アフィリエイト

新築費用抑えるべき節約ポイントと失敗後悔しない選び方

スポンサーリンク

新築費用を抑える節約ポイントと投資ポイントを体験談からご紹介しております。

新築費用抑えるという目標を持つ方の中には以下のような悩みも多いのです。

新築費用抑える方法は何か無いのか?

新築費用抑えると失敗後悔しやすいポイントとは?

新築費用を抑えない方がいい物は何?

こうした新築購入前の費用をかけるパーツの選び方についての悩みも大変多いのです。

私のサイトは、新築購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような経験を活かしたサイト運営をしております。

新築マンション、一戸建て行入体験。

新築住宅ローン審査に仮審査1回、本審査1回落ちた体験と通したコツ体験。

新築カーテンや外構等の通販に頼らない失敗後悔注意点を体験から確信。

新築建売住宅関連企業に従事した知識や経験、大工の声等を聞いた体験。

全ての経験や現場で培った知識を元に、1つ1つの記事における失敗後悔注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私が、新築マンション購入、新築一戸建て購入共に経験をした立場として、この記事では、以下の内容をご紹介してます。

新築費用抑えるべき節約ポイントをご紹介

新築費用抑えるべきではない節約ポイントをご紹介

ぜひ何に投資して何を節約するのかを含めて、参考にして下さい。

スポンサーリンク

新築費用節約ポイントをご紹介

新築費用抑えるべきポイント

スポンサーリンク

新築費用で抑えるべきポイントをまずはご紹介していきます。

新築費用抑えるべき節約ポイント1.作り付け棚

新築費用で抑えるべき最初のポイントは、収納の1つでもある作り付け棚。

なぜ抑えるべきか?

造り付け棚の場合は、特に、将来性への配慮の難しさ

具体的には、以下のような内容は要注意。

・将来家具配置を変えることへの制限。

・日当たりや風の向きによる窓等の配置換えを難しくする。

・もし劣化や破損をした際の壁紙一体の補修工事への負担増加。

住んでからの変更をし易い環境で、新築を購入する。

この点を十分視野に入れておく必要があると私は体験談を通じて強く実感しました。

新築費用抑えるべき節約ポイント2.室内ドアのランクアップ

室内ドアのランクを上げる事も正直オススメできません。

其のために払う住宅ローンを考えるくらいなら、後々の劣化や破損、交換時期を見越した予備金にしておくことをオススメします。

室内ドアも一生ものではないのです。

ですから、あまり見た目を良くすることだけを考えた室内ドアのランクアップは将来への投資になりにくいので、よく考えましょう。

新築費用抑えるべき節約ポイント3.外構費用

外構費用が抑えるべき根拠は、特に住んでからでしかわからない事情が多いから。

特に、住んでから悩みやすい悩みは、以下のような内容。

・外部からの視線対策の有無。

・雑草の生え方の規模。

・砂利による整備の方が暑さ対策にもいい場合。

・アプローチ等を使った際の間口の広さの希望や荷物増加。

・車庫や倉庫等の屋外用荷物置場の需要。

こうした事情は、とにかく住んでからが一番ベスト。

自分たちの生活しやすい環境を作るための新築戸建てを目指すなら、移動動線を含めて、

・駐車場の位置

・浄化槽配置

この2つ程度で決める内容は十分だと私は自分の購入体験談から確信しています。

その他は、無駄な投資を防止する意味でも費用を抑えるポイントに入れておきましょう。

新築費用抑えるべき節約ポイント4.カーテン費用

カーテンを打合せの中で、高額商品ばかりで驚いている方も珍しくないのです。

「でも、後に買うのが面倒だし、カーテンは必要なはず。」

正直、この思い込みは、失敗後悔の大きな原因の1つ。

ですから、あえて、高いカーテンなどは選ばず最低限の付いている状態を確保。

この程度で考えても失敗後悔は無い事を強くお伝えしたいと思います。

新築費用抑えるべき節約ポイント5.壁紙

新築費用の中で悩まれる事が多い一つに壁紙クロスも代表的な悩みの1つ。

壁紙をランクアップするオプション費用にする事。

この点については、私は、以下の部屋に関しては、節約すべきと考えます。

・リビング

・子供部屋

・主寝室

・廊下

等生活に密着した環境の場所については、正直壁紙クロスは節約すべきポイント。

根拠は?

・将来アクセントクロスの進化と共に良い商品が出てくる可能性

・壁紙クロスの張替えやリフォームは安価であること

・壁紙クロスに投資しても見え方は、照明や日差しで大きく変わる可能性もある

自分たちの思っていた空間と違うと言っても、正直、お金をかけた時には、諦めるしか無い空間になりやすいのが、壁紙クロス。

ですから、将来的にはリフォームしやすい壁紙クロスは、先に費用をかけるべきではないと私は考えます。

では続いて、新築費用で抑えるべきではないポイントをご紹介していきます。

新築費用抑えるべきでない節約ポイントをご紹介

新築費用抑えるべきでないポイント

特に私が新築費用を抑えるために入れてほしくないポイントをご紹介していきます。

新築費用抑えるべきでない節約ポイント1.外壁

外壁は、正直、かなりランニング経費に反映します。

最低は、コストゼロですが、最高は、もう1軒家が買える位30年以上住む家なら変ります

これだけ費用の違いがあるので、ぜひ外壁は、コスト削減に入れないでしっかりいい物を選んで下さい。

新築費用抑えるべきでない節約ポイント2.水周り

お風呂、キッチン、洗面台、トイレ、外構用水道配管、等家には、様々な水周り配置が必要になります。

これらの商品をランクアップするのは、しっかり目的を決めているなら、投資しましょう。

理由は?

やっぱりこういう機能があった方が便利だった!

新築費用を抑えるためにランクを下げたせいで、ランクの上の商品を知ってしまった後ではかなり失敗後悔の原因になります

我が家も実際、妻にキッチンを選ばせましたが、システムキッチンのランクなどは、私は全く口を出しませんでした。

毎日家事をする妻が使いやすい生活しやすい環境を整えない方が、将来必ず苦労や愚痴の種になる。

この回避に、投資をしたのですが、今は大満足の家に妻も毎日家事も掃除や手入れもしっかりやってくれています。

満足できる商品だからこそ、価値を実感して、大切にしてくれる。

こんな体感は、特に水周りは顕著。

ですから、水周りは、絶対と言っても過言ではないですが、節約すべきでないと私は伝えたいのです。

新築費用抑えるべきでない節約ポイント3.換気システム

24時間の換気システムという言葉が様々な工務店やハウスメーカーで聞こえる時代。

この響きに、「特別意味が無いはず。」と思っている方も居ます。

しかし、住んでから、以下のような悩みも当然見込んでおく必要があります。

・空気清浄機があった方が良いのか?

・花粉対策が欲しくなった。

・外部からホコリが舞いやすい家だと思わなかった。

配管工事が必要な工事であるからこそ、後々に付けるのは、かなり大掛かりで面倒な工事の一つ。

ですから、使う使わないに問わず、今は標準や多少のオプションくらいであれば、より生活しやすい環境の確保のためには、投資すべきである内容となります。

新築費用抑えるべきでない節約ポイント4.照明の数

照明の数という言葉で、あえて限定している点を説明していこうと思います。

新築費用に必ず入ってくる照明及び配線工事費用。

照明は、決して安くないですよね?

新築費用を抑えるつもりの間違った行動の典型は、

ついつい間違った選択をしやすいのは、1つ1つの照明のランクをあげたら、節約するしかない状態。

→その結果、数を減らして費用を抑える調整をした

これは、絶対にしてほしくないのです。

何故か?

そのせいで暗いと感じやすい空間が出来る方が逆に失敗後悔につながりやすいから。

明るすぎるなら、予備として使わずに置いておくことも照明は出来ます。

費用を抑える事が、新築照明の場合は、数の削減ではない

この点を意識して頂きたいと思います。

最も注意すべき節約と投資のバランスとなるのが、メンテナンス費用に関わる内容。

新築メンテナンスコスト削減に最も重要な内容は何?まとめもご紹介してますので、興味がある方はお役立て下さい。

以上のポイントを最終的な決め手の悩みの解決法に向けて活用していただければと思います。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ