年収260万住宅ローン借入可能額や返済額

スポンサーリンク

年収260万での住宅ローン審査前の情報尾集めている。

ローンで借入可能な金額の計算ってどうすればいい?

住宅を購入する時に、ローンの借入金額に対する月々の返済金額も知りたい。

銀行に借入の相談をすれば、何か良い情報も教えてくれるのかな?

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

スポンサーリンク

住宅ローンに通らないし諦めるか!なんて夫婦で話し合いをしている人に私の体験も書いています。

住宅ローン審査に通らないなら諦める!はまだ早い|通過実践記

住宅ローンが払えないという悩みについてもご紹介しています。

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

家が買えないけど欲しいと思う人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

家欲しい貯金目安

家欲しいけど貯金はいくら?賃貸に住めない状況体験記

年収200万でマイホーム購入計画の物件の探し方もご紹介しています。

年収200万家を買う

マイホーム購入|年収200万で家を買う物件探しのポイントや買った後に幸せをつかむための注意点やコツ

住宅ローン年収200万円台借入限度額シミュレーション

年収200万円住宅ローン頭金なし借入可能額や月々は?通るコツ

年収450万の住宅ローン審査の28歳口コミもご紹介しています。

年収450万住宅ローン審査

年収450万住宅ローン審査通る申込額目安はいくら?28歳口コミ

住宅ローンは組み方を間違えると、生活がきつくなるのも現実です。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローン支払いがきつい人におすすめの対策法とよくある誤解や注意点体験記

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、年収260万住宅ローンについて、以下のような項目で解説しています。

年収260万円住宅ローン借入可能額目安

年収260万円住宅ローン審査前注意点

こんな考え方も必要ですが、まずは実際に生活に無理がない返済計画を立てる為の基本的な部分を知っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

年収260万住宅ローン毎月返済額

年収260万住宅ローン

住宅ローンが組めない状態にならないためは何を知るべき?

答えは、審査に申し込む時、通りやすい条件にする。

まずは借り入れ可能額の目安と生活に苦労しないための情報をご紹介していきます。

年収260万住宅ローン借入可能額目安

年収260万円の方は、実際にいくらぐらいの物件を目安に探すべきなのか?

大切にしてほしいのが、返済負担率と返済比率という用語。

これは、年収に対する返済の割合を意味します。

実際に、年収260万におすすめの年間返済負担率は、20%。

この数字を計算方法に当てはめると、以下のような形になっていく。

年収260万×0.2=52万円。

年収260万×0.25=65万円。

上記金額が年間に返済する可能額の限度。

しかし、上記金額には、以下のような生活に必要な費用を含まれていません。

生活費(光熱費、水道代等)

養育費や教育費

スマホ等の通信費

車の車検代や保険料

家を買うと、さらに賃貸の時とは異なる項目での出費もあります。

今の自分たちの生活をマイホーム購入後も維持するためにはどうすればいいのか?

この答えとしては、返済負担率で20%で計画するほうが無難。

根拠は?

以下のような項目が未来として未知数だからです。

将来の消費税増税の可能性

市県民税や所得税の増額

国保などの保険料アップ

年金額の変化。

よって、年間支払い額は、52万円を基準に目安を考えておきましょう。

年収260万円住宅ローン毎月返済額

52万÷12ヶ月=4万3千円

この計算から、毎月の返済額が、4万3千円に収まる金利を含めた借入額を期間35年で計算する。

年収260万円住宅ローン金利選択肢

年収250万円以上の男女向けには、フラット35以外の変動金利、固定金利等を選択可能としている金融機関もあるかもしれません。

しかし、金利の上昇により生活が破綻することを恐れる場合は、フラット35を選んでおくほうが無難。

年収260万住宅ローンシミュレーション

この結果は、以下の情報で確認可能。

年収260万住宅ローン毎月返済額目安

上記計算は、以下のような借入金額を想定したシミュレーション。

借入希望額:1300万

返済期間:35年

金利:フラット35固定金利

返済方法:元利均等

融資手数料:なし

保証料:なし

頭金:なし

上記データに基づく月々返済額は、41,741円

フラット35の特徴として、借入対象額の10%を頭金で出せば、その分金利は、0.5%下がります。

もちろん、固定資産税や税金や審査を利用した時の手数料なども一切支払いに入れない計算。

この金額が、年収に対する手取りで、どう影響するか?

当面の生活費や固定資産税等を含めて貯金を残すことも重要です。

さらに、仕事の転職や離職等による不安も考慮しておく事が重要。

このような計画を立ててほしいと思います。

 

住宅ローン年収260万審査前注意点

住宅ローン年収260万

手取りに気を遣い、仮に組むことが出来たとしても購入後にかかる固定資産税等住宅購入資金以外の部分は当然必要な計算がある。

マンションになったら、修繕積立金等のキーワードも重要。

こうした毎月必要な諸経費価格も物件により異なる。

こんな些細な購入後の住まいにかかる費用がマンションなどを手放す人の理由に多いのも現実です。

住宅ローン審査前注意点1.所有状況

まずは、年収と年間の支払いを考える。

以下のような内容は絶対に事前に明確な確認が必要です。

スマホの次回の契約更新や今の端末割賦払い残金。

クレジットカード保有枚数(3枚までが理想)

キャッシング枠を0円に変更。

リボ払い、3回以上の分割払いの使用を中止、一括精算。

借入全般(車のローン、消費者金融等の利用等)全ての残金確認と一括精算時期確認。

消費者金融利用歴と住宅ローン審査についてもご紹介しています。

住宅ローン審査基準消費者金融履歴が落ちる通らない理由

住宅ローンと消費者金融履歴|審査落ちた後でも通すコツ

国保、年金などの税金未納分の支払い確認。

何が問題になるかと言えば、これらすべてが年収260万でも必ず年間の支払総額にかかわるからです。

年間借入可能額のシミュレーションにおける目安は、こうした条件を一通りクリアにしたうえでの計算。

支払いが滞りがあったり、家賃の未納などが見受けられる場合は即座に事前審査の段階で落ちる可能性が高い。

つまりは、住宅ローン審査の前準備というのは、今の暮らしの中で、消費している金額をすべて見直す。

これが徹底されていなければいけないのです。

住宅ローン審査前注意点2.賃貸と比較

当然マンションは、購入費用の他にも管理費、修繕積立費などが別途入居後に支払いを必要とする。

一戸建ての場合も外壁塗装等のメンテナンス費用の準備が必要。

初めての家探しに計算に多い間違いがあります。

それは、賃貸と同じ感覚で金融機関の融資の借入金の返済のみを計算。

これは、完全にショートします。

早い方なら、数ヶ月で、借り入れの融資から今度は、一括清算の差し押さえや売却などの検討をはじめらるような悲惨な状況もありえる。

物件選びと審査への影響

年収260万住宅ローン審査

フラット35の場合は、資産価値が非常に重要になります。

中古物件では、500万円から600万円で購入可能な中古マンションが物件一覧の中には登場する。

このような物件をリフォームするのは本当に大丈夫なのか?

この時には以下のようなデータが必要になります。

  • 子供の通学距離や教育機関に向かう交通費の問題
  • 購入後のリフォーム資金
  • 親が仕事の通勤に使う経路の選択肢が多いか?
  • その土地の評価額が高いのか?
  • 固定資産税は高くないのか?

上記のような内容を多角度でデータを集める事が重要です。

老後までの生活基盤

  • 固定資産税が値上がりしているエリア?
  • 火災保険料の値上がりが激しい?
  • 修繕、修復に必要な費用が高い構造?

上記の内容は、賃貸で生活している時には無縁の内容。

こうした情報とプラスして、日ごろの生活の中での消費税増税や40歳以上の介護保険料支払い等も考えておく必要があります。

その人の生活スタイルや趣味、娯楽を維持するためにはどうすればいいのか?

一等地のマンションや高層階で暮らすことばかりが成功とは限らない。

遺族が残した不動産も税金が高すぎて手放す人が増えている。

物件は、購入よりも維持管理を想定しておくことがポイントです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

フラット35を少しでも審査が通りやすい銀行で申し込みをしたいと思う方には、下のページで案内しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

最後までこのページを読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ