新築間取り失敗後悔4つの注意点|購入体験記

スポンサーリンク

新築一戸建て間取り失敗後悔について、このページをご覧頂き有難う御座います。

新築一戸建てを検討しているあなたにとって第一の難関とも言えるのは、間取り作り。

・間取りは、自由なんだから何でもできるはず。

・注文住宅だから飾りもきれいで目立つ間取りがいい。

・新築一戸建てだから間取りは広々とした部屋作りが希望。

夢と希望を詰め込みすぎると逆に何を優先にしていいかが解らなくなるのが、新築一戸建て間取り。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,購入体験を通じてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

間取りのポイントとは?を私の実家住まい、賃貸、マンション購入後の一戸建て購入体験談から総合的にご案内しています。

このページでご紹介している主な内容は、以下の通りとなっております。

住宅間取りの失敗が多いポイント1水回り配置

住宅間取りの失敗が多いポイント2収納の考え方

住宅間取りの失敗が多いポイント3子供部屋

住宅間取りの失敗が多いポイント4客間

失敗や後悔しない為の注意点はあるのか?等を体験からご紹介しています。

私たちは、一度目のハウスメーカーを途中で断った後、別のハウスメーカーでは全く違う間取りを作りました。

スポンサーリンク

新築一戸建ての間取りで失敗後悔しやすい例1水回り

新築 一戸建て 間取り 失敗

スポンサーリンク

新築一戸建ての間取りで失敗しやすい間取りの作りをご紹介していきましょう。

失敗が多い間取りの種類は、水回り(トイレ・洗面台)の位置や動線とのギャップです。

・トイレの扉を開けるのをお客様に見られる間取りになっていた。

・お風呂上がりに廊下を通る際に、玄関からも丸見えになる間取りにしてしまった

・洗面台と洗濯機の位置が逆の方が家事動線がしやすかった。

こうした来客に向ける目線でも間取りを考えておかないと非常にリスクが多いトイレ。

入浴タイムになってしまう心配がありますから、この内容を最優先で注意して欲しいと思います。

水回り間取りの部屋で特に気をつけたいトイレとキッチンを特集

トイレの位置や大きさ選びの成功法

キッチン間取りで気をつけなければいけない家事動線の成功法のコツ

等を個別記事でご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

次に、失敗しやすい間取りとして収納についてご紹介していこうと思います。

 

新築一戸建ての間取りで失敗しやすい例2収納

新築 一戸建て 間取り 失敗しない

新築一戸建ての間取りを考える上で失敗しやすいひとつに収納スペースについての間取りがあります。

最初に私たちが考えたのは、廊下に収納スペースを用意して、そこに普段使わない荷物を入れておこうと考えました。

しかし、2軒目のハウスメーカーとの契約時には、全く別で、納戸用の部屋を用意しました。

なぜここまで大幅な修正をかけたのか?

理由は、日常に必須な荷物を入れておくスペースの確保。

奥行の少ない壁面収納は確かに綺麗ですが、入るものが限られてしまいます。

そして、入りきらない荷物が全てシューズクローク行きになるなんて失敗が最近は多いそうです。

収納スペースを考える上で、間取りで注意して欲しい事

「普段使わない荷物用の収納スペース」と「普段使う荷物を収める収納スペース」を分ける

こうしたスペース分けは、見える見えないを大事にしている最近の収納スペース作りに非常に重要だと思いますから、ぜひ参考にしてください。

私たちにはスペースが無くてできなかったのですが、階段下収納に、掃除機等を入れておくというのは有効手段だと思いますよ。

各部屋の以外な収納選びで差がつく事を知っておきましょう。

階段下収納を作るときの注意点とは?

リビングにクローゼットやカウンターを用意する時の注意点とは?

子供部屋の収納を配置するときに注意すべきこととは?

新築失敗後悔居室毎の収納の悩みまとめ

等をも個別の部屋別にご紹介していますので、併せて参考にしてください。

次に、間取りについて失敗しやすい例として、2つの子供部屋の間取りについてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建ての間取りで失敗しやすい例3子供部屋

新築一戸建て間取りの失敗しやすい例として、子供部屋の間取りでも失敗はかなり多いようですよ。

子供部屋の失敗の原因1部屋ごとに広さが異なるケース

特に建売などでは多いのですが、2階の寝室を除く部屋の広さが違うケースが子供が大きくなった時に不平等さを主張して喧嘩になるケースが多い。

やはり子供には、こんな事情は通用しません。

「先に生まれた」

「後に生まれた」

選べないわけですから、お兄ちゃん、お姉ちゃんが広い部屋という意向に兄弟で喧嘩になることは多い。

実際に、私の妻もこのパターンで兄妹喧嘩に発展したそうです。

できることなら、子供部屋は2つ用意しておくにしても、同じ広さが整うように配慮する事が大切と言えます。

子供部屋の失敗の原因2部屋ごとに収納が異なるケース

広さについで、重要になるポイントは収納です。

片方は、クローゼットの幅があるのに対して、もう片方はクローゼットの幅が狭い!

所有面積は同じとなると、思春期にもなれば、収納も欲しくなりますよね!

こうした些細なことでも、子供部屋はもめる原因にもなるそうですから、十分に注意してあげてください。

「お父さん(お母さん)が小さい頃は、自分の部屋なんて無かったんだから、あるだけマシだと思え!」

そんなセリフは、絶対に口にしてはいけません。

やはり、計画性のある家づくりの末路だという反省を元にしないようにこうした子供部屋の配慮を欠かすことなく新築一戸建ては間取りを考えていきましょう。

子供部屋の収納を配置するときに注意すべきこととは?

先程も収納の記事でご紹介してあるページですが、このページでは、方位別の収納配置のコツもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

最後に、間取りではついつい見逃しがちになる客間についてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建ての間取りで失敗しやすい例4客間

新築一戸建ての間取りで最後にご紹介したい失敗しやすい部屋は、客間です。

「客間なんて、リビングで代用すればいいんじゃないの?」

こんな意見も多くなりやすいかと思いますが、やはり客間は私は必要だと思います。

具体的な例をあげて、ご紹介していきましょう。

客間が無いせいで困ったこと1.帰宅編

大事なお客様が急にお越しになった際に、お通しするスペースがリビングでは生活感がかなり伝わりやすくなります。

そして、帰り際の子供は、扉を開けたら、急に他人がいて、驚いてしまい、挨拶もしにくいという環境も容易に想像できます。

こんな時、別の部屋にお通しして、ドアを閉めていたら、子供の帰宅も気にならずに過ごせた。

お客様にも、子供にもストレスをかけてしまったという結果に、間取りが原因と悩まれる方も多い。

客間が無いせいで困ったこと2.リビング階段編

リビングは居住中での行動では、「リビングに降りてくる」ために利用するスペース。

この時が一番厄介なのです。

理由は、子供や家族も「他の人がいる」と解ると出にくい状態にもなりやすいから。

来客のない今だけでなく、以下のようなシチュエーション想定も必須と言えます。

・学校関連の家庭訪問のリスク

・旦那様の出世から自宅での接待の必要性の発生

・親族の通夜などを自宅で行う必要がある場合

等、様々な将来への可能性を一戸建て間取り設計時には「想定」が必要になります。

以上が、客間の無い最大のリスクです。

しかし、ただ作ればいいのか?というと違います。

キッチンそばに作った小上がり和室が大失敗!

この記事で、客間を作るコツをご紹介していますので、併せて参考にしてください。

自分たちの生活しやすい空間を作るために間取りを考えたはずが、自分たちの生活がしにくい結果になるのは勿体無いですよね。

将来の子供の家庭参観、自分たちの親族の集まり、親同士の付き合い等、家に人を招きやすい環境を作るためにも客間は用意しましょう。

こうした間取りの注意点が注意されていれば最低限の生活において、支障の無い生活になるのではないでしょうか?

もちろん、キッチンの失敗を防ぐ方法などに記載の内容にあるような各部屋でのより細かな、注意が必要な点はこの他にも多数あります。

しかし、最低限度の建ててから困ったが少ない環境を用意する間取りという点は、全体像として以上を抑えておいたほうがいいと思います。

ほかにも、新築間取り失敗後悔ランキング詳細や各居室注意点まとめにて、200以上の内容をご紹介しています。

新築購入後の失敗後悔での大半は、見落としが原因。

今後もどんどん細かい内容をご紹介していきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ