アフィリエイト

新築一戸建て平屋価格購入注意点|建て方は2階建ての方が安い?

スポンサーリンク

新築一戸建て平屋価格は安いのか?間取りや坪単価の注意点をご紹介しております。

この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築一戸建て平屋で検討してる方の中には以下のような課題を持っている方も多いです。

新築は、2階建ての方が工事が多いから費用も高いはず。

新築は、平屋にした方が1フロアできっと価格は安くすむはず。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験をもとにサイトを運営しております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローン審査に仮審査、本審査に落ちたのち通った体験。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情や大工さんから聞かされた実態。

新築外構やカーテンを打合せで決めず、節約と成功を感じた体験。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、成功を感じられた体験。

新築引越し体験や光回線契約の体験。

新築祝いをいただき、お返しをした体験。

全てが、このサイトを運営するために必要だった体験ばかり。

さらに、現場で働いたことにより、ただの購入者ブログとは違い、知識を持つからこそ伝えられる注意点を各記事でご紹介しています。

新築一戸建て購入計画をしている、又は間取りを設計仕様としている方に、

新築一戸建て平屋価格購入注意点1.二階建てより高くなるケース

新築一戸建て平屋価格購入注意点2.平屋の建てる土地にも注意

新築一戸建て平屋価格購入注意点3.リフォームが大変になるリスク

以上の内容でご紹介していますので、平屋価格をあまり安く計算して計画する前に確認してみてください。

スポンサーリンク

新築一戸建て平屋価格購入注意点1.二階建てより高くなるケース

新築一戸建て平屋価格購入注意点

スポンサーリンク
新築一戸建てを平屋にしたら安くなるはず

そんな思いから、土地の広さがある方は平屋を選ぶ方も居ます。

しかし、実際、平屋は必ず安く済むという計画にはなりません。

その原因をご紹介していきます。

新築一戸建て平屋価格が高い理由は基礎工事面積の増加

建坪面積が、36坪の家があったとしましょう。

その場合は、以下のような計算式が単純に必要となります。

12坪×3階建てで総面積における36坪の家。

18坪×2階建てで総面積における36坪の家。

36坪×1階で総面積における36坪の家。

このような種類が出てくるわけです。

実際、基礎工事面積というのは、新築一戸建ての費用の中でもかなり価格のシェアを占める物。

ですから、36坪の総面積を有するための家作りであっても、建てる基礎工事面積が広い事で工事費用は節約どころか高くつく

こうした内情があるのです。

ですから、節約で新築一戸建てを平屋にするという選択肢は、2階も比較した上で決定する事が大切

では続いて、新築一戸建て平屋価格の購入注意点として、土地について、ご紹介していきます。

 

新築一戸建て平屋価格購入注意点2.平屋の建てる土地にも注意

新築一戸建て平屋を建てる際、土地に十分注意点が必要になるケースをご紹介しています。

新築一戸建て平屋価格を注意点としておくべきは、土地に大きく関わります。

新築一戸建て土地との相性で平屋は高く付く

土地のリスクというのは、家の寿命を縮める大きな要因の一つ。

中でも、平屋は、そのリスクを抱えやすい形状の1つ。

その要素は、横長であればあるほど、高まります。

・勾配の有無。

・土地の硬度や地盤の問題。

・土地の水はけの問題。

すべてが基礎工事へのオプションを必要とする現実が待っている。

土地が広ければ、全て平屋のほうが得かといえば、そうとも言い切れません。

基礎工事に必要な工事内容が、土地の性質上多くなればなるほど、面積が広い分リスクも考える必要のある内容が増えます。

よって、土地の性質をしっかり地盤調査含めて、検討してからの価格の把握を心がけてみてください。

では最後に、土地以外の範囲でも、リフォームを考える将来設計でも高くつくケースをご紹介しています。

 

新築一戸建て平屋価格購入注意点3.リフォームが大変になるリスク

新築一戸建て平屋を価格で抑えて成功したと思えた購入時期。

しかし、平屋面積を自分たちの今を想定した必要最低限にした場合は、違う意味でも高くつくリスクが有ります。

それが、リフォームを要する場合。

リフォームをする際に、あまり最小限にしすぎた間取りの場合は、建坪を広げるしか方法がなくなる場合もあります。

すると、

・基礎工事もその分また必要となりリフォーム工事費用も高くつきます。

・固定資産税も建物面積が広がる分高くなります。

・外壁を要するため、外壁メンテナンス費用も上乗せした将来設定が必要なります。

同じ箱の中で、部屋の区切りをリフォームすればいいだけの2階建てや3階建てとは将来設計の考え方は全く別にしておく必要があるのです。

安く済ませたつもりだけど、結果的には、将来も含めて購入価格は高くついた。

新築一戸建て平屋価格の調整は非常に間取りとしても、広さとしても難易度が高い。

簡単に考えていると逆に、将来が大変になりますので、十分注意しましょう。

さらに、細かい意味では、再度大切なことなので、以下の内容をご紹介しています。

・水はけの悪い地域

・土砂災害等の心配を必要とする地域

・水害のリスクを抱えた地域

こうした場所の場合は、基礎を高く作る、外構工事の壁を作るなどの工夫をする必要も出てきます。

自分たちの生活をより快適に過ごしやすくする間取りの最高に贅沢な作りは勿論平屋。

しかし、新築一戸建て最初の家作りに平屋を選ぶのは、かなり知識と経験やリスクをより慎重に計算した作りが必要になりますので、検討は安易にしないように気をつけましょう。

以上が私がご紹介したかたった新築一戸建て平屋価格購入注意点となります。

この他、平屋の間取りで失敗後悔をしないための準備として、

築一戸建て平屋間取りの注意点

もご紹介していますので、あわせて参考にして下さい。

この記事を最後までこの記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ