新築外構工事費用diyは節約失敗?後回しで得する方法

スポンサーリンク

新築外構節約術の一番の近道は後回しがおすすめの根拠体験記をご紹介していきます。

新築外構工事は、依頼するタイミングも費用相場も心配がつきない方も多いのが現実。

しかし、新築外構工事費用は、簡単に節約する方法が有ります。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築購入体験をふまえて、各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私自身の体験記を元にして、この記事では、外構費用節約をDiyで検討してる方の失敗後悔原因をご紹介していきます。

目次は、以下の内容となります。

新築外構節約には自分で又はdiyがおすすめできない理由

新築外構節約におすすめの方法

新築外構節約で住宅ローンを使わずに得する方法

以上の内容から、ご紹介していこうと思いますので、ぜひあなたの新築外構工事費用の目安にも参考にして下さい。

スポンサーリンク

新築外構節約には自分で又はdiyがおすすめできない理由

新築外構費用節約にdiyや自分でやることをオススメしない根拠

スポンサーリンク

新築一戸建て外構費用節約のために自分でdiyはオススメできない理由をご紹介していきます。

外構費用節約目的に自分でdiyのリスク1.外構でのトラブル時の不安

外構費用節約を目的に、自分で説明書などを見ながら、diyで取り組むというのも楽しいのかもしれません。

しかし、最初に私が心配してしまうのは、外構からのトラブル。

具体的には、「倒れるリスクがある外構部材」を自分でdiyした場合。

こうした時には、保証を含めて、リスク回避もしっかり把握しておくことが大切です。

外構費用節約目的に自分でdiyのリスク2.トラブル時の保険対象外への不安

外構費用を節約したい目的だったのに、トラブルが発生した際の保険を使う際には、diyは対象外

こんな内容もしっかり把握しておく必要があります。

・倉庫を準備した時の雨漏りによる破損。

・強風や台風等の風災による近隣への損害リスク

・破損した時の修繕費用への保険

こうした内容が、全く未知数なままその場の節約だけを目的にすると大きな出費が待ってる可能性もあります。

ぜひ外構費用節約における自分でdiyは、慎重に検討して下さい。

では続いて、新築外構費用を節約したいなら、最初にオススメしておきたい方法をご紹介していこうと思います。

 

新築外構費用節約おすすめの方法

新築外構費用を節約する為におすすめの対策法では、特に大切にして欲しいのは、「後回し」という考え方。

その根拠を私の体験記からご紹介していきます。

新築外構費用が後回しで節約成功した事1.アプローチ

新築外構アプローチは、特に、人からも見えるし、印象的にも残りやすい大切な場所。

ですが、見た目以上に、家に入るための人が歩きやすくするべき場所である事が重要。

よって、自分たちの理想の見た目ばかりにとらわれて決めてしまうと結果的には、綺麗でも使いにくい空間。

こんな失敗に繋がる可能性もあるのです。

ですから、後回しにしておく事で、自分たちに取って歩きやすいスペースを確保した上での見た目の目線での好みを再確認する。

この方がより節約するポイントを定めやすくなります。

新築外構費用が後回しで節約成功した事2.目隠し

新築外構では、オープン外構という言葉もあるほど、今は外構にあまり手を入れない家も増えてきました。

一昔前のような以下のような外構工事は今は減っています。

・高いコンクリート積み上げの塀。

・高い生け垣。

・中のみえにくいフェンス。

一見すると、重厚感のある高級住宅に見せる効果も生みやすい目隠し効果のある外構。

しかし、中からの景色は、全く逆の効果もあります。

・閉鎖感を感じやすい

・もし万が一助けを呼びたくても中へ入ってもらわなければ解らない

・メンテナンス費用は、かさみやすい

・劣化した際には、目立ちやすい

・コストが節約とは逆の状況になる

このような考え方からすると、目隠しを考える外構工事を後回しにする事で、

・自分の目線で欲しい高さ

・見えてほしくない角度

・目隠しに最適な部材

こうした具体的要素をが見えやすくなります。

ですから、後回し効果は、必然的に外構工事費用の節約効果を生むことになるのです。

新築外構費用が後回しで節約成功した事3.砂利や人工芝等の選び方

私達が新築一戸建ての外構を考える時にも、地面をどうするのか?を特に悩みました。

新築外構における地面には、以下の様なやり方が代表的

・コンクリートによる外構工事

・ブロックを組み合わせる外構工事

・砂利(防犯砂利含む)を敷く外構工事

・人工芝を敷く外構工事

こうした中を考えてる時は、ほとんど見た目のイメージ画像が中心の考え方でした。

しかし、実際新築一戸建てに住んでみると、

・小さな子どもにとっても歩きやすいのはどれか?

・子供がころんだ時に怪我をしにくい状態とは?

・防犯砂利を敷いても聞こえるのか?うるさくないか?

・コンクリートでは暑くないか?

・土のままなら、水はけはどうか?

・人工芝では、虫がつかないか?

様々な課題が山積してきたんです。

住む前に勢いで決めてしまう外構工事費用に節約があるとは私は体験記からも思えません。

よって、

確実に新築外構費用を節約する方法を考えるなら、私は「後回し」が最高の選択肢になると思います

では最後に、私達が、後回しにした外構費用で見積もりを取って、良かったと思える方法をご紹介していきます。

 

新築外構節約で住宅ローンを使わずに得する方法

住宅ローンに新築外構費用を上乗せしておくという考え方をする方も多いと思います。

しかし、

私達が体験した事からお伝えするなら、この方法も逆に損をしています。

具体的には、

新築外構費用は、住宅ローンよりも安い金利のローンも実在するという事。

キャンペーンを実施している場所では、2000万円までの無金利ローン対応なんて文字も有ります。

しかも、住宅業界大手のメーカーが実際に企画しているケースも有るのです。

ですから、住宅ローンに外構費用を上乗せする方が、損だった!

こうした体験をしたことになったんです。

私達が実際に、無金利ローンの対象として、外構工事の見積もりを取ることが出来た方法については、

新築外構費用を格安で提供しているおすすめの会社と見積りのコツ

にてご紹介しています。

新築外構工事費用を節約する一番の近道は、「出来る費用とやりたい内容を明確化する

この天を意識してぜひ後回しを基準に探してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

320人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ