アフィリエイト

住宅ローン審査が通らない!40歳地銀で落ちた理由口コミ

住宅ローン審査通らない

地銀40歳がことごとく難しいと言われた!

こうした体験で悩み苦しむ40代も増えてる現代。

私のサイトは、新築一戸建て購入を住宅ローン審査通らない事で諦めてほしくない!という思いからサイト運営をしています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、三菱東京UFJ銀行住宅ローン審査通った口コミから、以下の内容でご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らない40歳の厳しい状況

住宅ローン審査に通らない40歳が考えたムダなあがき

住宅ローン審査に通らない40歳が通った方法

住宅ローン審査基準の年齢で不安が有る方は参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン審査に通らない40歳の厳しい状況

住宅ローン審査が通らない40歳の苦労口コミ

スポンサーリンク

住宅ローン審査通らないという声がどんどん増えてる現代。

その原因が、住宅ローン審査を受けるタイミングが遅れた!という声も多い。

40歳を超えて住宅ローン審査に悩んだ口コミを頂いた方の状況をまずはご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らないと言われたのは1社だけですか?

住宅メーカーの選定も終わり、新築住宅にかかる金額も出たので住宅ローンの審査を受けていました。

しかし、中々通らずに焦っていました。

そんな時、親戚から東京三菱ufj銀行のUFJ銀行住宅ローンの審査を受けてみてはどうかと勧められました。

地方銀行で通らないのに、東京三菱ufj銀行のようなメガバンクでは、確実に住宅ローンの審査は、通らないと思っていました。

「自分の状況に不安があるからこそ、地銀の方が住宅ローン審査が甘いはず。」

という考え方を持っていたという体験者。

しかし、これは大きな間違いです。

・職種

・年齢

・返済比率

こうした住宅ローン審査条件がメガバンクの方が厳しいというのは誤解。

まずはこのポイントをおさえておいて下さい。

では続いて、住宅ローン審査通らない理由で思い当たる事があったというこの方の考えをご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らない理由は思いつきますか?

ローンを組めないのには、理由がありました。

それは、当時の自分の年齢です。

私は結婚したのが遅かった事もあり、40歳になってようやくマイホームを持とうと思いました。

このような事情の為、 UFJ銀行住宅ローンを申し込んだときの私の年齢は40歳でした。

当時の年収400万ほどで、年齢の割に低い年収からなのか、どこの金融機関でも厳しいかもしれませんと言われていました。

年収以外にも勤続年数も不安がありました。

勤続年数は、ずっと勤めてきた会社が倒産してしまい、関連会社へ転職した為、勤続5年目でした。

この時の融資申込み金額は、年収のおよそ5倍でした。

この方は、40歳という年齢がネックだった!と考えています。

しかし、年齢が40歳だから厳しいというのはありません。

さらに、勤続年数や年収が年齢と比例しないという考え方も間違い。

問題はそこではないのです。

住宅ローン審査が通らない40歳の口コミ体験者が落ちた理由候補

まずは、以下の内容を疑うことが重要。

・完済年齢が銀行住宅ローン審査の枠ギリギリではないのか?

・年収に対する返済比率が厳しい銀行で審査を受けていないか?

まずはこの2つを注意しておくことが重要となります。

その根拠は?

年齢と返済負担率は、「銀行の住宅ローン審査」における最優先審査基準。

この点をこの記事をご覧のあなたにはまずしっかり知っておいて頂きたいと思います。

では続いて、住宅ローン審査通らない時、この方が想像した間違いの思考をご紹介していきます。

住宅ローン審査が通らない40歳が考えたムダなあがき

年が年だけに、フルローンは難しいだろうと思っていました。

ですから、妻と名義を分けて借りようと考えていました。

しかし、他行ではどこにも相手にされませんでした。

住宅メーカーからも金額を少し落としてみたほうが良いのではと提案されていました。

名義を分けるから住宅ローン審査が通る!

この考え方も違います。

こうした考え方をしてしまうと奥さんが通らない状況だとすると共倒れ。

よって、旦那さんが一人で住宅ローン審査を受ける方が得策なのです。

では続いて、住宅ローン審査通らない40歳が最後に通ったUFJ銀行のアドバイスから答えをまとめていきます。

 

住宅ローン審査に通らない40歳が通った方法

住宅ローン審査通らない40歳がUFJ銀行で通った方法

住宅ローン審査通らない

この流れを断ち切りたい一心でUFJ銀行に相談をしたこの口コミ体験者。

先ほどの理由にまさにピッタリの体験をされています。

住宅ローン審査が通らないをUFJ銀行担当者が一刀両断した理由改善

そんな状況の時に受けたのが三菱東京ufj銀行のUFJ銀行住宅ローンだったのです。

まず、申し込みを行うにあたり年齢や職業、勤続年数などから融資可能額を算出していただきました。

あまり期待していなかったのですが、ほぼ希望金額でした。

その後も、審査に通りやすくする為に、頭金などの説明を詳しくしていただきました。

とても分かりやすい説明をしていただいた結果、老後の為に貯めていた資金を崩し頭金に充てる事にしました。

頭金が功を成したのか、審査結果は融資可能の判断でした。

他行では、頭金の説明などほぼしてくれず年と勤続年数だけで半ば諦められていました。

しかし、東京三菱ufj銀行の担当の方はしっかりと住宅ローンに関する説明をしてくれ、おかげで審査に通る事ができました。

この体験から、私は40歳のこの体験者様が以下の状況を含めて住宅ローン審査に通らない可能性があると考えます。

住宅ローン審査に通らない40歳が悩むべきだった課題まとめ

老後の準備だった資金を頭金に用意した。

この言葉から、確実に言えるのは、返済比率がオーバーしていた可能性が高いのです。

返済負担率が年収400万なら35%の銀行と40%の銀行に分かれます。

そして、400万という数字が約400万なら、30%~35%に減ります。

この根拠から、「この方は自分の新築一戸建て希望額が多い状況をずっと変えずに申込をしていた。」

こうした結論を出すことが出来ます。

さらに、住宅ローン審査における倒産して、関連会社に移動。

この流れも地方銀行からすると、シビアに見られた可能性があります。

・住宅ローンを組んでいたその会社の方が滞納や遅延をした形跡がある。

・倒産した会社が利用していた銀行の1つである可能性。

つまりは、職種という属性という分類に当てはめられて審査を受けるのが事前審査の段階で断られている事も考えられます。

こうした個人の環境や状況を精査していくと住宅ローン審査に通らない理由は徐々に見えてきます。

一番もったいないのは、自分の勝手な仮説で間違った方向に進むこと。

ですから、私が最後に伝えたいのは、住宅ローン審査に通らない時にやるべき事です。

 

住宅ローン審査に通らない40歳以上が注意すべきこと!

住宅ローン審査が通らない40歳以上がすべきこと

40歳という年齢を超えての住宅ローン審査が全て難しいわけではありません。

問題は、35年の住宅ローン返済期間を利用したい人。

この場合は、年齢、属性等を含めて銀行選びが非常に重要になるのです。

私が実際に住宅ローン審査に2回通らない時も理由は属性でした。

ですから、住宅ローン審査に2度落ちた私が3社目で通った体験記にて、通すための方法をご紹介してます。

本気で今回の住宅ローン審査を通したい方は参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ