新築一戸建て価格と会社他妥協ポイントで失敗後悔しないコツ

スポンサーリンク

新築一戸建て価格会社のバランス妥協ポイントはどこ?をまとめてみた

この記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て購入時には、悩みの対象は話が進めば進むほど課題が増えていく方も多いです。

実際に、始まりという点では、以下のような悩みがネット上でも数多く見受けられます。

新築一戸建て価格の目安は?

・ローコスト、ハウスメーカー、工務店等の会社の選び方。

・地域密着と全国展開会社の規模は?

新築一戸建て妥協点はどこ?

このように、自分たちの建てたい家と欲しい家というせめぎあいを悩まれている方も非常に多いのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、サイト運営をしております。

新築一戸建て、マンション購入体験。

新築住宅ローン審査で仮審査、本審査に落ちた後通った体験

新築住宅ローン借り換えを経験。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、知識を蓄え、大工さんと直接話しを聞けた体験。

新築カーテン、外構等を打ち合わせで決めず、節約と満足を手に入れた体験。

新築火災保険を元保険営業の妻の知識をかりて、節約に成功した体験。

新築祝いのお返し、固定資産税、インターネット回線契約等を経験。

新築引っ越し見積もりで安く出来た体験。

新築購入時には当たり前に経験する内容から、現場の知識を有する事で、各記事で失敗後悔対策の注意点を兼ねてご紹介してます。

新築一戸建て妥協すべき点を購入準備段階として、この記事では、以下の内容でご紹介しています。

新築一戸建て妥協ポイント1.寿命

新築一戸建て妥協ポイント2.価格

新築一戸建て妥協ポイント2.5会社

新築一戸建て妥協ポイント3.土地や家の広さ

新築一戸建て妥協ポイント4.ランニングコスト

新築一戸建て妥協ポイント5.設備

新築一戸建て妥協ポイント6.間取りと風水

新築一戸建て妥協をすべきでないポイント

以上の内容について、まとめてみました。

少し長い内容になりますが、最後に失敗後悔をしない家作りを目指すなら、知っておくべき内容をご紹介していますので、ぜひじっくり御覧ください。

スポンサーリンク

新築一戸建て妥協ポイント1.寿命

新築一戸建て妥協

スポンサーリンク

新築一戸建て購入の妥協ポイントで最初にお伝えしなければいけない内容は、家の耐久性とも言える寿命について。

マイホームを建てるのは、一生に一回の大きな買い物

このような言葉で表現される日本の住宅業界。

しかし、新築一戸建ての寿命は木造でも鉄骨でも30年程度というラインがほぼ限界として見えているそうです。

その原因はおもに経年劣化。

本当の意味で耐久性だけを追求するなら、コンクリート住宅が優秀。

しかし、固定資産税が資産価値が下がりにくい関係から高い状態が続きやすいのも大きなリスク。

新築一戸建て寿命を将来はどこまでの期間を求めて、建て方を選ぶのか?

これがひとつ目の妥協点だと思います。

 

新築一戸建て妥協ポイント2.価格

新築一戸建て妥協ポイント2つ目は価格についてです。

新築一戸建ての建物価格というのは、そう会社により大きく変わる物ではないそうです。

実際に価格に反映されるのは、以下のような内情があります。

・資材の高騰化(木材、コンクリートが主に大きな価格変動原因)

・人件費(何人で行うのか?下請け、外注化のコストの違い)

⇛経験数なども人件費に関わる大きな内容

・特殊技術による外壁や資材の利用(輸入商品や特殊タイル等)

・足場工賃が高くなりやすい場所等への設置費用

・地盤調整や浄化槽、配管処理費用

こうした内容が新築一戸建て価格の大きな原因。

決して、広告経費なんて事が価格へのシェアを占めるというような勘違いはシないでください。

問題は、何に価格の重要性を求めるのか?

この点を妥協ポイントとして、検討してください。

 

新築一戸建て妥協ポイント2.5会社

新築一戸建て妥協ポイントは、会社選びも重要なポイント。

・会社は大手が安心。

・会社は地元工務店のほうがアフターも安心

・会社は自分たちの要望を優先してくれる会社がベスト

全ての考え方にメリットも勘違いも有ります。

会社を選ぶ際のポイントは、以下の通り。

・出来る間取りと出来ない間取りの妥協。

・標準設備の違い。

・標準工事の範囲。

・アフター保証の年数だけでなくその内容。

・実際に施工する担当者の状況(アルバイトを入れている買いないかなど)

・地方では名が通っていても実はクレームもかなり多い会社という口コミ、評判的背景。

このような内情だけでなく、地域密着の場合は、建てた後の購入者の声も重要なポイントとなります。

その他は妥協できるポイントの方が多いのです。

 

新築一戸建て妥協ポイント3.土地や家の広さ

新築一戸建て妥協ポイントとして、狭い、暗いを失敗後悔にしてしまう方も大変多い現代の悩み。

この悩みを抱える原因を防ぐのは間取りの工夫でも出来ることが有ります。

しかし、総面積や土地の立地は総額の価格予算から妥協すべきポイントとなります。

最後には、「狭くても住みやすい家。」

この答えを最優先にしながら、出来る広さで満足できる間取りを完成させる事を目指しましょう。

 

新築一戸建て妥協ポイント4.ランニングコスト

新築一戸建てを建てる計画を立てる上で、ランニングコストも妥協が必要なポイントの一つ。

具体的には、以下のような内容が違います。

・外壁等へ必要とするランニングコスト

・固定資産税というランニングコスト

・修繕費や部品交換というランニングコスト

・家族の状況変化によるリフォームの必要性からのランニングコスト

全てにおけるランニングコストを正確に判断する事が出来る家作りは有りません。

問題は、「視野に入れてあるランニングコスト予算に、このような内容が含まれているのか?

妥協すべきポイントとして、

・将来に預貯金をしながら払い続ける新築一戸建て。

・初期投資をしっかしして払い続けるより最初に払う家。

全く意味が違います。

新築一戸建ての計画には、重要な妥協点となります。

 

新築一戸建て妥協ポイント5.標準設備

先ほどの妥協ポイントに補足する内容として、設備への投資も大きな妥協ポイント。

・今の最新設備を入れた新築一戸建て

・今の型落ち又は古いとされても生活に不自由しない設備を入れた新築一戸建て。

設備は、将来ずっと今の技術で止まるということは有りません。

将来はまた新しい最新設備が出ます。

・リフォームによる工事で、将来のランニングコストとして準備する新築。

・リフォームによる工事を遅らせられる設備を準備した新築。

意味が全く違いますが、コストダウンを擦る際の大きな妥協ポイント。

今できる家作りを目指すことは、住宅ローン審査における基準からも重要なポイント。

妥協できる設備は、将来にして自分たちの予算価格に見合う家作りを目指す。

こんな計画も大切なポイントになります。

 

新築一戸建て妥協ポイント6.間取りと風水

新築一戸建ての間取りを計画する上で、風水を取り入れる方も多いです。

しかし、以下のような内容を悩む方も決して少ないとは言えません。

・風水と寝室の間取りが合わない。

・風水と玄関の間取りが合わない。

・風水とトイレの間取りが合わない。

全てを部屋を風水を基準として、ピッタリ当てはまる家が本当の幸せになるのか?

いいえ。

本当に自分たちが生活しやすい環境を用意する事が最も大切だと私は思います。

風水上良かったから、家事動線を妥協した。

この間取りがあなたの生活しやすい環境を作ってくれますか?

あなたにとって住みやすい家。

妥協すべき風水ポイントは、あると思います。

 

新築一戸建て妥協をすべきでないポイント

私がこれまでご紹介してきた新築一戸建て購入計画への妥協ポイント。

その中でも、最も私が妥協すべきでないポイントとしておきたい内容をご紹介しています。

それは、以下のようなポイント。

・基礎工事への妥協は絶対にしない事。

・家事動線を優先しない間取りに住みやすい家は無い事。

・使い慣れない最新設備に興味を持ちつつ、今の使い慣れた環境を選びたい気持ち。

この3点は、妥協すべきではないと思います。

それぞれの根拠は?

・基礎が家の全てと言われるほど、外壁でも内装の豪華さでも設備でも無い家は基礎が支えるという実態。

・家事動線無くして、将来の自分たちの老化を心配しないで済む家作りは無いこと

・使い慣れない不安を持ち、家事をしにくくする家では、ママの幸せは遠いこと

この3つは、幸せを形にする上で、新築一戸建てに最も重要だと思います。

私が新築一戸建てを建てる際には、もう老後を意識して作りました。

・将来、自分たちが1階だけの生活をする上でも便利か?(間取り配置)

・今の設備で、自分たちや子供が生活しやすい環境があるか?(設備)

・今の間取りが、危険を回避できる安全を確保できる部屋になっているか?(広さ)

・今の新築一戸建ては、支払いに苦労しない価格か?(支払い予定)

・今の会社はどの程度安心を持てる会社か?(会社への資金力や人材の数等信頼の度合い)

このようなポイントを含めて私たちは今の会社に決めました。

正直、期待以上の仕上がりに満足している現状に感謝しています。

新築一戸建てを建てる事は決して、無理難題な問題ではなくなっています。

問題は、自分の出来る事と自分のやりたいことのバランス。

妥協も必要がない、将来も安心の今の最新設備を使った綺麗でおしゃれな広い新築一戸建て。

こんな響きは、価値観の先入観が偏っている証拠だと思います。

ランニングコストを考えれば、豪華を追求すればするほど苦労します。

あなたが建てたい家をじっくり検討してみてください。

この記事でお伝えしたい内容は以上となります。

この内容について、私がご紹介してる記事を関連記事として最後にご紹介していますので、興味のある内容を御覧ください。

新築一戸建ては木造?鉄骨?メリットデメリットを比較(寿命関連記事)

新築一戸建て年収と住宅ローン審査の通る金額は?(住宅ローン審査基準関連記事)

新築一戸建て会社選びの基本はまずは資料請求(私が実際に使った新築の勉強に欠かせない資料請求おすすめサイト)

新築一戸建て土地と家の決め方(建売住宅等の金額の見極め方)

新築一戸建てランニングコストの代表的な内容とは?(新築一戸建てランニングコスト関連記事)

新築一戸建て設備におけるコストダウンのポイントとは?(システムキッチンの選び方関連記事)

新築一戸建て風水の妥協ポイントまとめ(風水間取り関連記事)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ