新築家の外観失敗後悔,気に入らない注意点まとめ

スポンサーリンク

家の外観で失敗後悔が多いポイントと対策法をご紹介しています。

新築家の外観について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築でも中古でも家の外観について悩む方はこんな事を心配している事が多い現代。

新築でも家の外観で失敗後悔する原因は何ですか?

新築の外観で気に入らない人たちは何を悩んでいるのですか?

こうしたご質問を頂きました有難うございます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築購入体験を通じて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築でも家の外観における失敗後悔の原因についての内容をご紹介していこうと思います。

新築なのに家の外観が気に入らない失敗後悔する原因1.外壁へのこだわり

新築なのに家の外観が気に入らない失敗後悔する原因2.汚れ等のメンテナンス

新築なのに家の外観で失敗後悔する原因を回避する為に必要な準備と対策

以上の内容について、ご紹介してますので、ぜひあなたの転ばぬ先の杖に活用してみてください。

スポンサーリンク

新築なのに家の外観が失敗後悔する原因1.外壁へのこだわり方

新築外観気に入らない失敗後悔の原因で外壁の問題

スポンサーリンク

新築外観が気に入らない失敗後悔の原因最初の課題は、外壁。

特に、外壁の中でも問題が多い内容をご紹介していきましょう。

新築外観が気にいらない失敗後悔の多い色No1は白

「白い家にあこがれて、内装も外壁も外観に関するサッシなども全て白にした」

こうした選び方も最近は珍しく有りません。

しかし、逆に白という色だからこそ、解釈の幅が広くなることも失敗後悔や気に入らない大きな原因。

オフホワイト

ホワイト

この2色もどちらも白。

さらに、

・日当たりからも見え方。

・影になった場所の白の目立ちやすさ。

等様々な要素が白は、課題になりやすいのが、現実。

よって、新築外観デザインを白で選ぶ際は、自分の中でも曖昧さを持ちながら期待し過ぎない心づもりも対策法と言えます

新築外観が気にいらない失敗後悔の多い原因は形状

素材的に新築外観が気に入らない失敗後悔となってしまう要素は、形状にも有ります。

昔からある塗装系の外壁では、必然的に凹凸も出ます。

しかし、

「フラットに見える外壁を選ぶことを珍しさを含めて、選んだせいで失敗後悔した。」

こうした声も少なくないのです。

原因は?

「安っぽく見える」

「閉鎖的に感じる」

「デザイン性を感じられない」

こうした意見に変わりやすいので、注意して欲しいのです。

新築外観が気にいらない失敗後悔の多い原因は〇〇風

新築外観をカントリー調な外見に仕上げたい方に多い表現が、〇〇風の建物。

南欧風

洋風

カントリー風

この文字で見る憧れと現実に見た時のギャップは、大きい方が多いのが現実。

原因は?

カントリー調の建物を写真やイメージ画像で見るのと全く違った。

この意見が圧倒的に多いのです。

何故か?

カメラや動画で捉える光が入った時の見え方と人の視力や視覚でとらえた色は必ず同じとは限りません

よって、

晴れ間の日当たりが良い綺麗な外観を見せられたイメージが抜けないまま外観を選ぶ。

⇛建物が建った自分の土地等の条件に対する見え方の違いにギャップを感じてしまうのです。

対策法としては、外観イメージは全体の形的要素やアクセント要素にとどめら解釈をしておく。

この心構えが大切だと私は相談者の声などを聞いて痛感しています。

新築外観が気にいらない失敗後悔の多い原因は外見+アルファ

外観で選ぶ。

外見は良い。

しかし、以下の内容を添えて考えると失敗後悔に転じた。

こんな事を忘れていませんか?

・セキュリティ対策。

・通りやリビング掃き出し窓から見える目線対策。

・通りに面した場合の通行人からの視線。

外観に素敵な窓!

なのに、下を歩く人から丸見えになる家の外観。

この価値の高さは、生活イメージに沿った外観選びになっていないことが大きな原因。

・子育て。

・3交替の仕事。

・照明が付いた時の通りからの見え方

・自分の家を通りや周辺から見た時のセキュリティ意識。

このような1つ1つが、家の外観を景観だけでは、生活する上では満足させてくれない失敗後悔原因。

ぜひ生活を軸にした外観を選んでみて下さい。

では続いて、新築外観が気に入らない失敗後悔と感じる原因2つ目としてのメンテナンスに要する課題をご紹介していきます。

 

新築なのに家の外観が気に入らない失敗後悔する原因2.汚れ等のメンテナンス

新築外観が気に入らない失敗後悔原因雨風の影響

新築外観が気に入らない失敗後悔を生む次の原因は、生活していて普通に考えて置かなければいけない内容。

私は、この失敗後悔の原因は、ちょっとリスク説明をもう少ししていない営業等もいるのでは?と思ってしまいます。

新築外観が気に入らない失敗後悔を痛感した台風や雨の日の翌日

新築に住んで、雨風をしのげた快適な環境が過ごせた瞬間には、「新築ってやっぱりいい」と感じている人も多いでしょう。

しかし、

外に出て、家を見てみると、

・水滴の水垢が顕著に目立つ壁紙

・突風など風の強い日にホコリ等が外壁の凹凸にこびりついた光景

台風や梅雨時期を迎えたら季節が過ぎたら、外観イメージも変わってきた。

こんな悩みも決して少なくないようです。

この点についての外観イメージ対策は、確実に外壁の素材選びが重要な要素。

新築外壁選びでランニングコストの違いはこんなに違う?

でも外壁種類毎のメンテナンスコストの違いをご紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

新築外観という課題は、住んでからも失敗後悔にならない心構えと計画。

こんな言葉を伝えておきたいと思います。

では最後に、新築外観で気に入らない失敗後悔しない為の準備と対策についてご紹介していきましょう。

 

新築なのに家の外観で失敗後悔する原因を回避する為に必要な準備と対策

新築外観における失敗後悔の原因要素には、多くが、色の明るさを含めたイメージとの違いの意見が多数あります。

新築外観を成功させるイメージとはどうすれば良いのかをまずはご紹介していきます。

新築外観で失敗後悔しない対策法1.自分たちの建てたい近くでサンプリングする

実際の家の様子を見ていく中で、多くの方は、カタログやパンフレットのイメージだけで選んでいる方も多いです。

しかし、

重要なのは、イメージより実物。

よって、

必ず自分の建てる地域の近くでの同じ会社が建てた新築外観を確認する。

私たちは、実際何棟かの同じ色の建築を見せてもらいました。

新築時の家

築3年くらいの家

違いがどの程度出てくるのか?

カタログやパンフレットと実際ではイメージがどのくらい違うのか?

こうした点を含めて、じっくり見てみました。

その結果に基づく決め方をしたおかげで、イメージとおりの新築外観を手にする事ができました。

重要なのは、近い商品ではなく、ほしい商品を使った建物を確認する。

この考え方を再優先して下さい。

新築外観で失敗後悔しない対策法2.外壁ツートンカラーは慎重に選ぶ

最近は、ツートンカラーで仕上げる新築外観も増えてきました。

しかし、

ツートンカラーこそ、日当たりに左右されやすい典型的な失敗後悔の原因の1つ

ですから、

安易にツートンカラーを採用して、サッシとの色合いをCADで安心するのは控えることを強くオススメします。

特に、

バルコニー周辺へのツートンカラー

1階2階の外壁変更

コの字住宅の外壁種類変更

このようなパターンは、正直イメージと違うという意見が多いパターンの1つ。

原因は?

・ツートンカラーの境目のイメージが違うこと

・影になった部分の色がぼやける感じに失敗後悔を感じる可能性があるから。

こうしたパーツ的な外観イメージを意識できていないと気に入らない3段カラーみたいに見えてしまいます。

ぜひ日差しや角度、見え方にも気をつけて新築外観を決めていきましょう。

新築外観で失敗後悔しない対策法3.自分たちの思う高級感を追求する

新築外観で失敗後悔しない為の対策として最後にご紹介したいのは、自分たちなりの高級感を感じる色を選ぶこと。

黒が好き

茶色が好き

ベージュが好き

どんな色でもいいです。

問題は、

家の外観の色にした時に、あなたが、高級感を感じるか?

何故色に高級感を感じる必要があるのか?

自分たちが住む家であるより先に、周りへの目を考慮してしまうのが、新築外観。

ですから、

あなたが思う高級な色であれば、かわいいでもかっこいいでも無難でも無いので、将来にわたっても見栄えが落ちにくいのです。

逆に無難で可愛い色、かっこいいベーシックな色等高級感とは全く違う目線では、正直飽きます。

さらに、新しい物と比較した時、自分たちで選んだのに、其の家を否定するきっかけにもなります。

高級感は、年齢とともに培われても、全く否定されるほどひどい変化にはなりにくい色の一つ。

ぜひあなたが、憧れる家の色を選んでみてください。

きっと、

飽きないし、失敗後悔する気に入らない家にはならないと思います。

この記事以外における新築外観に関する記事は、

新築外観をおしゃれにするコツ

新築外観のデザインでこだわるポイント

新築外観の色を決める時のポイントと注意点

新築外観の色を黒にした風水的末路

新築外観は人気ほど要注意?

新築外観をカフェ風おしゃれに仕上げるメリットデメリット

新築外観モダンで失敗後悔と成功の違い注意点

新築外観タイルのメリットや選び方注意点

以上の内容をご紹介していますので、あなたの気になる記事を是非チェックしてみてください。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ