アフィリエイト

新築一戸建て登記費用はいくら?画像付

スポンサーリンク

新築一戸建て諸費用内訳の1つ登記費用

この記事をご覧頂き有難うございます。

新築一戸建て登記費用っていくらかかるの?

・実際に新築一戸建て購入した人の金額を知りたい!

新築一戸建て購入で打合せを進める中で費用内訳が出て不安がある方も多い現代。

新築一戸建て」を失敗後悔してほしくないという思いからサイト運営をしています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、新築一戸建て登記費用いくら?という疑問について、

新築一戸建て登記費用はいくら?画像付紹介

新築一戸建て登記費用節約はおすすめできない根拠

についてご紹介していこうと思います。

あなたの新築一戸建て購入計画の参考にしてください。

スポンサーリンク

新築一戸建て登記費用はいくら?画像付紹介

新築一戸建て登記費用

スポンサーリンク

私達が新築一戸建て住宅購入をした際に、提示された見積書一覧の一部となります。

ご覧頂きました画像の通り

新築一戸建て登記費用には、表示・保存・滅失)等を含めて20万円が必要となります。

この金額は高いのか?安いのか?

この点を考える必要は正直私は無いと思います。

さらに、

節約する事も必要無いと考えました。

この根拠について、次の項目でご紹介していきます。

 

新築一戸建て登記費用節約はおすすめできない根拠

新築一戸建て登記費用節約注意点

この登記費用という内容について節約が不向きな理由をご紹介していきます。

新築一戸建て登記費用節約がおすすめできない根拠1.時間とお金のバランス

登記費用を節約するというためには何が出来るのか?

この答えは、自分で動くになります。

その結果、どのくらいの節約になるのか?

法務局に行けば1通700円程度で出来る事も勿論私も知っていました。

しかし、現代の仕事を抱えた会社員の生活で多いのは、

・土日しか休みがない。

・書類上のミスがあっても出直しする時間がない。

こうした悩みが圧倒的に多いのが実態。

ですから、

登記費用に対して、2回も時間を取る余裕があるなら、もっと他の事に時間を使うべき。

私は、「時間をお金で買う」という言葉を時に使います。

この件もまさにそうでした。

新築一戸建てにおける登記費用がかかるのは、もちろん会社に任せるからです。

この手間に要する時間で、私たちは間取りにさく時間を効率的に使いました。

新築一戸建て登記費用節約がおすすめできない根拠2.損益割合が低い

登記を実際に実践したことのない方で当然起こりえるのは、修正リスク。

この時間を私は最大のデメリットとしました。

・修正しなければいけない手間を要する際の無駄

・節約する為の努力として、実りが少ないわずかな時間への投資

この2点は、やり直しの手間が有む無駄な時間と考えるべきだと思います。

その根拠は?

この程度の金額の損益では済まない内容が新築一戸建てには多数あります。

特に、

外構費用

この1つだけの節約術で、正直、20万程度は簡単に節約できます。

その時間に使うほうが効率的と考えるべきなのです。

新築一戸建て登記費用節約がおすすめできない根拠3.特殊な土地ほど難しい

登記については、失敗やミスも修正可能。

もちろん、個人が出来ない難しさも低いと思います。

しかし、

ちょっと変わった土地の条件では難易度はちょっと変わります。

中でも、

・土地を分けるような流れの作業を含めた登記

・土地使用条件を変更する際の登記

こうした活用にかかわる条件変更内容がある場合は、特にお勧めできません。

あなたがやるべき優先順位に、登記費用が高くなる必要は以上の条件からありません。

まだまだ決めることは多数あります。

ぜひ、時間をお金で買う事を優先して、本当に考えるべきことを優先しましょう。

以上が私が体験談を通じて、登記費用についての金額と節約についてのおすすめ出来ない根拠となります。

あなたの新築一戸建て費用節約の参考にしてください。

新築一戸建て節約に関するこの他の情報では、

新築一戸建てにオール電化を採用した節約生活の実態!

新築一戸建てカーテン費用を節約した方法

などもご紹介してますので、あなたの節約する方向性を決める情報源として、お役立て下さい。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ