アフィリエイト

新築一戸建て平屋価格比較の注意点

スポンサーリンク

新築一戸建て平屋価格は安いのか?

間取りや坪単価選び方の注意点をご紹介しております。

新築一戸建て平屋価格選びについて、この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築一戸建て平屋で検討してる方の中には以下のような課題を持っている方も多いです。

新築は、2階建ての方が工事面積が多いから費用も高いはず。

新築は、平屋にした方が1フロアだからきっと安くすむはず。

このような悩みを持っている方も多いようです。

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験をもとにサイトを運営しております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローン審査に仮審査、本審査に落ちた経験後に通った体験。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと話が出来た経験。

新築外構やカーテンを打合せで決めず、節約と成功を感じた体験。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、成功を感じられた体験。

新築引越し体験や光回線契約の体験。

新築祝いをいただき、お返しをした体験。

現場で働いたことにより、ただの新築購入体験ブログとは違い、知識を持つからこそ伝えられる注意点を各記事でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て購入計画をしている中でも、平屋を価格から考えている方のために、以下の項目でご紹介しています。

新築平屋価格選び方注意点1.何を比較するべき?

新築平屋価格選び方注意点2.何を優先すべき?

新築平屋価格選び方注意点3.坪単価

以上の内容でご紹介していますので、平屋価格を選ぶ原点的要素を含めて、参考にして下さい。

スポンサーリンク

新築平屋価格選び方注意点1.何を比較するべき?

新築一戸建て平屋価格購入注意点

スポンサーリンク

新築平屋の価格を選ぶ。

このとき、何を優先して選ぶことが重要なのか?

選び方の注意点を含めてご紹介していきます。

新築平屋の価格に相場想定は難しい!

新築平屋という中での価格帯で選ぶという視点では、相場と言う考え方は、やめておくことが大切。

何故か?

平屋を建てるというのは、条件的に考えて、以下のような条件が容易に想定出来ます。

・狭小住宅地ではない。

・日当たりを方位により大きく異なるリスクを抱えていない。

・周りの家との距離を気にするような場所ではない。

このような土地の条件に縛りが少ない土地だからこそ、選ぶ選択肢があるのが、平屋。

ですが、この分、2階建てや建売等の2階建てを建てる計画と全く違う視点が必要になります。

それが、基礎工事の大変さ。

電柱までの最寄りの距離は?

水道の配管工事に必要な距離は?

基礎工事に必要な土地の硬さは?

このようなポイントの違いが、同じ大きさの平屋でも本体価格以外の違いが大きいのです。

よって、相場という言葉でくくる対象があまりにも曖昧すぎるのです。

ですから、新築平屋の価格を選ぶ際には、相場という意識は考えないほうが無難なのです。

では続いて、何を平屋の価格では比較すべきなのかをご紹介していきます。

 

新築平屋価格選び方注意点2.何を優先すべき?

新築平屋の価格を選ぶ。

この工程の中では、会社選びには、何を優先すべきなのかをご紹介していきます。

新築平屋の価格選びは、地質調査と基礎が最優先

新築平屋を検討できる土地の広さがある。

しかし、この広さがある分、以下のような注意も必要になるのです。

土地の左右で、地盤の強さが異なる場合もある。

実際に、農業用の土地として利用していたのに、転用したような土地では、違いが出やす居ケースも珍しくないのです。

こうなると、土地が広いからと言って、自分たちの建てたいスペースだけが平屋のベストポジションかと言えば違うのです。

もっと、土地全体の地盤調査を徹底する。

通常なら、建てられる面積も狭いため、建築図面を作成して、その対象のみを計測している事が多いのが新築一戸建ての地盤調査。

しかし、平屋の価格を選ぶなら、確実にこの地盤調査費用で差が出るのです。

そして、この工程こそが、平屋には大切なのです。

ですから、本体価格よりも地盤調査を最優先して比較していただきたいのです。

続いての課題が、基礎工事です。

地盤の問題に合わせて、強度な基礎工事を行わないと、2階という逃げ場がない平屋は、被害も甚大になりやすいのも弱点。

当然、基礎工事にかんりの工事費用を費やす必要がある土地もあると思います。

なのに、広さや間取りばかりを優先して、基礎をないがしろにして考える事は正しい価格選びとは言えません。

できるだけ、基礎工事費用は、オプションを付けても、安心を買う事を優先していただきたいのです。

では最後に、新築平屋という分類での価格を選ぶ際の坪単価と言う考え方をご紹介していきます。

 

新築平屋価格選び方注意点3.坪単価目安

新築一戸建て市場にも坪単価と言う言葉が定着しています。

しかし、多くの家は、2階や3階建ての方が多い。

このとき、平屋という建物には、どう坪単価を考えておくべきか?

この視点を最後にご紹介していきます。

新築平屋価格の坪単価は、2階3階想定よりプラス5万以上が当たり前

工務店やハウスメーカーでも坪単価が口コミなどから出ているケースが増えています。

共通するのは、2階建てよりも平屋の方が坪単価が高い事。

何故か?

単純に、基礎工事面積が広い事が多いから。

30坪の平屋と総面積30坪の2階建てでは、以下のような違いが顕著。

※2階建てを15坪×2階と言う計算で考えます。

30坪の平屋に要する基礎工事用コンクリートは、2階建ての2倍量を必要とする。

こうなると、同じ部材となるキッチンやお風呂等の水廻り製品を使ったとしても、価格は、平屋の方が坪単価が高くなります。

ですから、坪単価を価格目安の1つとするなら、まずは新築市場データにプラス5万程度は先に想定して比較する。

こうすれば、購入したい広さの平屋でも、購入可能な会社と買えない会社は、はっきり線引出来ます。

新築平屋価格の坪単価は、外壁標準も大きな課題!

新築は平屋の坪単価でも、外壁は、大きく影響する要素となります。

外壁は、種類により、将来のアフターメンテナンス費用に大きく影響します。

サイディング等のメンテナンスでは、100万円以上が当たり前のアフターコスト。

外壁メンテナンスは、10年に1度程度でサイクルが来ます。

よって、外壁の修理等を要する!

これにより、価格選びが新築平屋でも大きく価格に影響するのです。

こうしたポイントをしっかり平屋を軸に比較していかないと、安いと思って契約したら、

基礎工事でプラスのオプション工事の必要性が発覚。

安い外壁を利用したら、将来のひび割れ、塗装剥がれ等が簡単に起こった。

このように、契約後のトラブルになりやすい新築平屋の購入になる可能性もあるのです。

ぜひ、家そのものよりも、周りをしっかり固める情報を優先して坪単価を比較してみて下さい

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までき字をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ