アフィリエイト

5人家族間取り新築計画失敗後悔注意点

スポンサーリンク

5人家族新築間取り失敗後悔注意点をご紹介していきます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

家族構成と新築間取りという悩みの中で、5人家族というパターンも意外と多いんです。

実際に、5人家族新築間取りをご相談頂くときには以下のような悩みも多いです。

5人家族新築間取りでLDKの広さはどのくらいが良いですか?

5人家族新築間取りで子供部屋が均等に出来ません、どうしたら良いですか?

5人家族新築間取りが決まりません。

4人家族の4LDKとは違い、5LDKとなると、新築間取りだけでなく、土地の広さとの問題も関わります。

私のサイトは、新築購入ご失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、サイトを運営しています。

新築マンション、一戸建て購入体験

新築住宅ローン審査を仮審査、本審査で落ちた後に通った体験

新築外構、カーテンを打ち合わせで決めずに節約、満足を感じた体験。

新築でハウスメーカーを解約して、違約金を取られた体験。

新築祝いのお返し、インターネット回線、引っ越しなどの苦労体験。

新築固定資産税、メンテナンス、修繕費等の入居後の苦労。

新築一戸建て住宅関連企業に務め、内情を知り、大工さんと話せた体験。

このように、実際に住宅を買った体験もマンションとの比較や現場の知識を有するからこそ伝えられる注意点を含めて各記事をご紹介しています。

今回の5人家族新築間取りについての注意点を以下の内容でご紹介しています。

新築間取りで5人家族によくある失敗後悔原因

新築間取りで5人家族におすすめの優先順位

新築間取りで5人家族を考える時おすすめの資料入手

以上の内容について、順に注意から解決にむける視点をご紹介していますので、じっくりご覧ください。

スポンサーリンク

新築間取りで5人家族によくある失敗後悔原因

5人家族新築間取り失敗後悔

スポンサーリンク

まずは5人家族の新築間取りで失敗後悔しやすい典型例をご紹介していきます。

少しでも自分たちの今の間取りの考え方に該当がないか確認するつもりで御覧ください。

新築間取り5人家族計画で失敗後悔は視点の問題!

5人家族が多いのか少ないのか?

この視点では、当然一人っ子家族よりもスペースを有すると言う考え方があっても仕方ないですよね?

しかし、この5人家族という視点を多くの方は、偏った視点で見ています。

・5人が一気にリビングを使用する環境ではどうなる?

・5人が同時に家に帰った時の玄関の広さは?

まるで、一斉移動ばかりを考えて、それぞれの世代ごとの動きのギャップは全く無視したような視点。

これでは、全く違う悩みが生まれるのです。

失敗公開する視点は以下のような内容。

・リビングに居て、上で子供が騒ぐのがうるさい。

・扉が随所に多くて、誰がどこにいるのか分からない。

・結果的に狭いと感じる場所の優先順位が違ったと気付く。

このように自分たちの想定していた時間とは違う時に、失敗後悔を感じることも多いのです。

ですから、まず最初に意識していただきたいのは、広さを考えておかなければいけないスペースへの優先順位。

この視点を大切にしていただきたいのです。

では具体的には、どの部屋を優先順位として決めていくべきなのかをご紹介していきます。

 

新築間取りで5人家族におすすめの優先順位

5人家族新築間取り優先順位

私がサイト内で伝えてるのは、見た目の立派な家つくりではありません。

家族みんなが生活しやすい安心して過ごせる家つくり。

この間取りを考える際、5人家族の間取りの優先順位をご紹介していきます。

5人家族新築間取り優先順位1位は家事動線確保

確実に考えなければいけないことは、以下のようなシーン。

・洗面脱衣所で洗濯物を片付ける時と入浴上がりの人の動けるスペース確保。

・キッチンに子供たちも押し寄せた時の狭いと感じない空間。

・洗濯物をしっかり5人分干すことが出来るスペース確保。

・ダイニングスペースから食べた人が避けられる偏らないスペース確保。

この4つは最優先です。

何故か?

家事動線を考えるなら、キッチンから脱衣場、トイレ、バルコニーへの経路がスムーズなが事が最も大切。

この移動に関わる1つ1つのスペースが狭いと確実に家事はしにくい空間になります。

ですから、水廻りに対する広さ確保を最優先にしていただきたいのです。

5人家族新築間取り優先順位2位は来客スペース確保

来客があるないではなく、家族5人がまとまった時間における退避スペースを作るという視点も大切。

候補にすべきは、以下のようなスペース。

・リビング横の和室スペース。

・2階間取りにさいようすべきフリースペース。

このような空間が1つあるだけで、家族が5人いっぺんに全て1箇所に固まるリスクを防ぐことも出来ます。

わかりやすいグループでは、上の子達用スペースと下の子達用スペース。

このように分けてあげると世代別の時間の使い方にも活用しやすいのです。

こうしたスペースがあると、万が一の来客時にも、余分な荷物を一時退避させることも出来ます。

ですから、来客の有無の問題ではなく、退避スペースを確保する事が、新築間取りの成功に近づく1歩なのです。

5人家族新築間取り優先順位3位は玄関収納確保

5人家族が最低限の靴を入れられる収納スペースを確保する。

これが非常に難題。

・女の子のおしゃれさん。

・男の子の衣装持ち。

パパママがそれぞれオシャレ大好きな家族を作ると、下駄箱はあっという間に足りなくなります。

もちろん、ここは子育てや家族の所有物の削減をしていく努力で出来ることもあります。

しかし、こんな事をお構いなしで増やすのが、思春期の子どもたち。

いくら言っても、買い物をやめない子供も居ますよね?

こんなタイミングと重なる悩みが、以下のような事例。

・部活の荷物

・部屋に入れる事が難しい季節物

・少しサイズのかさばるような靴。

このようなモノを購入されたら、ひとたまりもない。

あっという間に、荷物置き場となってしまう玄関スペース。

ですから、玄関収納の確保は、いろいろな使いみちが出来るくらい余分なスペースを確保することが大切なのです。

ではこうした間取りを考えても、実際に実例をネットで探してもわからない。

こんな悩みをもつ方にオススメをご紹介していきます。

 

新築間取りで5人家族を考える時おすすめの資料入手

まず、新築間取りで5人家族を構成するには、一体何が必要なのか?

この答えになる資料を入手する方法をご紹介していきます。

新築間取りで5人家族構成を考える基本は木造にあり!

自由設計という新築間取りですが、実は木造と鉄骨は大きく自由度が違います。

ボックス工法を採用してる会社も多い最近の住宅市場。

時代の流れで、5人家族の新築間取りでできる事を知るためには、木造を知らずに正しい認識は出来ないのです。

そして、木造住宅の基本として、今の住宅市場を私も再度勉強し直したのです。

だからこそ、今の住宅で出来る間取りの在り方から、今の家の間取りにたどり着くことが出来ました。

私自身が初心に戻って木造一戸建て勉強を兼ねて手に入れた無料の資料にて、この具体的な資料をご紹介しています。

思い込みではなく、勝手な理想でもなく、現実感のある間取りを作り上げるためには、基本を知る事が最も大切。

少しでも将来の変更の手間を減らすためにお役立て下さい。

このページでお伝えしたかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク

新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ