アフィリエイト

火災保険見直し相談窓口選び方は要注意!

火災保険保険料値上げで見直しをするならネット見積もりがお得な根拠

この記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

火災保険の見直しをしたい!

火災保険は店舗があった方が安心なはず。

こんな逆に損をする発想を持っている方も多い現代の盲点をご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーです。

火災保険保険料値上げを期に更新時期で見直しを検討している方へ知っておくと、保険料が下げられるチャンスについて、

火災保険保険料見直し相談窓口はネットを使うべき根拠

火災保険保険料見直し相談窓口で店舗を使った失敗談

火災保険見直し相談窓口をWEB申し込みで賢く進めるコツ体験談

以上の内容でご紹介していこうと思いますので、改正後の火災保険保険料選びの参考にして下さい。

スポンサーリンク

火災保険見直し相談窓口はネットを使うべき根拠

火災保険保険料値上げ見直し

火災保険の保険料率はどのように変わっているのか?についてご紹介していきます。

火災保険保険料見直し相談窓口にネットがおすすめの根拠1.ユーザー第一の目線

36年一括払いがあった時代を想定した火災保険保険料率は、もう終わりを迎えようとしてます。

では、36年一括保険料率があった時とは違い、保険料値上げの動きがさらに厳しくなる2015年10月以降の値上げにどう対処すべきかをご紹介していきます。

ネットで火災保険保険料見直しをする最大のメリットは、第三者的会社を使えること。

保険を案内するどの窓口にも、やはりおすすめの主要取引先というのが多いのが一般的。

中には、

・ノルマも無し

・会社指定無し

という会社も少しは有りますが、その会社が近くにあるとは限りません。

しかし、

ネットであれば、誰にでも平等なサービス提供者として、保険の案内人を作る事が可能なのです。

つまりは、

火災保険もネット申込だからこそ、

・主要取引先を持たない。

・誰もが住所を問わず使うことの出来る公平なサービス提供場所。

こうした環境に変わってきたのです。

火災保険保険料見直し相談窓口にネットがおすすめの根拠2.迅速な最新サービスの提供

火災保険保険料の見直しもまだまだ営業所単位では以下のリスクが有ります。

・営業所全員に即座サービス提供を認知させる事は難しい(休みの都合のため)

・営業所全員がどんなサービスであるかを説明する事も難しい

この状況で、あなたがもし、サービス開始が前日から始まっていた場合は、せっかくお得であなたのような方にこそ最適なサービスが案内されずに終わる可能性もあるのです。

営業所単位では、その時その時間でしか案内ができないのが最大のリスク。

ですから、

WEBというネット申し込みを行う事で、数日間の猶予の間に、最適な火災保険を保険料を含めて見積もってもらう。

こうしたサービスの方が、より最新のサービスを聞き出す上で、確実性を増すのは間違いないのです。

火災保険保険料見直し相談窓口にネットがおすすめの根拠3.営業所廃止のリスクが少ない

ネットと営業所単位で比較していくと、火災保険保険料は、更新時期は早くなりました。

しかし、

その更新時期に、店舗がその場所にあるとは限りません。

最終的には、WEB上の手続きに行こうせざるを得ない可能性があるのです。

その場合は、

また新たなサービスを探す手間も時間も必要とします。

その分、ネットサービスは、

・いくら担当がやめてもデータ化されたサービスで日替わりの担当者で案内可能

・店舗に足を運ぶ必要が無いため、将来的にもコンタクトはスムーズ。

・店舗に比較して、ネットのページが変わることはあってもサービス停止リスクより、会社統合の可能性の方が高い

よって、

店舗のように、行き場を失うリスクは限りなく少なくなるのです。

では続いて、店舗での火災保険保険料の値上げ後の見直しがネットで楽だったことをご紹介していきます。

 

火災保険見直し相談窓口に店舗を使った失敗談

火災保険見直し相談はネットで楽だった体験

火災保険の見直し相談窓口として店舗を利用した際に起こった失敗体験をご紹介していきます。

火災保険見直し相談窓口に店舗を使った失敗1.紹介ですら運試し

誰かが使ったという安心から火災保険の相談窓口に行く方もいると思います。

しかし、

私の知人が全国展開している保険の相談窓口に行って良かったという話を聞いて、私も足を運びました。

でも、彼が足を運んだのは、2年前。

そして、

その時の担当者はもう出世をして現場にはすでにいませんでした。

さらに、

私達を担当してくれた方は、頼りないという言葉を使わざるを得ない情報量の方でした。

・同じ店舗に行ってもこうも人によって違うのか?

・店舗に足を運んだ時間と労力が無駄だった。

・子供をあやすという事だけで神経がすり減った。

まさに、行く価値を全く感じる事が出来ない状況となってしまったのです。

ですから、

店舗というのは、本当に運試しが続く事を十分意識しておく事をお勧めします。

火災保険見直し相談窓口に店舗を使った失敗2.情報の遅延

情報が全員に周知されているのか?

正直火災保険の保険料改正などは、突然起こるケースも多いのです。

・震災発生後の保険料見直し。

・老朽化需要による保険支払い増加からの見直し。

・解約者が増えた時の全体の収支からの見直し。

実に様々な要素があり、保険料の見直しは行われていきます。

ですが、

店舗には即時その情報が下りてくるとは限りません。

ですから、

店舗は行く日を1日ずらすかどうかだけで情報が手に入らないケースもあるのです。

これが2つ目の失敗談となります。

火災保険見直し相談窓口に店舗を使った失敗3.過疎化の影響

統合されている店舗も数多くあります。

閉店後に誰がどこで対応してくれるのか?

見直しをしても、長期契約が出来なくなった現代。

火災保険の見直し相談窓口は長期運営される店舗も少なくなりました。

・人口減少

・一戸建て住宅減少

・マンションなどの増加

こうした状況では、火災保険の相談窓口は徐々に過疎化の影響から閉店に追い込まれてる地域も多いのです。

ですから、

少しでも長期に相談が対応してもらえる場所に相談する事を考える。

この視点からもネットでの相談が今後のネット社会の変化に柔軟に対応するためには、必要不可欠と言えるのです。

では続いて、

実際に火災保険見直しの相談窓口をネット上で行う際のコツをご紹介していきます。

 

火災保険保険料をWEB申し込みを賢く進めるコツ体験談

火災保険見直しをスムーズに行う方法

火災保険保険料をWEB申し込みで済ませる上で、より賢く進めるコツを体験談からご紹介していこうと思います。

火災保険保険料見直しをWEBでスムーズに進めるコツ1.メールは必ず担当者でなく、会社宛。

火災保険保険料見直しも、人と人のやり取り。

しかし、

個人あてのメールアドレスでやり取りをしては、営業所と同じ。

休みの日は担当不在と資料が手元にないので、と言われても仕方が有りません。

そこで、

WEBでの火災保険見直しをスムーズに進めるためには、会社宛のメールアドレス送信を通常のやり取りに使います。

そうすることで、

誰が見てもわかってもらえるように出来るのです。

火災保険保険料見直しをWEBでスムーズに進めるコツ2.メールは必ず引用返信メール

火災保険保険料見直しをWEB申し込みで進める為のコツ2つ目は、引用メール。

メールというのは便利ですが、引用されていない場合は、過去のやり取りを探さなければいけなくなり時間も手間も負担をかけます。

よって、

引用メールベースにする事で、誰がその1回のメールを見たとしても、過去のやり取りの履歴を即座確認できる。

これは、あなたにとっても過去の忘れを防止する意味でも有効。

そして、

相手にとっても、

・ニーズの明確さ

・比較対象の明確さ

・絞り込みの進捗情報

これらを全て一回のメール開封で認識することが出来ます。

よって、

双方に時間のムダを省くために、引用メールは非常に大切になります。

これが私が実際に体験談からわかった火災保険保険料を相談する際に賢くWEB申し込みをするためのコツだと言えます。

「では実際、どんなサイトがより確実なサービスを提供してくれているのか?」

この答えは、火災保険見直しにもしっかり注意して欲しい火災保険の6大リスクとともに、

火災保険値上げ相場と6大リスクの考え方とおすすめWEB申込方法

にてご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

あなたにとって、より見直しが満足に変わるサービス提供者になってくれる事を私は確信しています。

この会社がなぜ安心できるのかを含めてご紹介していますので、どうぞじっくりご覧ください。

以上で私がこのページでご紹介したかった内容を終わります。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ