新築一戸建て子供部屋収納失敗後悔を防ぐ具体的成功法体験記

スポンサーリンク

新築子供部屋収納失敗後悔を避ける成功のコツについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築一戸建て注文住宅の間取りの中でも、収納はかなりの方が意識している課題。

しかし、子供部屋となると、以下のような悩みを持つ方も多いんです。

新築子供部屋収納で失敗後悔の原因は何?

新築子供部屋収納の配置は?

新築子供部屋収納は造り付け?

新築子供部屋収納はクローゼットがあれば大丈夫?

イメージがわかない子育てにおける増える荷物量。

どうすれば、新築子供部屋収納は成功するのか?をこの記事ではご紹介していきます。

私のサイトは、新築購入ご失敗後悔をしてほしくないという思いから、一戸建て、マンション購入体験、現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築子供部屋収納失敗後悔原因成功について、このページ内では以下の内容を中心にご紹介しています。

新築子供供部屋収納に多い失敗後悔原因

新築子供部屋収納に多い誤解や注意点

新築子供部屋収納建付けと購入の秘訣

上記内容ごとに分けた内容についてご紹介しています。

新築で注文住宅らしく子供部屋も成功をさせるためにお役立て下さい。

スポンサーリンク

新築子供部屋収納失敗後悔に多い原因

新築子供部屋収納失敗後悔原因と成功法

スポンサーリンク

新築子供部屋の収納に多い失敗後悔の原因について、3つご紹介していきます。

新築子供部屋収納失敗後悔原因1.扉

新築子供部屋の収納で失敗後悔が多い原因の最初は、配置なんです。

なぜか?

新築注文住宅の間取りを考える時は、ほとんどのケースが何も無い部屋を見ていませんか?

・ベッドもない

・机もない

・おもちゃもない

ガランとした賃貸物件の見学のような状況を多くの方が見ています。

すると、実際に生活をしている時のイメージと確実に異なっているのが、収納扉の開閉幅と家具配置。

失敗後悔の原因というのは、以下のような結末で生まれています。

・収納扉が家具やカーペットが邪魔で全開に出来ない!

・収納扉の開閉で子供が手をはさみやすいものだった!

➢収納はあっても、全てを使える環境ではなくなってしまう失敗後悔につながる。

まずは、荷物量や収納量だけにとらわれず、最初に収納を全て使える状況を作り上げる事を優先しておくことをおすすめします。

新築子供部屋収納失敗後悔原因2.クローゼットの中身

上の画像も、新築収納には、かなり多いタイプですね。

設備として用意されているのは、以下のような内容。

・吊り棚。

・ハンガーラック1本。

以上。

この収納が子供部屋にあれば本当に大丈夫でしょうか?

普段あなたはどんな収納を意識して生活をしていましたか?

生活の中には、衣装だけでもこんな要素があったのではないでしょうか?

・引き出しを使う。

・衣装ケースを使う。

・時期はずれの衣装をしまうハンガースペース。

このようなパーツは全て今のクローゼットにあるでしょうか?

いわゆるハンガーラック下は詰め込み状態になりませんか?

これでは、子供部屋の収納に欠かせない以下のような物置きになりますか?

・おもちゃ入れ

・ランドセル

・文具や楽器などの購入物。

・部活の道具

学校生活が送られる子供部屋収納は何故かどんどんコンパクトで何も無い一角に追いやられているように見えるのが、最近の新築一戸建てやマンションの収納設備。

今一度クローゼットの中身を良く見ておくことをおすすめします。

新築子供部屋収納失敗後悔原因3.方位

新築子供部屋収納は、あればいいという方が圧倒的に多いように見えます。

あればいいという表現を使わざるをえないのが、方位への配慮不足。

新築収納への配慮が欠かせないのが、カビや害虫発生原因を排除する事。

なのに、北西に衣類収納を集中させる。

実際に、生活をしてれば、方位的に物が湿気やすい方位というのは存在します。

当然、日当たり等の条件により変りますが、一般的には、どこがカビやすいですか?

そうです、西、北西等の一般的に太陽光がささりにくい方位なのです。

こうした認識もなく、ただ単に子供部屋に収納用意したから大丈夫でしょ?

この感覚は、可愛そうです。

ぜひ、家全体の収納を含めて、今一度収納配置はどの方位になってるかを書くにしておくことをおすすめします。

以上の3つがまずは見直しをしてほしい新築子供部屋収納に多い失敗後悔原因となります。

では続いて、新築が注文住宅だからと新築子供部屋収納について誤解している方が多い内容をご紹介していきます。

 

新築子供部屋収納に多い誤解や注意点

新築だし、注文住宅なんだから、収納はあれば大丈夫でしょ?

この感覚の怖さを先程は方位で伝えました。

この他にも、新築子供部屋だからこそより意識してあげてほしい事をご紹介していきます。

新築子供部屋収納に多い誤解注意点1.材質

新築のクローゼットや収納のスペースには注意してほしい事が有ります。

素材の中でも、収納の中身となる壁紙や床材をどのような素材で使っているのか?

何故か?

収納スペースというのは、部屋の居住スペースより当然ながら湿気を伴いやすい環境。

なのに、新築注文住宅のはずが、クローゼットの中身は、打ち付けたパネルみたいな素材が使われてた。

こんなローコスト住宅もまだまだ決して少なくないのです。

あなたに、知ってほしいのは、賃貸生活の物件と大して変わらないクローゼットが新築に採用されていたら、湿度対策や耐久性を確認する必要があるという認識。

新築だから、というのは、単なる誤解となっているケースも有ります。

ぜひ、クローゼットや子供部屋の収納のようなスペースには、壁材、床材など全て確認しておくことを強くおすすめします。

新築子供部屋収納に多い誤解注意点2.管理方法

賃貸生活では、収納用クローゼットや押入れに以下のような物を使っていませんか?

・湿気取りシート。

・防虫シート

こうした素材を広さに応じて使っていたのが賃貸生活だと思います。

しかし、新築であり、注文住宅なら、こうした物は最初から万全の準備を整える必要がない。

このくらいであって私はちょうどいいと思います。

実際、私は新築一戸建て購入後1年半経過しましたが、ウォークインクローゼットや衣類のクローゼットに防虫剤を使用せずにカビもなく安全に衣類が管理できています。

だからこそ、この記事を見ていただいるあなたには以下の誤解をしてほしくありません。

「新築の収納なら、どの会社でも管理は同じはず」

これは、過信に過ぎません。

従来の賃貸どおりの生活を新築引き渡し後すぐに必要とするような説明を聞いたら、正直経年劣化は賃貸生活と変わらないと思ったほうが良いのです。

新築子供部屋収納に多い誤解注意点3.ハンガーラック

ハンガーラックが1本ついてる。

この見た目は同じかもしれません。

しかし、よく見ると、決定的に違う内容があるのです。

これは、新築収納全てに該当する項目です。

それが、ハンガーラックの太さや耐重量が会社によって全く違うと言う実態。

ハンガーラックがあり、衣類がかかっている光景も見た事がる人は多いハズ。

しかし、多くのケースは、ほとんど以下のような物を使っていませんか?

・TシャツやYシャツ

・ジャケットが数着

・デニム等が数本。

この状況では、足りない方がたいていですよね?

まして、子供部屋の収納です。

衣類が増える事は容易に想定されなければいけません。

つまり、ハンガーラックはあっても、調整して掛けられる物が限られる。

こんな新築子供部屋の収納をあなたは成功として受け入れますか?

私たちも、鉄骨住宅のハウスメーカーでこの実態を見て驚かされました。

ですから、あなたにもこの実体は必ず確認してほしいんです。

クローゼットにハンガーラックがあったら、必ず耐重量を確認。

この行動だけで、会社はかなり絞り込みも出来てしまうほど違います。

こんな実態がある新築注文住宅市場だからこそ、造り付け家具や買い足すという選択は非常に重要。

では最後は、新築子供部屋収納は、買い足す?造り付け?という選択のコツをご紹介していきます。

 

新築子供部屋収納造り付けと購入の秘訣

新築子供部屋収納を過信しすぎないことをこれまでにご紹介してきました。

続いての内容は、新築子供部屋収納における造り付けと購入の使い分け方。

実際に我が家が考えた考え方としてご紹介していきます。

新築子供部屋収納を既存と買い足しを考えるコツ1.吊り棚

先程もご紹介しましたが、子供が未就学時代ではなく、就学時代を想定する事を前提に考える事は重要。

新築一戸建てやマンションの子供部屋で既存収納の活用法でおすすめは上吊り棚の存在。

奥行きが無い場合は、ほとんど機能しません。

そして、耐重量がなければ時期外れの衣類も量が限定されます。

こんな状況になってしまうと、うわ吊り棚におけるのは、使わない備品のみ。

これでは、本来の子供部屋に必要な収納としての機能が果たせていません。

ですから、吊り棚がある場合は、必ず吊り棚に置くことが出来る物のサイズを確認して下さい。

この想定を前提として、入らない物をどう収納するか考えておく必要があるのです。

新築子供部屋収納を既存と買い足しを考えるコツ2.これがムダ!

子供部屋が6畳以下という場合は、収納における買い足しに注意してほしい事があります。

それが、現代には多いスリム収納家具の存在価値。

キッチンやトイレなどには活用出来るケースもあります。

しかし、新築子供部屋の収納は、こんな細かなものばかりではありません。

クローゼットに入らない物を片付ける為の収納家具が必要なのです。

だからこそ、コンパクトな収納家具は、機能しません。

大は小をかねる。と言う言葉の精神が子供部屋の収納には必要なのです。

新築子供部屋収納を既存と買い足しを考えるコツ3.机

新築子供部屋の収納活用法として、注目してほしいのは、机。

子供部屋における机の存在を軽視している

それでは最後に、子供部屋収納に失敗後悔している共通点をご紹介して今回の記事は終わりたいと思います。

 

子供部屋収納に失敗後悔している共通点とは?

では、この記事最後の内容に入ります。

最後は、子供部屋収納を失敗後悔してしまう人の共通点について。

さっそく見ていきましょう。

1.今持っている衣装ケース奥行きや幅とクローゼットサイズの確認ミス

よくありがちですよね?

「入ると思ってたのに、入らない」

このミスは、簡単な対処法があります。

それは、しっかり寸法確認を自分たちで行う。

本当に多いですから、是非あなたもしっかりすべての寸法チェックして書いておきましょう。

2.何でも乗せる事を優先した考え方

これもよくあるパターンの一つ。

上に重ねておけばいい。

これは絶対失敗後悔の原因になりますからやめて下さい。

その根拠は?

重ねるという事は、逆に一番下の商品が単純に取り難くなるのです。

非常に単純な発想ですが、ついつい私のマンション購入時の時のように失敗しやすい内容ですから、皆様もお気を付けください。

3.鞄などのケース系を想定しない間取り準備

想定できていないのは、将来設計。

自分たちが今ある物だけを考えて子供の成長に合わせて必要になる設計を見据えないとこのように後悔します。

具体的には、1年後2年後の進学で学校も変わるというのは見えていた。

しかし、新築時は、全く考えず今の必要量だけを基準に考えた間取り収納。

これは、大きなミスとなります。

是非、子供の将来には何が必要なのか?

よく環境についての整理してから、子供部屋収納を考える。

この考え方を大切にしてください。

以上が私が体験した事から、このページをご覧のあなたに伝えたいメッセージになります。

このような細かな内容を含めた収納に関する失敗後悔の対策まとめページを用意しています。

是非、合わせてご覧頂き、より後悔失敗の少ない家作りを目指してください。

私が様々な会社を見比べて、「各会社の収納の今の癖」を見抜くことが出来たのは、一括資料請求をするコツを活用し、効率的に現状を調べるコツを知っていた事が大きい要素。

資料請求をする事で自分たちの希望が少しでも見える家なのかを知るのも非常に大切です。

是非有効活用してみて下さい。

この他にも、子供部屋について課題があるという方は、新築子供部屋失敗後悔13の原因と注意点にてご紹介してますので、お役立て下さい。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ