アフィリエイト

新築一戸建て購入準備に絶対にやるべきこと5選失敗対策と成功法

スポンサーリンク

新築一戸建て購入準備ですべきこと5選体験記をご紹介しています。

・新築一戸建てを購入しようと思ってる

・これから色々一戸建て購入の準備していこうとしている

という方のために最初に準備として行うべき行動5選を私の体験からご紹介していますので、情報収集のひとつにお役立てください。

スポンサーリンク

新築一戸建て購入準備1 自分の身の回りを確認

新築 一戸建て 購入準備

スポンサーリンク

まずは、住宅購入に必要な手続きの段階で転ばないように先の杖で、おすすめの準備として皆様に必ずチェックしてほしい事があります。

1.住宅ローンに通る金額を予想して考える

自分のほしい家も土地もある程度めどがついてから、住宅ローンが通らない状況では苦労や心痛が非常に辛くなります。

私も数社断られた際には、つい自暴自棄になりかけた瞬間がありました。

やはり、

新築一戸建て購入に向ける最初の準備は、資金管理の中でも、身の回りの整頓が何より大切。

自分の身の回りにおけるチェックしてほしい項目とは?

クレジットカードの保有枚数の確認

一昔前よりは緩和されていますが、使用していないカードは必ず解約手続きを勧めましょう。

使うカードであっても、必ずキャッシング枠は0円にしておくことを強くオススメします。

車、ショッピングローンなどを出来れば一括精算しておく

他社ローンがある場合、住宅ローン減額、又は、審査通過不可能になる可能性がありますから、しっかりこうした自分の現状の負債を認識したり、0にする努力が最優先となります。

では、こうした自分の身の回りの状況が整ったら、次におこなっておいていただきたい事をご紹介していこうと思います。

準備としてまだ住宅を見て欲しいのではなく、また住宅ローンについての知識を認識・覚悟に変える事を優先していきましょう。

 

新築一戸建て購入準備2 住宅ローンシュミレーションを確認

新築一戸建て購入準備

では、新築一戸建て購入準備の次の段階として、住宅ローンシュミレーションをご紹介していきましょう。

住宅ローンは、通常35年ローンを利用予定の方も多いと思います。

その際に、

できる限り一括精算や繰り上げ返済を繰り返せる返済プランを見つける

実際の金利をシュミレーションにて確認する

自分の理想の金利が見えてくる事が非常に大切だと私は体験談からつくづく実感しています。

私が実際に使っていた住宅ローンシュミレーションサイト

とにかく身近に残っている支払いの状況をしっかり洗いざらい整理する。

こうした事をしておきましょう。

では、次に新築一戸建て住宅を購入する際の準備3をご紹介していこうと思います。

 

新築一戸建て購入準備3 自己資金の確認を明確に

新築一戸建て購入準備3については、自己資金の明確さを中心にお届けしておこうと思います。

新築一戸建て購入準備の資金管理はこう考えよう

住宅ローンを組むことだけでなく、新築一戸建てには、どうしても逃げることのできない手続きにおける費用などもあります。

・印紙代

・住民票、印鑑証明などの手続き費用

・頭金

・通帳のコピーを提示する際の預貯金の出し方

・司法書士などへの手続き代行費用

・長期優良住宅申請用の書類作成費用

こうした小さな金額の積み重ねが、100万、200万と膨らんでくるのが住宅を買うということ。

ですから、

ポイント1.まずは自分の支払っておける金額は、住宅ローンに入れない努力をしておきましょう

新築一戸建て購入準備の資金管理は生活費も考えよう

新築一戸建てを購入して引渡しを受けたらもう安心。なんて思っていませんが?

一戸建てだから心配しなければいけない引渡し後でも用意を考えておかなければいけない予算をご紹介しています。

・固定資産税

・浄化槽のメンテナンス費用(浄化槽は土地により異なります)

・外構費用

・修繕費

・交換部品の定期購入代金

塵も積もれば・・なんて言葉がありますが、新築一戸建て購入はまさにその言葉通りに支払いが増えてきます。

ですから、

家具や調理器具、様々な夢希望を持っても、こうした費用の加算から何もできなくなった

あげく、固定資産税を支払う余力すら厳しい家計状況になった。なんて声も決して珍しくないのです。

ポイント2.住宅ローン任せにして支払いを遅らせておけば大丈夫だろう!の考えは絶対に持たないようにする

この考えの末路に折角買った新築を手放さないといけない状態になった。。。こんなことだけは絶対避けておきましょう。

自己資金の調達や状況による支払いの状況をしっかり確認しておくことが大切。

新築一戸建て購入準備の資金管理に忘れがちな支払いとは?

生活をしていく中では、今挙げた家に直結する支払いの他にも、定期的な支払いを要する内容もありますよね。

・車の保険や車検の時期や料金

・生命保険の見直し

・地震火災保険の支払い時期

・固定資産税の支払い時期

・子供の学費や卒業入学の時期とタイミング

考えなければいけない予算編成は生活には様々な因子を含んでいます。

必ず漏らさずチェックして、生活に見合う予算編成を確実に仕上げる事を目指していきましょう。

 

新築一戸建て購入準備4 銀行との交渉条件を探し出す

新築一戸建て

新築一戸建て購入準備も、自分のイメージが決まってきたら次に行う事をご紹介していきましょう。

このタイミングで是非実施して欲しいのは、住宅ローンにおける地銀、ネットバンク、都銀、それぞれのライバルチェック

住宅ローン金利なんて書いてあるとおりだろ?

と思われている方が非常に多いのですが、とんでもない勘違い。

住宅ローンは、他社比較をして悩んでいる方に対し、個別相談を受けるケースが密かにある

門前払いの銀行ももちろんあります。

ですが、対応可能な銀行もあるのが現実。

相談してみる価値はありますよ。私も融資実行直前で他の銀行の住宅ローン融資相談担当者様から聞かされた驚きの言葉でした。

ですから、しっかりライバルチェックもしておきましょう。

では、ここまでの全ての準備が整った段階で、私が最後に皆様におすすめしたい一戸建て購入準備における最後の準備をご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て購入準備5 モデルルームに行く前に資料請求

新築一戸建て購入準備 資料請求

私が、おすすめする最後の準備は、皆様にとっては、「なんで?」と思われる方も多いと思います。

資料請求なんてしたら、営業がうるさくて困るし、来て欲しくないからしたくない

こんな声がこの内容をみてすぐに皆様の心の声として聞こえてきそうですが、この内容は私が10年以上かけて新築一戸建てへの夢をつかむまでにおいて非常に大切だと実感した体験があるのでぜひ皆様におすすめしたいのです。

新築一戸建て購入準備に資料請求が必要な理由とは?

資料請求がなぜ必要なのか?についてご紹介していこうと思います。

私も実際、こられても困ると思い、必死にアンケートも断り続けながら、展示場や建売物件の見学会にも行きました。

しかし、

アンケートを書かない場合は、あまり多くの質問にも答えてもらえず、まるで「客扱いされないよそ者」状態でした。

実際、渡り歩いて何を痛感したかというと

・こうして見ていても何を聞けばいいのか?

・実際、何が家って違うんだろう?

・家をどこで立てるか決めるのはどうやって判断したらいいんだろう?

素人であった私がいくら多くの展示場を見ても、答えがありませんでした。

しかし、資料請求を実際してみると、最近のハウスメーカーや工務店には大きな特徴が見え始めてきたのです。

・金額がこのくらいならこれくらいの収納が入っているのか!

・木造と鉄骨では、できることにこれだけ差が出てくるのか?

・エコハウスとそうでない場合は、何が違うのか見えてきた

・標準搭載のキッチンやトイレ、風呂等が書かれている工務店やハウスメーカーの方が安心だ

まるでトンネルの中で、模索していた「一戸建て新築」の地図が、ようやく自分の理想とやりたい事が見えてきたのです。

そうすることで、逆に行かなくてもいいハウスメーカーや工務店も見えてきました。

資料請求をしなければ、足を運ぶ意味がないと感じてしまう根拠とは、最低限の自分の希望やイメージを固めた状態で物件を見て欲しいから

実際、私も資料請求をせずに過ごした年数を考えるとムダが多かったと実感しています。

皆様におすすめの資料請求先をおすすめの資料請求方法とその根拠でご紹介していますので、併せて参考にしてみて下さい。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ