アフィリエイト

LEDダウンライト配置新築主寝室照明実例画像付注意点

スポンサーリンク

LEDダウンライト主寝室照明について、このページをご覧頂き有難う御座います。

新築住宅購入やリフォーム時に迷う事も多い1つに照明選びが有ります。

中でも、寝室という普段使わない居室でのおしゃれを追求するとこんな悩みも多くなっています。

・LEDダウンライトの配置で失敗後悔の原因は?

・主寝室にLEDダウンライトは暗い?寝れる?

・主寝室のLEDダウンライト照明スポット注意点は?

普段の日常生活がほとんどシーリングライトばかりを使用していると、イメージが出来ない悩みも多いのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築購入体験,現場経験などを通じて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築注文住宅主寝室の照明はダウンライトでおしゃれにするのは難しいですか?

こんな質問をいただきました。有難う御座います。

早速このページで、新築主寝室LEDダウンライト照明について、以下の内容でご紹介していきます。

新築一戸建て主寝室照明選び方のおすすめは?

新築一戸建て主寝室照明LEダウンライト配置のおすすめは?

新築一戸建て主寝室照明選び方失敗後悔の多い注意点とは?

新築マンション、一戸建て購入体験談を元に解説しています。

あなたの新築一戸建て住宅配線計画検討の情報収集の1つとしてお役立てください。

スポンサーリンク

新築一戸建て主寝室照明選び方のおすすめは?

新築一戸建て主寝室照明選び方おすすめ

スポンサーリンク

新築一戸建てにおける主寝室照明選び方のおすすめを寝る位置の高さに合わせて解説していきます。

新築一戸建て主寝室に寝る位置が高めのベッドを採用予定の方におすすめの照明

まずは環境的な要素を中心に解説していきます。

・寝るときのベッドは高い位置になるようなベッドを好む。

・引き出し付き等のベッド枠を採用する予定である。

こんな方にとってのおすすめの照明選び方を解説していきます。

新築主寝室にベッドを使う予定の方に私がオススメする照明タイプは、調光型LEDダウンライト。

根拠は2つあります。

新築主寝室ベッドで寝る位置が高い方に採用者にLEDダウンライトをおすすめの理由とは?

シーリングも明るさには十分可能性もあります。

しかし、やはりベッドという場所を考えた際に、照明交換への配慮

この点について私は実家の生活でも、マンションの生活でも苦労してきました。

ベッドは硬さを問わず多少沈みます。

その時、照明交換は非常にしづらいのです。

その違いは、年齢とともに顕著になってきます。

この点、ベッドの直上に配置する必要のない、ダウンライトであれば、配置の工夫一つで交換も非常にスムーズになります。

もう一つは、照明からの距離を近づけてしまい、光の調節に悩むリスクを減らす為。

特に、上の画像に紹介したような、吊るすタイプでおしゃれを演出したい方には、要注意

新築主寝室で照明を使いたい用途は寝る前のひと時くらいですよね?

特に寝る前のひと時、相手が寝ているそばでも気兼ねなく暗めの照明を使いたい時は、照明との距離は必須。

現代のように調光もできるLEDダウンライトが価格的にも比較的安くあるなら、積極的に採用すべきだと私は思います。

新築一戸建て主寝室に寝る位置が低めのベッドや布団を採用予定の方におすすめの照明

主寝室での寝る空間が、以下のような条件の方には、照明選びも悩みが減ります。

・ベッドを低めにするのを好む。

・ベッドは使わない、布団で寝る事を好む。

こうした主寝室環境におすすめの照明の選び方について解説していきます。

この場合は、シーリング(豆球必須)を選ぶこともLEDダウンライトを選ぶことも可能。

何故か?

・LEDダウンライトは、焦点の決まった商品である事

・布団のような床面に面するような位置まで光をしっかりスポット上に当てるのは苦手な商品。

しかし、布団を自由に設置しやすい角などにおいては、照明スポットの配置ミスを軽減できる。

1点生活習慣における優先順位に影響する事があります。

それは、読書。

部屋全体を好きな光の量で調節できるシーリングライトの方が、布団のように寝る位置が低い場所を好む方にはお勧めです。

では続いて、スポット的要素の高くなる主寝室のLEDダウンライト配置のコツを解説していきます。

 

新築一戸建て主寝室照明LEダウンライト配置のおすすめは?

新築主寝室LEDダウンライト配置おすすめ

とあるショールームでの画像を引用させていただきましたが、私の理想的な配置になっていると思い、推奨の意味を込めて解説に使わせてもらっています。

私がオススメする新築主寝室LEDダウンライト照明配置のコツ

よく見るLEDダウンライト配置は、ベッドの中間や足元あたりに2つ配置するパターン。

私の家も実はそのような配置になっています。

しかし、

実際、使いやすいかというと、そうでもありませんでした。

私たちは、普段はほとんど使わず、ベッドの枠に付属している照明でことが足りているのが現状。

その理由は?

主寝室に光が欲しいスポットは、ベッドではなく、ベッド周辺である。

この点を最優先に決定する必要があるのです。

条件的には、まさに上の画像なら、その通り。

ベッドを取り囲み、周辺の家具や手荷物を確認できる配置に仕上がっています。

非常に生活に密着した計算がされたLEDダウンライトの照明配置だと私は思います。

では最後に、新築手寝室による照明選び方失敗後悔の原因について解説していきます。

 

新築一戸建て主寝室照明選び方失敗後悔の多い注意点とは?

新築 注意点

最後に、新築主寝室における照明選び方や配置の失敗後悔になりやすい内容を解説していきます。

新築主寝室照明選び方失敗後悔1 デザイン性優先で光が届かない

新築主寝室に照明を配置して、欲しいスポットは、先程も解説したように、寝る周りの環境。

しかし、おしゃれを追求したあまり、

光の広がりが足りないから、実生活に機能せず、さらにコンセントを使った間接照明を要する。

なんて失敗後悔を避けるようにしましょう。

新築主寝室照明選び方失敗後悔2 ベッドサイド照明多様はスイッチが面倒

ベッド周りの照明にこだわりたくなる人がついつい採用しがちなのが照明数の増加によるおしゃれの演出。

新築一戸建て主寝室照明選び方失敗後悔

つまりは、こういうことですね。

照明による演出には、左右対称というデザインもあります。

しかし、

・左右をバラバラの照明スイッチにしなければいけない事を忘れていた

・手元照明スイッチのみで、部屋に入るときには、不便だった

・上向きの証明を選んだら、足元に欲しい光は少なくて、目が悪いと何も見えなかった

等結果的に照明の機能を果たせないただのおしゃれグッズになっている場合があるのです。

この点は、よくあるので注意してください。

新築の中でも特に主寝室を綺麗に魅せる要素は照明ではなく、全体のレイアウト

照明は、あくまでも、

あなたと家人がいかに生活しやすい空間にするための設備配置が出来るのか?

こちらの問題の方が重要になるのです。

問題点をしっかり見極めて、理想の手寝室を仕上げてみてください。

この他、主寝室については、

新築主寝室の悩み検索結果

にて記事一覧を確認できるようにしています。

主寝室については、

・コンセント

・窓の配置

・壁紙クロスの選び方

等の工夫も解説していますので参考にしてください。

あなたの新築一戸建て計画がより生活しやすい快適空間に仕上がることを願っています。

この他にも他の居室とのバランスも気になる方は、新築リビング照明にLEDダウンライト配置の注意点もお役立て下さい。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク

新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ