アフィリエイト

新築子供部屋失敗後悔|暗いを防止するコツ

スポンサーリンク

新築子供部屋暗いという悩み対策について、このページをご覧頂き有難う御座います。

子供部屋位置により、明るさ・暗いが悩みになっている方も多いです。

しかし、土地の形状も周りも日当たりが良いはずなのに、暗い

このような購入後失敗後悔を子供部屋で感じる方もまだまだ多いんです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、マンション,一戸建て購入体験,現場経験から各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築の子供部屋が暗いという悩み対策に、この記事では、以下の内容をご紹介しています。

新築一戸建て子供部屋が暗い失敗後悔原因

子供部屋を方位ごと明るく暑さ寒さ対策をしてあげるコツ

子供部屋を明るく見せるレイアウトのコツ

等をご紹介しています。

ぜひ、新築間取り設計時の参考にしてください。

スポンサーリンク

新築一戸建て子供部屋が暗い失敗後悔原因

子供部屋 暗い明るい 新築一戸建て失敗後悔

スポンサーリンク

「子供部屋を作ったけど、日が沈むくらいの時間には、どんどん暗くなってしまう。」

こんな悩みが子供部屋の悩みに圧倒的に多い新築一戸建て後悔。

なぜこんなことになっているのでしょうか?

新築子供部屋が暗い原因1.内装

新築子供部屋が暗い原因というと、ついつい窓やカーテン等に最初に目がいきやすいです。

しかし、子供部屋を暗い環境にしてる要素は内装にもあるのです。

具体的には、以下のような選び方も原因の1つ。

・新築子供部屋の壁紙にキャラクタを使ってあげた。・新築子供部屋のドアは、汚れ防止の意味でも暗い色を選んだ!

・新築子供部屋の床材も汚れが目立ちにくい暗い色にした!

確かに、部屋の内装を暗くすることで、髪の毛やホコリといった汚れは目立ちにくいケースもあります。

しかし、その真逆で、柄や暗い家具は、部屋を単純に暗い環境にするという課題には目を向けていなかった。

このような単純な想定ミスが原因で、新築子供部屋は暗い環境になりやすくなっています。

新築子供部屋が暗い原因2.梁

下の画像を御覧ください。

新築子供部屋暗い原因

光の入り方が部屋の中心にしか無いことがわかると思います。

この原因は、単純に窓の配置ミスです。

新築子供部屋が暗い原因と窓の関係は、このように考えます。

・2方向の窓はなくても大丈夫!

・壁の中心に鉢すれば光は届くはず。

・目線の高さに合う大きめの窓があれば大丈夫!

これらは、全て子供部屋が暗い環境を作る原因となる勘違い!

根拠は?

光は真横から差し込むことは西日以外ありませんよね?

東の部屋でも日中は、屋根の上から光が指します。

つまりは、目線の高さに対して有効な光は、窓の付近にしかありません。

さらに、直線方向に指す光は、両サイドを照らしてくれません。

1つの窓が大きくても、光を取り入れる事が出来る量は限られます。

新築子供部屋を暗い環境にしたくないなら、日照時間と角度を想定して高さや位置、大きさを決めることが重要なのです。

新築子供部屋が暗い原因3.災害意識

近年、日本国内では、自然災害、地震などが地域を問わず突然訪れています。

そこで、注目されがちなのが、耐震グッズ。

中でも、つっぱり棒で家具と天井をつなぐような防災グッズが増えました。

子供部屋では管理が出来ないだろうと、背丈の低い家具を選ぶより先に、突っ張り棒を使える家具を配置。

すると、部屋は当然狭くなりますよね?

さらに、家具に照明や太陽光が当たれば、影を作ります。

子供部屋に該当する影の面積と歩けるスペースを比べてみて下さい。

ほとんど人が歩く隙間がない学生の部屋も多いんです。

これが、3つ目の原因。

つまり、家具のレイアウトによる影や家具の高さ上昇がきっかけで新築なのに、子供部屋は暗くなっているのです。

では続いては、正しく新築子供部屋の窓を選ぶコツをご紹介していきます。

子供部屋を少しでも明るく見せる。暗いなぁと思わせないコツを各方位ごとにご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て子供部屋を北側に位置する時の窓の配置注意点

子供部屋間取り北配置窓の注意点

北は、採光が一番難しい位置。

この内容から、北西に子供部屋や居住用の部屋を用意するのは絶対やめましょう。

子供部屋であったとしても、できる限り、といういずれかの窓の配置をするのが理想。

例えば、東と西、東と北といった感じに東・南は可能な限り基準にしてあげてください。

部屋として機能させる上で、東からの採光は目覚めの問題からも非常に大切。

逆に西日は暑さ対策を含めて、東西のような風の通り道になる事ができない場合は、極力控えてあげましょう。

 

新築一戸建て子供部屋を南側に位置する時の窓の配置注意点とは?

新築一戸建て視線の失敗窓の高さ

南西方位や南東方位に子供部屋を配置する際のコツをご紹介していきましょう。

採光の問題から窓の配置は、南は絶対に付けましょう。

南西の場合は、西日を気にして、小さな窓にしがちですが、南からの日差しの入る時間は一日の中で少ないのが現実。

ですから、

西日を直接見なくていい高さからの採光を意識した窓を用意してあげましょう。

となりの家が平屋だったり、いない環境であれば、大きく作ってあげて、

厚手のカーテンで西日対策でも十分だと思います。

南の窓による換気を出来る配慮は忘れないようにしてあげてください。

 

新築一戸建て子供部屋を真東・真西側に位置する時の注意点とは?

新築一戸建て失敗後悔注意点

真東・真西の子供部屋にするのは、正直オススメしません

その根拠は?

少しでも方位的に北東なり、南西なりの方位に面さない部屋は、子供部屋に限らず、本当に真っ暗な部屋になってしまいます

実際、東からの日差しだけで考えられるのは、朝日から日中昼前の時間のみ。

子供が自分の部屋に帰る時間には電気なしでは居られないほど真っ暗になってしまいます。

十分窓の配置に気をつけてあげてください。

では次は、窓の工夫にプラスする部屋を明るく見せるレイアウトについてご紹介していきます。

 

子供部屋を明るく見せるレイアウトのコツ

子供部屋明るく見せるレイアウト

子供部屋を暗い環境にしたくない!

そのための子供部屋の壁紙や収納配置テクニックをご紹介していきましょう。

子供部屋を暗くしない収納配置テクニック

子供部屋の方位別配置はどこであったとしても、メインでクローゼットを構える位置をご紹介しています。

その配置は、

南・東に面する窓の正反対の壁が最も有効。

根拠は?

南の窓なら、北が暗いスペース。

東の窓なら、西が暗いスペース。

この両者とも日差しは、比較的入りにくい2方位。

ですから、

このスペースをデッドスペース化しても暗くなる心配はありません。

逆に、

窓の配置の下になるような東、南に収納は避けましょう。

もったいないので、窓の配置を変えて、有効活用することをオススメします

子供部屋を暗くしない壁紙選びテクニック

上の写真をみて、どうも暗い部屋って感じがしませんか?

この写真に使っている壁紙は、白よりベージュっぽい色合い。

子供部屋についつい考えがちな思考としては、

汚れが目立ちにくいために少し色のある壁紙を使ってあげよう。

この考えこそが、全く逆に暗い部屋への近道

壁紙の交換は、大した金額にはなりません。

妻は子供が壁紙を汚すことをかなり気にしていました。

しかし、私は妻に

「子供が壁紙を引き裂いたり、傷つけても絶対怒る必要ない。必要なら交換すればいい!」

「成長に合わせて壁紙変えるくらいでもいいから放っておいてくれ!」

こう伝えました。

この発言の根拠は、私の体験談。

私が実際マンション購入の際、強い地震が有り、組み立て中の家具が倒れて壁紙を傷つけた経験があるのです。

壁紙交換代は、1万円位

そんな金額で人部屋分を変えてくれました。

壁紙交換を恐れて生活する必要はないのです。

壁紙交換を恐る心配をくらいなら、よっぽど暗い部屋で育つ子供の気持ちを心配してあげましょう。

明るく見せる壁紙選びなら、間違いなく白に近い色合いがベスト。

少しでも光を取り込んだとき反射するような色と素材感を選んであげてください。

きっと、この条件下を満たした家つくりができれば、暗い部屋にはならないと思います。

暗くなる心配が最初からわかっているスペースがあるなら、そういう場所ほど、

パントリー

階段

トイレ

などの活用にしてはいかがですか?

家を住みやすく快適にする家つくりのためのあなたの喜びを身近に感じられるようなページを今後も頑張ります。

この他、新築子供部屋の失敗後悔を心配してる方の為に、新築子供部屋失敗後悔13の原因と対策法もご紹介してますので、見落としが無いかお役立て下さい。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ