アフィリエイト

住宅ローン平均年齢より大切な事

スポンサーリンク

住宅ローン年齢について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

住宅ローン年齢を気にしてる方の中には、以下のような悩みをもつ方も多い現代。

・住宅ローンの年齢の平均は何歳?

・住宅ローンの年齢と年収どっちが優先?

・住宅ローンの年齢は50歳、60歳でも組めるのか?

不景気とか平均とか日本人は他人を気にする事が実に多いのは住宅ローンも同じです。

私のサイトは、住宅ローンを含めて新築一戸建て購入体験や現場経験を通じて、新築購入後失敗後悔対策をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン年齢については、以下の内容でご紹介してます。

住宅ローンの平均年齢データに意味が無い根拠

住宅ローンの年齢を年収から考える正しい不動産購入準備

住宅ローンの年齢が50歳60歳でも組めるローンを選ぶコツ

それぞれの内容から、住宅ローン年齢についての誤解注意点などもご紹介してますので、お役立て下さい。

スポンサーリンク

住宅ローンの平均年齢データに意味が無い根拠

住宅ローン年齢平均の意味

スポンサーリンク

住宅ローンを組む年齢の平均が気になる方も多い現代。

しかし、平均を知る意味が無い根拠を私はご紹介していこうと思います。

住宅ローン年齢で平均を見る価値が無い根拠1.価値観

「住宅ローンを組んでまで家をもつべき?」

住宅ローンの平均年齢に意味が無いと言える最大は、価値観の違いです。

・住んでる地域は土地も安いし買いやすい。

・農家を辞めて、土地を活用したい。

・都心近くで土地から購入して住宅購入を検討する。

それぞれの住宅ローンに対する価値観は、同じ世代でも全く違いますよね?

しかし、日本人は、多くが平均を見て、決断を下そうとします。

もっと大切なのは、自分の住宅ローンを組んだ年齢から得られる幸せの価値。

平均年齢が高いなら、若い時は無理をしないほうが良いというわけではないのです。

住宅ローン年齢で平均を見る価値が無い根拠2.ローンの利用目的

平均年齢は、地域により大きく異なりますよね?

・過疎化が進む地域の住宅ローンを組む世代。

・人気の土地へ移住する働き盛りの世代が使う住宅ローン年齢平均。

・建て替えを使う2世帯住宅を建てる住宅ローン年齢の平均。

同じ住宅ローン年齢の平均も、それぞれ大きく変わる要素です。

特に建て替えをする住宅ローンを組む年齢は、地域により大きく違いますよね?

つまり、同じ住宅ローンを使う年齢でも全国全く違う事情を抱えているのです。

だったら、平均年齢なんて関係ないと思いませんか?

住宅ローン年齢で平均を見る価値が無い根拠3.タイミング

住宅ローンを年齢の平均で考えるには、無理がある根拠の最後は、タイミング。

2016年はまた新しい法案が動こうとしてます。

介護保険を全年齢対象に切り替える審議。

2016年の20代は、60代とは全く違う20代時代の生活をしています。

・消費税。

・昇給や賞与等の平均所得の違い。

・預金の金利

・バブル

実に様々な要素を含めた上で現代の世代は共存をしています。

つまり、住宅ローンの年齢を平均でみても、結果的には「自分の状況と類似する人との対象は難しい。」

ですから、結果的に年齢の平均を見ても説得力も購入の理由にもつながらないのです。

では続いて、平均年齢にも影響する年収という比較検討についてご紹介していきます。

 

住宅ローンの年齢を年収から考える正しい不動産購入準備

住宅ローンの年齢と年収の関係

住宅ローンの年齢を年収から考える際の失敗しないための選び方をご紹介していきます。

住宅ローンの年齢を年収から考える基準1.生活費

住宅ローンの年齢というのは、平均ではなく、子育て世代であることが大きいです。

何故か?

・近所付き合い。

・子育てしやすい環境。

・賃貸生活でのリスクの重さ。

特に、私自身も2児のパパになり痛感するのは、地方になればなるほど、賃貸生活に無駄が多い実態。

生活費は、子供が増えれば、単純に増えると思っている方も多いです。

しかし、生活費の中でも、光熱費、水道代などは、新築を購入した方が、格段に安くなりました。

ですから、年齢と年収から考えるなら、少しでも子供の有無を1つの要素に入れておくべきだと私は考えます。

住宅ローンの年齢を年収から考える基準2.転勤リスク

転勤リスクを抱えて、年収が上昇している業種も多数有ります。

会社の規模(店舗や支店数)により営業、管理職は代表的な存在ですよね?

転勤リスクがある方は、いくら年齢と年収が適齢期であったとしても、タイミングが難しい。

単純に考えていくべきです。

・転勤したら家を貸す事が出来そうな地域なのか?

・賃料を払う生活に不満があっても、落ち着く目安は何年後か解っている人。

・建てたい年齢と住みたい地域が合わないリスク。

上記のようなリスクを考えると、年齢と年収だけでは決断が出来ないのです。

少しでも、子供の学校を含めて、仕事の年収だけではない転勤リスクを整理しておくべきなのです。

住宅ローンの年齢を年収から考える基準3.金利

「頭金を増やす位なら、今の低金利ローンを使うべきではないか?」

2016年は30代にはこんな悩みも増えているのが私の周りでも顕著です。

やはり金利というのは、年齢と年収が落ち着いた時点が、一つの狙い目であることは事実。

しかし、金利が下がるという事は、他の条件も動く時代。

・貸し渋り

・保証条件変更

・返済比率の厳格化

当然のことながら、銀行も借入を増やしたい反面、貸し倒れリスクを恐れるという難しい駆け引きが住宅ローンの年齢にはあります。

もしあなたが、年齢と年収というバランスで適齢を感じるなら、今の状況で審査を受ける事も1つの方法だと私は2015年以降の顕著な低金利市場では感じました。

では最後に、住宅ローンの年齢を50歳60歳という時期に考える方のための情報をご紹介していきます。

 

住宅ローンの年齢が50歳60歳でも組めるローンを選ぶコツ

住宅ローンの年齢50代60代

住宅ローンの年齢は、完済時年齢に上限が有ります。

つまりは、返済能力を問わず、以下のリスクが考慮されるのです。

・契約期間中に死亡するリスクと回収できる年数とのバランス。

・持病等を抱えやすい世代への住宅ローン回収リスク。

いくら年金を沢山もラエル予定者や退職金を豊富にもらえる可能性を秘めた50歳60歳でも本人が無くなったら損をするのは銀行。

結果的に、貸し倒れリスクよりも、完済額へのリスクが心配されてしまいます。

ですから、銀行が50歳、60歳の案件を選ぶには50歳より60歳の方が頭金の有無の問題以前に高まっていくのです。

住宅ローンの年齢を50歳60歳で通すためのチェックポイント

まずは、住宅ローンの年齢を50歳,60歳以降で通らないと言われない為に必要な事を覚えておくことも重要。

・健康条件に指摘を受けている場合は危険!

➔2世帯住宅なら、名義を譲ることも大切。

・早期退職を検討してる

➔退職金の予定額を提示できるか?も重要。

・区画整理で将来土地が減るリスクを抱えてる。

➔年齢問わず、土地の市場価値を見極めておく事も重要。

以上のような状況や条件を考慮して、自分たちだけという心配より通せる申込金額を正しく理解する事が重要と言えます。

住宅ローンの年齢を50歳60歳で通すための申込方法

50歳60歳なら、早期退職を検討してる方もいらっしゃいます。

だからこそ、通すためには、以下の要素を心配しておく必要があります。

「銀行の営業トークに翻弄されないようにする。」

どうやって銀行の担当者と話もしていないのに、決められるのか?

それは、住宅ローンに2度落ちた私が通過した方法が最も有効だと私は確信しています。

根拠は、以下の一言が全て。

住宅ローン審査は、結局銀行による決定権は無い!

つまり、銀行は自分の会社の商品すら、まともに決定権を有していないのです。

だからこそ、年齢から考える以下の心配は除外しすべきです。

・近所の銀行。

・付き合いがある銀行。

・年齢の限界

・銀行の扱う平均年齢

本当に心配するべきは、以下の内容のみ。

・あなたが今の住宅ローンを組んでから、生活が安定できるか?

・住宅ローン審査を受けて買う住宅に老後の安心は持てるか?

たったこの2つだと私は伝えたいのです。

最後には、買ってよかったといえる家でなければ、住宅ローンを年齢が平均以上の50歳,60歳で購入数r理由になりませんから。

あなたにとって、満足できる家が完成する事を願っています。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ