新築一戸建て間取りが気に入らない時におすすめの行動体験記

スポンサーリンク

新築一戸建て間取り気に入らない時のおすすめの対応法をご紹介しています。

新築一戸建て間取りを決める際に、実際の流れの中では間取りが気に入らない時のおすすめの対応をご紹介していこうと思います。

私達も実際、この間取りの決定から不信感がどんどん募ったので、皆様には後悔や失敗の種にならない様、情報公開したいと思います。

ぜひ、皆様の要望を整理する上での情報収集としても活用してください。

スポンサーリンク

間取りが気に入らない時の対応1 他社のプラン提示

新築一戸建て間取りが気に入らない時

スポンサーリンク

最初のご紹介は非常に難易度が低くさらに簡単にプラン提示がされやすい条件です。

しかし、これには、ポイントもありますので、ご紹介していこうと思います。

着手承諾後の提示には注意が必要!

着手承諾を交わす前の段階で、契約前の間取りプラン提示が納得できない場合でしたら、この内容をぜひオススメ。

しかし、着手承諾後のプランに納得できない時は注意して欲しいのです。

理由は、

着手承諾後では、あくまでも契約した会社と話を進めるという前提契約状態。

ですから、

あまり荒波を立てて欲しくないので、もし他社のプランを出すとしたら、これから紹介する方法を使ってください。

「契約前にいくつか会社を回った際に、参考に出されたこういうプランはできませんか?」

これを出したから、必ず近い物が完成するかは、会社の考え方や建て方にもよって異なります。

その内容が通らない様子が伺えるのなら、次の手を出してみましょう。

 

間取りが気に入らない時の対応2 契約解除の提示

契約に基づく内容として、契約解除が出来ないということはありません。

「たかだか間取りで契約解除はやりすぎじゃないのか?」

これは、間取りを過小に捉えすぎていると私は言い切れる自信があります。

その根拠は、

間取りに納得がいかない家では、

・いかにいい家具を買い揃えても

・いかに自分たちがその間取りに合わせて生活しても

・いかに割り切り気持ちを養おうとも

最後には、不満が起こり、結果住みたくない家にまで気持ちが発展してしまう程重要な要素だから。

この状況に陥る方々の声を知恵袋等でご覧になる機会は皆様もあると思います。

ですから、

間取りが自分たちの思う内容と違う物しか出てこない。

これは、立派な契約解除理由として成立する理由となり得る程大きな問題

契約解除を申し出た際に、どのように相手が出てくるのかを予測しながら、次の対応をご紹介していきましょう。

 

間取りが気に入らない時の対応3 設計等担当者変更

この契約解除を申し出た際、相手はさすがにこの事態を放置はできないと重い腰をあげると思います。

その場合には、通常では有り得ない担当者変更が可能な事があります。

実際、私も契約解除の申し出をした際に、営業担当だった方の不備をお詫びされて、

「SVである私に任せてもらえませんか?」

と言われた事があります。

もうこの時は、間取りとかの次元ではなく、信用も何も無かったので、解除しましたが、担当替えはあり得るというのを実感しました。

しかし、

営業が変わる事も、設計担当が変わる事も簡単な事ではないので、こうした事態に限るとも言われました。

こうした状況下まで、事態が運んでも結果的に「自分たちの納得できる間取りができない」なら、私は、この会社とは契約解除をすべきだと思います

私は、決して皆様に対して荒波を立ててほしいのではありません。

しかし、

安易な我慢と納得もして欲しくないのです。

理想の家作り。

この言葉には、「十分あなたの理想が詰まった家になっているか?」

という答えが含まれなければいけないのですから

では、最後に、こうした間取りが納得できない会社と契約しないための対処法をご紹介していきましょう。

 

間取りが気に入らない時の対策編 契約前の確認事項

最後に、このような事に皆様がならないようにするための対処・対策法をご紹介していこうと思います。

私が、実際会社選びの内容の重要項目にも当てはめた内容を皆様にご紹介していこうと思います。

何も伝えていない状況で出てくる間取りこそが最も重要

まず、前提として欲しいのは、

ハウスメーカーにしても工務店としても、

「手間が掛からない、できるだけシンプルな方が楽でいい。」

そう考える方が居てもおかしくない。という事。

それを通り越して、

あなたのライフスタイルを聞いていくだけで、あなたに満足してもらえる「間取りサンプル」が出てくる事こそ最も重要な要素

私は、現在建てた家の間取りには非常に満足しています。

・性能

・子供との生活しやすい空間創り

・プライバシーを確保出来た空間

・水回りからの家事動線のしやすさ

・来客対応

・世帯人数の洗濯物から考えれば余るバルコニー。

・子供が騒いでいても気にならない1階2階の配置

この中で、私が注文して変更・修正した間取り内容は、バルコニーの規格を少し広くしてもらっただけ

私は、この方のおかげで家が完成したとまで言える程今も契約中も感謝しています。

あなたもそんな方に出会えるはずです。

安易な決断ではなく、しっかり人よりサンプル間取りを確認する習慣を付けて下さい

これが、私が皆様に間取りにおける後悔・失敗を防ぐ最適な方法だと思います。

この他にも、ハウスメーカーにおける体験談として、

新築一戸建てにおけるキャンペーン活用のコツ

新築一戸建て住宅購入に値引き交渉は可能なのか?

などにも費用に関する事などは記載しています。

インテリアにおける気になることは、

リビング照明ダウンライトの配置や工夫のコツ

リビング壁紙クロスのコーディネートのコツ

等も人気が高い注目の内容ですから、ぜひチェックしてみてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ