アフィリエイト

家のローン車のローン新築購入後繰り上げ返済優先順位

スポンサーリンク

住宅ローンと車のローンはどっちが優先?賢い返済方法の選び方

車のローンを組みながら家のローンを組む審査について知りたい人は、住宅ローン審査通過のコツをご覧ください

この記事では、家のローン車のローンを実際に借入した際にどちらを優先して返済するか?についてご紹介していきます。

我が家も実際に住宅ローン審査通過後に新車の購入を済ませてローンを組みました。

しかし、このあと、次のような悩みを持つことは私達だけではないはず。

車のローン住宅ローン繰り上げ返済の優先順位は?

車のローンの方が金利が高いけど残価設定型にしてる場合は?

住宅ローン金利が低金利だからお得感が少ない気がするから貯金すべき?

こうした現状の生活だけでなく、未来の預貯金を悩み、繰り上げ返済の計画を進められずに居る方も増えています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション,一戸建て購入体験,現場経験を活かし、各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事の主な内容は、家のローン車のローン繰り上げ返済の優先順位について、以下の内容をご紹介しています。

家のローンと車のローン返済計画比較注意点

家のローンと車のローンどっちが繰り上げ返済のメリットが高い?

家のローンと車のローン賢い返済計画のコツ

家も買うけど車も買い替え時期なんて方は参考にして下さい。

スポンサーリンク

家のローンと車のローン返済計画比較注意点

家のローンと車のローン比較

スポンサーリンク

家のローンを組みながら、車のローンを返済する。

この光景は今は珍しい事はない時代。

しかし、このローン返済をしていく事への人生設計には大きく異なる点があります。

家のローンと車のローンの決定的な違い!

家のローンを組むのと車のローンが決定的に違う点。

これは、車のローンの残債変化にあります。

過去の車のローンには、車1台に対する全額返済をベースに組んでいた時代があります。

しかし、近年は将来への買い取り予備枠を用意(残価設定)。

この仕組みになったことで車のローンを月々の返済額を落としながら購入が可能になりました。

でも、このせいで、完済するという目安が非常にあいまいになってしまったのです。

5年後や完済はあくまでも折り返し地点となる車のローン。

車のローンは、買い替えとなれば、またローンは終わりません。

車のローンは払えるから購入する。

この考え方を家計を含めてローン計画に取り入れていくのは、残価設定にする方ほど要注意となります。

 

家のローンと車のローンどっちが繰り上げ返済のメリットが高い?

車のローンと家のローン繰り上げ返済注意点

家のローン車のローンを組んだ際に、繰り上げ返済はどっちが優先?

こうした疑問を持つ時、多くの方はこのようは選択肢を頭に入れます。

・金利が高い方を優先的に繰り上げ返済した方が得

・短いローンを先に完済してから長いローンを返す方がいい

一般的な買い物で比較するなら、確実にこの2つだけで選択は可能です。

しかし、家のローンには落とし穴があります。

それが、住宅ローン減税や借り換えにおける金利調整の可能性。

車のローンは、借り換えもしにくいし、金利は安くなる可能性は少ないです。

よって、金利比較だけで検討するのは失敗も多くなりやすいので注意が必要となります。

さらに、家のローンを繰り上げ返済する事を必死になると、車の買い替えが厳しい状況に立たされやすい。

この2つが主に考えておかなければいけない繰り上げ返済の将来設計のポイントとなります。

・家のローンは少しずつでも繰り上げ返済すべき。

・車のローンは買い替え前提だからのんびり返す。

このような考え方はあくまでも短期的視点。

もう少し長期的5年10年15年という車の買い替えを視野に入れた上での選択肢を持つ事をお勧めします。

現代の車は中古より確実に新車の方が維持費が安く済む点から昔の様な愛着精神で家計が助けられなくなった。

この点を明確にしながら、繰り上げ返済を検討しておきましょう。

 

家のローンと車のローン賢い返済計画のコツ

家のローンを組みながら車のローンを組む。

この返済計画における賢い繰り上げ返済の方法をご紹介していきます。

家のローンを繰り上げ返済する目安は10年目が勝負

家のローンを繰り上げ返済する大事なタイミングは、10年目以降が勝負。

その根拠は?

10年以降は、住宅ローン控除が終わります。

それまでは、住宅ローンは残債がある事で、控除対象があります

車のローンは5年×2回の時期と家のローン11年目を合わせるつもりで計画する。

この形を私は家計に負担をかけすぎない理想的な繰り上げ返済計画の1つの考え方にお勧めしたいのです。

・繰り上げ返済にメリットがある方法を選びたい

・ローンを減らし、少しでも家計を楽にしたい

こうした考え方は、誰でもローンを増やせば感じるストレス。

だからこそ、効率的に返すという事とメリットを活かすという2つの考え方が必要になります。

11年目以降の繰り上げ返済は確実に家のローンが優先。

これは最初に話をしていた長期のローンを先に返すことを優先する。

この考え方で間違いないと感じます。

その根拠は、子育て。

中学生、高校、大学という子育てに必要な時期にお金を使わなければいけない準備に負担が大きいのは家のローン。

よって、長期のローンを優先して子育てのピーク時間に、家のローンを少しでも減額しておく。

こうした考え方をしておくとよりスムーズな返済計画や人生設計が可能になります。

ぜひあなたの住宅ローンと車のローンという2つの選択に賢い返済が出来る事を願っています。

今の家のローンがきつい、払えなくなってきた。

こんな問題を抱えている方は、

住宅ローン借り換えは頭金ゼロの時代!

も紹介してます。

興味があれば、あわせてご覧下さい。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ