アフィリエイト

寝室レイアウト6畳8畳後悔注意点まとめ【画像付】

スポンサーリンク

寝室レイアウト6畳8畳の参考について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

寝室レイアウト6畳8畳で悩まれる方の中にはこんな悩みもも多いです。

・寝室レイアウトと風水のバランスが気になる。

・寝室レイアウトでタンスや収納はどうすればいい?

・寝室レイアウトでオシャレを感じるポイントは?

こうした空間的な悩みだけではなく、運気等も気にする方が増えた現代。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築購入体験を通じて情報を公開しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

寝室レイアウト6畳又は8畳で考える際のポイントや後悔しやすい注意点を様々な角度からご紹介していきます。

寝室レイアウトで風水を気にする方におすすめの配置

寝室レイアウトでオシャレを感じる為に配置に注意すべき内容

寝室レイアウトで収納やタンスを配置する後悔対策

寝室レイアウトで6畳8畳中間の実例画像紹介

以上の内容について、ご紹介してますので、寝室レイアウトで後悔しないポイントをチェックするつもりで活用して下さい。

スポンサーリンク

寝室レイアウトで風水を気にする方におすすめの配置

寝室レイアウトと風水のポイント

寝室のレイアウトにおける風水に必須のポイントをご紹介していきます。

寝室レイアウトで風水的に効果のある配置注意は頭

私も風水が好きで積極的にどの部屋に寝る時にも神経を使っています。

「子供部屋のベッド配置などについても風水的に困らない配置にしてあげたい。」

こんな選び方をしたほど、風水という内容について、過敏な部分も持っています。

その私が寝室のレイアウトで風水を気にした部分で最も注意したのは、頭の向き

頭の向きが、北若しくは東になることが風水的にもレイアウトには人を問わずオススメ。

北枕は、リセットするという意味であることも風水を学びながら知りました。

ですから、ベッドのレイアウトを考えるなら、頭の向きをベースに考えてあげて下さい。

寝室レイアウト風水を気にするなら、窓も要注意!

ベッドの配置を考える際に、掃き出し窓を寝室ベッド近くに配置してる方も多いと思います。

1つ注意点があります。

あまり窓に近すぎるベッド配置を最初に想定してしまうと動きが取りにくくなります。

上の画像でも、ベッドの奥にテーブル等が配置されていますよね?

このような配置なら、ベッドの向きを90度変えることも可能な奥行きが有ります。

ぜひ頭の向きから風水を考える上で窓との距離感には注意してみてください。

・睡眠の質

・カーテンを巻き込むリスク

・バルコニーへの移動経路確保

あらかじめ移動経路確保として意識しておくことが重要です。

窓の配置について、新築主寝室窓の配置注意点

スポンサーリンク
でもご紹介してますので、興味のある方は御覧ください。

では続いて、寝室に収納やタンスを用意する方への注意点をご紹介していきます。

 

寝室レイアウトでオシャレを感じる為に配置に注意すべき内容

寝室レイアウトのオシャレに多い誤解

寝室のレイアウトをおしゃれに仕上げる。

ヒントをつかむために、ホテル客室のベッド配置を参考にしたい!

こんな発想をしている方も多い現代。

しかし、6畳や8畳のレイアウトを考える時のポイントが有りますので、ご紹介していきます。

寝室レイアウトのおしゃれの参考にするべき予備知識

まずは、6畳8畳という広さのレイアウトを考える際の参考データの確認ポイントをご紹介していきます。

6畳と言う広さを参考にするには何平方メートルを基準に参考にすべき?

この考え方をする際に、ついついホテルの客室でこんな誤解をしてる方も居ます。

10.9平方メートルが正しい6畳分の広さ。

しかし、ホテルをレイアウト的に参考にする時は、38平方メートルや40平方メートル。

これでは、全体で21.9畳分の広さから概算を考える計算になっています。

つまり、ホテルなどのレイアウトから寝室の想定イメージを作るのは非常に難しい。

この視点を持たず、イメージだけを先行した考え方をすると、大きく失敗します。

寝室の6畳8畳は、実際の広さをしっかり展示場や見学会で把握しておきましょう。

寝室レイアウトのおしゃれの軸を決める

寝室レイアウトでおしゃれを考えるなら、何もかもを考えるのはやめましょう。

・ベッド

・カーテン

・壁紙

・床材

どのパーツを一番目立たせたいのか主役を決める事が重要。

寝室レイアウトのおしゃれが逆効果になる後悔原因

寝室のレイアウトで最も部屋の範囲を取るのが、ベッド。

でも、その周りの壁紙が主張する部屋のレイアウト。

まさに窮屈感を感じやすい典型的な後悔原因となります。

大きなバルコニーに繋がる掃き出し窓の存在。

カーテンを高級に仕上げておしゃれを演出。

なのに、ベッドカバーも力を入れて、主張のぶつかり合い。

これでは、目に優しくない全体がぼけやすいレイアウトの典型例となります。

寝室のレイアウトにおしゃれなベッドサイドテーブル

床材とマッチしたベッド枠。

しかし、全体を見渡すと、背の高いものばかりで、壁がベッド周辺には見えない空間。

これでは、1つ1つは、おしゃれでも、全体を見たら狭いと感じやすい後悔原因となります。

このように、主張の軸が無いと、どんどん全体はおしゃれの集合体のつもりがボケてしまいます。

寝室カーテン選びの後悔注意点

寝室ベッドサイズの選び方注意点

全体の中でも、主張しやすい物の選び方をご紹介してますので、興味のある方は御覧ください。

では続いて、寝室レイアウトに重要な収納の配置などをご紹介していきます。

 

寝室レイアウトで収納やタンスを配置する後悔対策

寝室レイアウトで収納やタンス配置注意点

寝室のレイアウトを考える際に、かわいい空間を好む奥様がこんなアメリカン系家具に魅力を感じてるケースも有ります。

しかし、たんすや収納配置は、かなり注意が必要です。

寝室レイアウト6畳~8畳に収納配置は現実的?

まず広さから考える収納配置についてですが、基本的に奥行きをしっかり保った収納を配置する。

この意識は徹底して頂きたいのです。

寝室に収納は配置したが入らない。

これが、一番後悔しやすい原因。

せめて、68cm位の奥行きがないと冬用アウターも満足にかけられない収納となります。

収納を配置するという目的を寝室レイアウトに入れるなら、確実に入る事と扉の種類選びは十分慎重にしておきましょう。

寝室レイアウト6畳~8畳に収納配置は買う?造り付け?

6畳~8畳寝室レイアウトの考え方には、基本は造り付けにして下さい。

何故か?

実際に収納家具等を寝室のレイアウトに入れる際には、以下の問題が注目されます。

・幅、奥行きなどのサイズ

・扉の有無等の配置

しかし、この問題よりも重視すべき事があります。

それが、地震等の自然災害時の倒れる等の被害想定。

実際に、私が新築マンションを購入した際にも可動式本棚を購入したんです。

そして、震度4以上の地震がありました。

すると、高さのある本棚だったあまり、横に振れてそのままベッドに倒れかかってきたのです。

あと数センチで体を直撃でしたし、体の代わりに壁に穴を開ける被害が出ました。

このような体験をしたからこそ、寝室の収納やタンスは確実に造り付けにより、地震等の災害にも備える

私はこの視点をしっかり入れた上での寝室レイアウトを新築一戸建てでは特に注意しました。

では最後に、新築一戸建て購入から現在の寝室レイアウトを画像付きでご紹介していきます。

 

寝室レイアウトで6畳8畳中間の実例画像紹介

寝室レイアウト6畳から8畳実例画像

6畳、8畳というスペースに興味関心を持たれる方が多い寝室の市場。

我が家は、中間の7.5畳で準備しました。

WICを入れたら、10畳になります。

では実際に寝室レイアウトを考えた流れをご紹介していきます。

寝室レイアウト6畳8畳の間7.5畳で考えた優先順位1.ベッドは壁つけ

我が家は、新築一戸建て購入時には、第2子出産間近の引越しでした。

単純に将来性で考えなければいけないのは以下の内容でした。

・添い寝でベッドガードを最小化するための配置。

・収納については、子供用の絵本置き場とおむつ等の予備置き場。

・今はもうありませんが、ベビーベッド配置予定。

このようなレイアウトを意識して考えていました。

ですから、壁つけのベッドという事で、東枕にするという風水を採用してレイアウトを決めたのです。

寝室レイアウト6畳8畳の間7.5畳で考えた優先順位2.家事動線

我が家も寝室には、掃き出し窓を用意してバルコニーに出る動線を用意してあります。

その際には、洗濯物を回収するという作業がありますよね?

ですから、このように考えました。

・寝室のレイアウトには、掃出窓周辺は荷物を置かない。

➔寝室カーテンを選ぶ際にも2倍ヒダでも選べる環境を用意。

・寝室のレイアウトで家事をするための配置では、子供と一緒に通りぬけ出来る幅をベッド周辺に確保。

こうすることで、実際にレイアウトを決めた結果は、家事としてもベッドのシーツ交換等もスムーズになりました。

実際にクローゼットは、入り口傍に設置して、子供が遊ぶのを避けることが出来ました。

主寝室寝室収納配置実例画像WEB内覧会

画像の一番左手に見えるのが、入り口。

画像の左から2つ目が私のクローゼット。

画像右隅にあるWICが妻や家族の備品用。

このように配置すると、子供たちがあまり遊ばずに済む事が解りました。

あなたの新築主寝室間取りの収納にもお役立て下さい。

寝室レイアウト6畳8畳の間7.5畳で考えた優先順位3.おしゃれの基準

おしゃれを意識しない事はありません。

我が家は、基本は壁紙でおしゃれを演出しました。

その理由は以下の内容にあります。

・ベッドは、主張させたくない。

・あくまで部屋が広く見えるレイアウトにしたい

・ふとした時に壁紙を見ても落ち着く色を使いたい。

普段の生活ではあまり意識もしない壁紙クロス。

しかし、気持ちが落ち込んだりした時ってついつい壁を見つめたりしませんか?

そんな時、暗い色や派手な色に包まれて寝るのはちょっと気持ちの切り替えにも難しいと思ったんです。

だからこそ、妻が落ち着く色を選んでもらいました。

これらが、私たちが寝室レイアウトを考えた軸になった優先順位となります。

みなさまも少しでも使いやすい生活空間の1つとして寝室を使いやすいレイアウトに仕上げて下さい。

この他にも寝室のレイアウトに関連する内容は以下をご用意しています。

寝室照明ダウンライドの選び方

寝室照明スイッチ配置のコツ

寝室窓の配置注意点

様々な想定を元にした寝室のレイアウトを大切にしてあげて下さい。

きっと、使いやすい寝室のレイアウトは数多くある中で、絞り込まれるはずですから。

寝室レイアウトで要らない物を置かない失敗後悔注意点!

我が家も実際に新築での寝室レイアウトを考えた際には、ベッドサイド等の使い方には迷いました。

候補として考えたのは、以下のような商品。

・スツール付のリクライニングチェア

・ベッドサイドテーブル

・簡易冷蔵庫

・化粧台

しかし、寝室をよりよい睡眠空間にしていく上では、こうした物は全く役に立ちません。

逆に必要となったのは、以下のような商品。

・加湿器

・除湿機

・子供の添い寝用の防水シーツ

・簡易本棚

子育て世代に置ける良質な睡眠を刷るために必要なのは、以下の条件を満たすものでした。

・子どもたちが風邪を引きにくい環境を作る。

・子どもたちが寝る前に他の物を触らない習慣付け。

・子どもたちの嘔吐やおねしょなどに夜間の手間を取らない環境配備。

このような環境を作っておくほうが、子育て世代の添い寝や子どもたちにとって、夜間起きにくい環境を作ってあげられるのです。

結果的に、サイドテーブルなどは全く使う必要がない。

そして、物が無い環境の方がより快適さを作りやすい。

このような結論に私たちは生活をしながら、寝室レイアウトのホテルなどとは違う生活しやすい環境を作る事が出来ました。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ