意しておきましょう。

このおすすめの対策法もご案内していきます。

では、これら主な2つの原因に対応できる具体的なこだわり工夫おすすめをご紹介していきます。

 

新築リビング窓外からの視線対策1.掃き出し窓おすすめのこだわりや工夫とは?

せっかく素敵なリビングを新築一戸建てで手に入れたのに、残念ながら、掃き出し窓からの視線が気なる方へ対策をご紹介していきます。

新築リビング掃き出し窓外からの視線対策法 レースカーテンの工夫

レースカーテンによる対策法をオススメする理由は、以下の内容になります。

・UV対策等を同時に施すことも可能。

・中からは見えるミラーレスカーテンによるセキュリティの安心や安全。

・掃き出し窓のサイズを気にすることなく見える視線のみ配置できる自由度。

こうした内容から、まずは低コストで収まるミラーレースカーテンを積極的に使用する事をオススメします。

私たちが検討した夜も目隠し♪UVカット率91%太陽熱カット率63%プライバシーミラーレースカーテン

まずは、掃き出し窓の設計を自由に開放的なリビングは諦めずに間取りに取り入れましょう。

では次に、掃き出し窓以外の対応策をご紹介していきます。

 

新築リビング窓外からの視線対策2.掃き出し窓以外のおすすめの窓の形や配置でこだわりや工夫

私たちが工夫したのは、リビング窓の中でも特にテレビ上に配置した窓。

工夫した窓の画像は後日に公開していきますので、もうしばらくお待ちください。

では、具体的に対応策とその理由をご紹介していきます。

新築リビング窓外からの視線対策 おすすめの工夫やこだわりは横長窓。

リビング 窓 サイズ

実際の画像の例をお店していますが、テレビの上にあるような窓が私のおすすめ工夫対照の窓。

私が横長窓をリビング窓の外からの視線対策にオススメする理由

私のオススメする理由は、以下の内容になります。

・窓の形からおしゃれな外観も演出可能

リビング窓の大きさから、防犯対策も可能

リビング窓の高さから景観として空を眺める事も可能

リビング窓の換気機能としても通気の心配不要

リビング窓のセキュリティの安全から夜中の暑さ対策に開けておくことも可能

・床に近い状態でないため、カビる等の心配が少ない

こうした新築リビングを快適に過ごす条件として、

欲しい要素 プラス 損なう物などのリスクの少ない窓。

こう私は考えて配置を決めました。

ぜひあなたの家の窓にも採用を検討してみてください。

 

新築リビング窓外からの視線対策3.窓の配置大きさ工夫以外でおすすめのこだわりや工夫

では最後に、窓の配置や大きさ以外の方法でおすすめの外からの視線対策リビング編をご紹介していきます。

私がおすすめするリビング窓外からの視線対策|窓ガラスの種類変更

私が現場で仕事をしている時、時々施主様の中で、大きな掃き出し窓をいくつか使われた大きなリビングの方がいました。

その方の特徴的な窓の配置に、ガラスの工夫がありました。

具体的には、

ミラーガラスを採用する

曇りガラスをはめ込み窓に使用する

この方法が、非常に効果的で驚きでした。

リビング窓の中でも特徴的には、

・視線を気にしなければいけない大きなリビング窓の両端に使用する

・「隣の家の2階からの視線」も気にしたい方に曇りガラスを遣う

・リビング階段に面する窓を曇りガラスにする

・となりに面する窓は全て、ミラータイプに変更

こうした工夫をされている方がいました。

でも外観としてとなりに面した部分であれば、そこまで気になりません。

むしろ防犯上は非常に効果が高いと言えます。

しかし、

1点だけどちらの窓にもリスクがあります。

それは、

家の中からの景観を窓越しにはしにくい状態が生まれる。

この点を考えて、特に私が推奨している窓は、隣と窓が近い部分には使用せず、はめ込み窓に限定して使う。

こうすると、視線の心配をせずに快適な生活が可能だと思います。

せっかく作った新築一戸建てリビングを活かす生活を営むための窓の工夫やカーテンの工夫。

皆様にもちょっとこだわりを入れていただきながら、個性の演出にもお役立ていただけたらと思います。

それでは本日の記事はこれでおしまい。

もう少し下には、リビングをはじめ、新築一戸建て全体における失敗後悔ランキング を公開中。

ぜひ、貴方の情報収集の1つにお役立てください。

私に対するご質問もいつでもお待ちしていますので、お気軽にお問い合わせください。

あなたの新築一戸建てが使いやすい、生活しやすい、ほどよいオシャレとこだわりに満ちた一戸建てになることを心から願っています。

この他にも窓について、新築窓の失敗後悔原因2階,平屋編もご紹介してますので、興味がある方は御覧ください。

最後まで、記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ