アフィリエイト

フラット35審査期間日数は?落ちたら絶望的?申込方法注意点

スポンサーリンク

フラット35審査日数と連絡内容を知る|通らない時にはどうすればいい?

住宅ローン審査の一つとして現代にニーズも増えてきたフラット35

フラット35審査については、以下のような悩みを持つ方も多いです。

フラット35審査日数(期間)はどのくらいかかるのか?

フラット35審査に落ちたら、他の銀行でも通りにくいの?

フラット35審査に落ちた後の対処法は?

住宅ローン審査には、落ちる、通らないも当たり前という認識を持たなければいけなくなった現代。

実際に、悩みを抱えたくない方の予防的知識を欲する気持ちは強くなっています。

私のサイトは、新築購入における住宅ローン審査を含めて失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の体験を綴っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

フラット35審査審査日数や期間について、この記事では、以下の内容をご紹介しています。

フラット35審査日数(期間)が長い理由

フラット35審査日数(期間)の流れ

フラット35審査日数(期間)で落ちた時も困らないための申込方法

まずは、フラット35審査通過の為の情報源として活用して下さい。

スポンサーリンク

フラット35審査日数(期間)が長い理由

フラット35審査日数、期間と流れ

スポンサーリンク

まずは、フラット35審査における流れを日数と内容でご紹介していきます。

フラット35審査はどこで申し込んでも遅い?

フラット35と言うのは、銀行で申込をする意味が全くない審査方法。

その根拠は?

フラット35という金利システムそのものが銀行のサービスではないから。

どういうことか?

つまりは、銀行は、フラット35審査申し込みについては、ただの仲介人でしか無いのです。

各銀行が用意する変動や固定、ミックス等の住宅ローン金利は全て書く銀行の商品。

しかし、フラット35は、銀行のサービスではない事をまずは知っておいて欲しいのです。

ですから、銀行側としては自分たちの利益が薄い住宅ローン案件。

変動や固定の申込案件より、後回しにされる可能性が高くなっても仕方がないのです。

それでは、実際に審査期間はどうなっていくのか?をご紹介していきます。

フラット35審査日数(期間)は長いのが普通?

フラット35審査日数(期間)は、事前申し込みでも長いのが一般的。

この理由もサービスの特徴から明確にあります。

そもそもフラット35審査は、変動、固定等の審査基準における重要ポイントとは異なる事があります。

それは、家屋の資産価値が重要視されるというカラクリ。

個人情報がないがしろにされるほど甘いものではありません。

しかし、フラット35における審査には、非常に資産価値が問われるケースの方が多いんです。

この点にも理由があります。

それは、フラット35を支えている大本は、税金で有ること。

税収が厳しい中、35年間金利を一定化する事は変動金利よりもリスクを伴います。

こう考えて欲しいんです。

あなたがもし貸し出す側であったなら、

  • 15年程度の資産価値しか見込めない住宅の金利を35年固定する貸出をしますか?
  • 多少個人の問題があっても資産価値が高い物件で回収見込の可能性が高いなら貸し出せないとしますか?
  • 35年間ずっと変動金利が自分の貸出金利を上回っても黙って見過ごす対応を続けられますか?

貸し出す側が税金で賄われている国の住宅支援の1つであるフラット35。

金利上昇から利益を取りにくいシステム。

だからこそ、貸し倒れ防止の為には物件価値の比重が重い。

この点をまずはフラット35審査期間が長引く理由として知っておくことをオススメします。

では続いて、具体的にフラット35審査日数(期間)の流れをご紹介していきます。

 

フラット35審査日数(期間)の流れ

フラット35審査日数(期間)の流れ

実際に、私の親友がフラット35審査を受けた時の流れからご紹介していこうと思います。

住宅ローン審査申込件数増加により異なる審査期間

先程もご紹介したように、銀行で申込をすると先送りも考えて置かなければいけないフラット35審査。

通常であれば、

銀行での住宅ローン審査は、1週間~10日程度で事前審査(仮審査)結果発表。

本審査申込からも遅くとも3週間程度で落ちた、通過の連絡というのが一般的。

しかし、フラット35審査日数は、1ヶ月以上かかることも当たり前

少し気が遠くなる様な気分になりますよね?

私も実際に住宅ローン審査を申し込んでから審査通過の連絡を受けるまで、精神的なストレスは多大でした。

こんな連絡を1ヶ月以上も待つ必要があるのは、苦痛と言えます。

しかし、新築一戸建て住宅購入の為に耐える期間。

こう考えられる余裕も支え合う家族の協力も必要になります。

実際に私の親友もフラット35審査日数は、1ヶ月半審査結果の連絡に日数が掛かりました。

では続いて、フラット35審査結果における落ちた時の対処法をご紹介していきます。

 

フラット35審査日数(期間)で落ちた時の対処法は違う?

フラット35審査日数(期間)と落ちた連絡の対処法の違い

フラット35審査に対する日数期間の正しい認識が出来たところで、続いての情報は落ちた(通らない)時の対処法。

フラット35審査日数(期間)が短い場合は危険?

一般的な銀行毎に異なる変動、固定等の住宅ローン審査と同じ扱いをしてはいけないフラット35審査。

審査機関が短い場合は、個人に問題が有る。

この点は、通常の変動、固定であれば十分に考えなければいけない原因や理由の候補。

しかし、フラット35審査は、審査機関が全て同じ。

よって、以下の情報により、審査日数(期間)に差が生まれやすいのです。

  • 分譲地のように集中した申込の場合には、土地や建物情報が集まりやすい
  • 周りに分譲や建売等の物件が見当たらない土地の市場価値データを集める時間
  • もう数年間土地の売買取引が行われていない様な場所のデータ収集にかかる時間

このように、

申込をする時期の混雑状況以外における「データ収集に要する時間」が審査日数(期間)を左右する点もあります。

よって、早いから、通りやすい条件だったということもなければ遅いから、通りにくかったという見解も持てないのが現実。

逆に、フラット35審査に落ちた(通らない)時には、非常に慎重な対応を要求されます。

フラット35審査日数(期間)で判断しない正しい対処法

フラット35審査といえども、個人の情報から審査が通らない事もあります。

よって、審査期間が長引く(1ヶ月半~2ヶ月を目安)ケースにおける対処法は、非常に慎重になる必要がります。

考えなければいけないのは、以下のようなポイント。

・市場価値が低い建物であるのか?

この点は、同じ工務店やハウスメーカーが中古売買しているデータを参考に調べることをオススメします。

・市場価値が下がる傾向にある土地であるか?

この点は、購入予定地域の都市計画書等を市町村や区役所などで閲覧して調べることも可能。

こうした個人のデータを考える以前の担保力調査を徹底しなければいけないのがフラット35審査対策。

場合によっては、その地域に詳しい地元の工務店等に話を聞く事も重要。

大切なのは、正しいデータを集める情報源の出処を絞り込むこと。

この点も大切な対処法の1つとして知っておいて下さい。

フラット35審査に落ちた時のハウスメーカー、工務店反応には要注意!

住宅ローン審査に落ちた(通らない)時、ついつい当てにしたくなる住宅会社。

決して、今お世話になっている工務店やハウスメーカーの謳い文句に踊らされないように気をつけて下さい。

所詮、工務店もハウスメーカーも売れるために安心させる程度の根拠の薄い説明しかしていません

この根拠は?

私が2015年新築一戸建て住宅購入時に、ハウスメーカーに言われた言葉はあまりに根拠もないセリフでした。

「当社の物件でしたら、住宅ローンはどこでも最優遇で対応してくれます」

この言葉を銀行に確認した際には、

「そんな事がまかり通ったら平等性も何も無いですよね?あり得ないです」

はっきり言われた体験。

こうした対応からも、工務店やハウスメーカーからの気休めや住宅ローン審査に対する情報は信用性も薄い事を知っておいて下さい。

では続いて、フラット35審査に少しでも通りやすくする為の工夫のポイントをご紹介していきます。

 

フラット35審査日数(期間)や落ちた通らない事態を防止する申込方法

フラット35審査期間を気にしない申込方法

フラット35を選択する上で、審査日数(期間)を少しでもストレスにしなくて済む申込方法を具体的な根拠を含めてご紹介していきます。

フラット35審査に落ちる心配が有る方が取るべき審査方法1.偏らない

フラット35で審査を受けたい!

この気持が強い方でも、ぜひ落ちた(通らない)対策のためにやっておくべきことが有ります。

それは、

「住宅ローン審査は、固定、変動を含めた同時審査申込を必ずしておく」

何故か?

住宅ローン審査基準におけるフラット35の審査基準が資産価値である事はご説明したとおり。

しかし、

「資産価値算定基準は、当然どこの会社も同じでは?」

こうした内容は実は違いがあります。

その根拠は?

各都道府県が本審査機関である場合に差がでます。

「地方計画を熟知している期間だからこそ、査定額が上る可能性もある」

これが抜け道だったりもします。

「最後には、フラット35を選べる環境で住宅ローン審査を受ける。」

実は、この方法が一番住宅ローン審査野受け方では、特にフラット35審査対策には最適といえるのです。

フラット35審査に落ちる心配が有る方が取るべき審査方法2.銀行を使わない

「住宅ローンは、フラット35を含めて銀行でなければ申込が出来ない」

こんな誤解をしたまま住宅ローン審査の受け方を探している方も実はまだまだ多い現代。

しかし、住宅ローン審査の中でも、仲介人になる商品であるフラット35審査申し込みは、実は銀行の方が遅いし損。

その根拠もご紹介していこうと思います。

 

フラット35審査申込は銀行でしてはいけない3つの理由

フラット35審査は銀行で受けてはいけない理由

フラット35申込を銀行で行うのが損する理由1.手数料が高い

銀行は、ATM利用や住宅ローン金利、振り込み手数料など全て「手数料から利益を得ている会社」

ですから、銀行でフラット35審査申込するのは、実は手数料とられるだけの損する申込方法。

代わりに、銀行以外からの申込の方が実は手数料も少なく済むのです。

フラット35申込を銀行で行うのが損する理由2.時間のムダ

フラット35審査申込のためにわざわざ銀行に行くのは、

・あなたが銀行に足を運ぶまでの時間

・銀行側が素人の場合、必要書類漏れの連絡不備

・手続きを銀行が郵送するまでの時間

全てがスムーズに整わなければ、審査は進みません。

よって、ロスタイムがただでさえ遅い審査日数(期間)をさらに余分にする可能性が高いのです。

ですから、実は、銀行に行く方が安心という要素は、フラット35審査申込に限っては、全くゼロ

無駄しかありません。

ぜひ、慎重に申込方法を検討する事を念頭に置く事を心がけて下さい。

フラット35申込を銀行で行うのが損する理由3.審査に落ちた時はさらに損!

住宅ローン審査申込と言うのは、1回目より2回目、2回目より3回目という審査に落ちる回数が増えれば増えただけ通りにくくなります。

この根拠は?

住宅ローン本審査は、全て同じデータを参照するから。

・参照した日付

・参照した会社

こうした内容も全て残ります。

ということは、住宅ローン審査通過に重要なポイントは、申込方法となります。

閲覧時期がずれればずれるほど、不利になる。

閲覧時期をずらさないためには、同時申し込みにする以外に方法は無い。

こうした特徴が有るのです。

この基準を元に、銀行を通じてフラット35審査を受けておちた場合のリスクは、

  • フラット35審査申込をした銀行にも心象が悪くなる
  • 単発申込のため次の住宅ローン審査にも影響をおよぼす

この2つは、自分の首を絞める結果にもなりかねない重要な要素。

ですから、フラット35審査を受けるなら、確実に銀行を使うのは損を有む可能性が高いのです。

では今までの説明してきた内容を簡単に箇条書きにしてまとめていきましょう。

フラット35審査日数(期間)のポイントと申込のコツまとめ

これまでの内容をいかにまとめてご紹介していきます。

  • フラット35審査日数(期間)は、1ヶ月以上を要する
  • フラット35審査日数(期間)は、審査条件が資産価値だからこそかかる場合も有る
  • フラット35審査結果に対する工務店、ハウスメーカーのフォローは当てにしてはいけない
  • フラット35審査は銀行に申込をするのは損をする可能性が高い
  • フラット35審査は銀行に申込で落ちた場合、致命的になる原因が有る
  • フラット35審査は変動、固定と合わせて同時申込するのがオススメである

以上のような内容をご紹介してきました。

では具体的にフラット35審査申込み方法でリスクを少なくする方法とは?

この答えも勿論用意しています。

私自身も住宅ローン審査を銀行へ申込をして以下の結果になった一人。

仮審査落ち1回、本審査落ち1回。

絶望的になった3回目の申込方法は、もう銀行では無理だと思いたどり着いたのです。

そして、無事審査通過。

私の親友は、勤続年数1年目のフラット35申込で審査通過しました。

いずれも、銀行を使わずに申込をしたからこそ他通過した方法。

詳しくは、一番最後にリンク先を用意しています。

2つの方法をご紹介していますが主な違いは、

勤続年数3年以上お持ちの方は、フラット35以外の可能性を持つ事から、1.を参考にして下さい。

勤続年数3年未満や派遣社員、契約社員等の条件の方がフラット35審査申込をしたい場合は、2.を参考にして下さい。

いずれの方法も私や親友が実際に使った体験済みの方法。

そして、いずれも審査通過にたどり着いた方法。

あなたがフラット35審査日数(期間)を心配しているなら、ぜひ確実性の高い方法を選ぶことを強くオススメします。

工期に間に合わない

こんなリスクも最小限にする事が、新築一戸建て住宅購入には欠かせない住宅ローン審査の条件。

じっくり情報を集めて、あなたの納得できる住宅ローン審査方法を見つけ出して下さい。

住宅ローンについての相談もお気軽にご相談下さい。

・銀行の担当者から聞いた真実

・銀行に相談してもムダな根拠

体験から知った内容を全てご紹介していきます。

あなたの住宅ローン審査がフラット35を含めて幅広い選択から、確実に通る方法に繋がることを願っています。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

1.変動低金利銀行で2回審査に落ちた私が住宅ローン審査を通過させた方法

2.勤続年数1年目という変動固定を選べない状況の親友が無事フラット35審査通過をした方法

可能性が低くても少しでも可能性を信じる。

この位の気持ちが大事。

迷ったら1を選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ