アフィリエイト

リビング収納|テレビ台選び方のコツ成功失敗画像付

スポンサーリンク

新築一戸建てリビングテレビ台の成功と失敗|体験談ブログ

新築一戸建てにおけるリビングテレビ台について、この記事をご覧頂き有難うございます。

リビング収納の中でも、テレビ台についての失敗は以下のような内容があります。

・レイアウト

・テレビ台選びの優先順位

・備え付け家具の使用の有無

等が現代の注文住宅購入後では多い失敗後悔原因となっています。

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから過去の現場経験,新築購入体験を活かしながらご紹介してます。

リビング収納の中でも、テレビ台に的を絞り、この記事では以下の内容をご紹介してます。

新築一戸建てリビング収納テレビ台の失敗後悔原因1.レイアウト

新築一戸建てリビング収納テレビ台の成功法

新築一戸建てリビング収納テレビ台についてよくある質問

ハウスメーカーや工務店もオリジナルの備え付けを可能にしている会社も増えてきました。

実際、テレビ台はどうやって決めるべきなのか?について体験談からご紹介していきます。

スポンサーリンク

新築一戸建てリビング収納テレビ台の失敗後悔原因1.レイアウト

新築 リビング テレビ台 失敗

スポンサーリンク

リビングテレビ台が上の画像のように、備え付けを選択された際の失敗例をご紹介していきましょう。

リビング収納はテレビ台よりソファを優先すべき

リビングのテレビ台を先に設置してしまうとのちのちの失敗や後悔につながる原因となるのが、レイアウト。

ソファの理想は、それぞれ皆様の「好み」により異なってきますよね?

さらに、リビングテーブルをどうやって配置したいのかも全く未知!

その状況に、テレビ台だけが確定要素になってしまうと、レイアウトは

テレビを見やすくするためだけのレイアウトに強制的に自由を奪われる結果になる

中でも一番困ってしまう方というのは、スツールやL字タイプソファを好まれている方々

「新築に住んだら」という希望もテレビ台の奥行きがあるせいで、置けなくなってしまった。

こんな失敗は大変多いのです。

このトラブルは、なぜ生まれているのか?についてご紹介していきましょう

リビング収納のテレビ台は奥行が肝

こうした失敗例の原因は、

「テレビ台の奥行」と「リビングの奥行」の感覚が掴めていない状態の決定

これが最大の原因と言えます。

リビングの使い方には、様々なレイアウトがありますが、

・ソファの横にテーブルが欲しい

・ソファーの後ろに棚が欲しい

・ソファーの前にはテーブルが欲しい

これら、全てに奥行という専有面積が必要。

住んだ感覚と住む前の感覚の違いをしっかり把握してからのテレビ台の設置。

これは、大きな課題とすべきだと私は思います。

では、どうやってテレビ台を決める方法が、成功につながりやすいのか?についてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建てリビングのテレビ台成功法とは?

新築 リビング テレビ台 選び方 成功法

リビングのテレビ台を選ぶ際の成功法をご紹介していきましょう。

リビング収納でテレビ台はまずは既存を使用しよう

まずは、

自分たちの視覚的にも慣れたテレビ台を使用してみることを強くオススメします。

理由は、

テレビ自体を壁掛けにする可能性も考慮して欲しいから

テレビ台は、オーディオ関連の収納。という概念をお持ちであれば、何もテレビ台だけが全てではありません。

私達も検討材料に入れたのは、オーディオラック。

こうした選択を持つことでレイアウトは一気に変わりますよね?

理由は、

オーディオラックは、高さは高くなるが、幅の専有面積は一気に縮小されるから

多くの方が新築リビングのレイアウトに求める声に、「シンプルで生活感の少ないすっきりしたインテリア」

こうするためには、テレビ台の選択は非常に重要なのです。

リビング収納でテレビ台の工夫はインテリアに大きな影響を与える?

テレビ台の選択が、このすっきりしたリビング収納やインテリアに影響を及ぼす理由を見ていきましょう。

理由は、

リビングインテリアは、見た目の専有面積の幅・奥行が大きい物ほど圧迫感も生んでくる

ですから、

幅・奥行を必要とするのは、ソファー、リビング収納、必要なテーブルの優先順位のみにすることが大切

この「スッキリしたインテリア」を知るには、まずは、自分の既存のテレビ台を置いて圧迫感を確認するのが一番。

その上で、自分たちのテレビは、どう置かれる方が見やすいのか?

これは、何もテレビ台の選択だけでなく、

・テレビの高さ

・位置

・オーディオ関連機器の位置や操作

これらが、総合的に整い、さらに見た目の印象に圧迫感を受けないかを選ぶことが成功の秘訣。

ここまでの理解ができた上で、特に多い質問をご紹介してい終わりにしようと思います。

 

新築リビング収納テレビ台選びに多い質問とは?

質問 ポイント

特にリビングでのテレビ台の選び方についての質問が多い内容をご紹介していこうと思います。

よくある質問1.リビングのテレビ台は、どんな扉のタイプがお勧めですか?

収納をできるだけすっきり見せたい

この目的なら、テレビ台に優先すべきは、引き違いタイプ。

開けるための奥行が必要になることには十分配慮する必要がありますので、ご注意ください。

よくある質問2.リビングのテレビ台を最初に設置したのが使いにくいのですがどうしたらいいですか?

リビングのテレビ台は最初に付けておいた物が使いにくくなった時の対処法。

取り外しして壁紙加工をする事になります。

この場合のリスクを承知の上、この費用もしっかり事前に確認しておくことをオススメします

よくある質問3.リビングのテレビ台でテレビの高さが低く感じるのですがどうしたらいいですか?

デザインで選ぶ時、やはりこうした体験談は多いです。

この場合は、

サブで備え付ける補助台を遣う事をオススメします。

買い換えるのではなく、まずはサブを使う事で対応しましょう。

よくある質問4.リビングのテレビ台が最初に無い状態でも生活に困らないですか?

リビングのテレビ台はこれまで伝えた様に最後に決定すべき理由はお伝えしたとおり。

最初になくても床置きでもいいと思います。

床に置いた状態から連想して購入対象品を絞る事も失敗しない方法としては大変重要だと思います。

よくある質問5.リビングのテレビ台は、設置しないのも有りですか?

リビングのテレビ台はこれまで伝えた様に最後に決定すべき理由はお伝えしたとおり。

最初になくても床置きでもいいと思います。

ソファの決定をしていく後にテレビ台購入するのがお勧めです。

最初は無しという選択肢はレイアウト観察にはオススメです。

壁掛けを選択できる壁紙や加工を施しておく準備も新築一戸建てには大切。

以上のような内容を意識したテレビ台選びを実践してみて下さい。

この他、リビングに対する悩みの中には、

ダウンライトについての悩み

リビング壁紙クロスについての悩み

リビング窓のサイズや配置選びで暗い、狭いを体感しにくい部屋作りのコツ

等も参考にしながら、テレビの見え方などにも配慮が必要になるので、ご注意ください。

この他、ご質問等がございましたら、お気軽にご相談ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ