新築一戸建て収納失敗後悔対策全部屋共通の課題

スポンサーリンク

新築部屋収納レイアウトや選び方注意点を各部屋ごとに解説しています。

このページをご覧頂き有難うございます。

新築間取りの中でも多くの方が注目してるのが、収納

実際に収納について、新築間取りを考えている時には、こんな言葉を聞いたことがありませんか?

間取り全体の○○パーセントが収納であるのが理想。

新築間取りでは、パントリーや床下収納などの収納もおすすめ。

階段下もそのままにしておくより、収納に活用した方が便利。

実際にどこまでが購入後に失敗後悔しない収納選びなのか迷いを膨らませている方も決して少なくないのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような体験をもとにサイトを運営しております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅関連企業に従事し、知った内部事情や大工さんから聞いた実態。

新築住宅ローンで仮審査、本審査に落ちた経験とその後の通過を勝ち取った体験。

新築カーテン、外構を打合せでは決めず、節約と成功を体幹できた体験。

新築火災保険選びも元保険営業の妻のサポートもあり、満足した格安の保険に入れた体験。

このようなすべてが実体験であり、ただの購入者とは違い、現場の知識を持つ体験者だからこそ書ける内容をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て購入後間取り失敗後悔ランキング第1位となっている収納の悩み。

このページでは、新築収納について、以下の内容をご紹介しています。

新築一戸建て収納に失敗後悔が多い理由や原因について

新築一戸建て収納に関する誤解と注意点

私が解説している各ページへのリンク紹介

以上の3項目について解説しています。

あえて私が解説という言葉を使わせて頂くのは、体験を軸にした記事だからこそ、あえて解説とさせていただいております。

ではあなたの新築一戸建て計画が失敗後悔にならないように総合的に各部屋チェックと収納の考え方を知っていただけたらと思います。

スポンサーリンク

新築一戸建て収納に失敗後悔が多い理由や原因について

新築一戸建て収納失敗後悔原因や理由

スポンサーリンク

まずは、新築一戸建てにおける収納の失敗後悔として多い代表的な原因や理由を解説していきます。

新築収納失敗後悔原因1.数の不足

居室を部屋として少しでも広く使いたい。

この思いは誰しもが持つ夢や希望。

しかし、そのために収納スペースをあえて作らない設計をした。

この選択が、失敗後悔の原因として大変多いのです。

まずは新築一戸建て全体における収納スペースの確保をしっかり荷物量から計算していきましょう。

新築収納失敗後悔2.奥行の不足

新築収納に採用されやすいのは、クローゼット。

形的には広く見えます。

しかし、

「横幅が広いだけで奥行が無いために、入る荷物が限定されて片付かない」

この悩みこそ、新築収納失敗後悔に数は用意していたはずでも機能しないという失敗後悔の原因になっています。

この問題も1と似た目線で、荷物量の次に、奥行が必要な寸法も把握する事が大切になります。

新築収納失敗後悔3.扉の選択ミス

収納だけでなく、各居室の収納以外のドアにも似た失敗後悔はあります。

その共通点は、

部屋を圧迫する原因となるクローゼットや入口のドアの形状や開閉タイプにおける選択ミス。

これはサイズによっては取り返せない致命的ミスにもつながるため、非常に慎重さが必要な内容。

あなたがもし安易に、クローゼットは、折り畳みタイプが普通。

こんな意識でクローゼットや収納を考えているなら、もう一度しっかり情報収集をすることをお勧めします。

以上が私が過去に周りの体験や現場でのアフター相談を受けている中でも多かった収納の失敗後悔原因となります。

では次に、先ほどの扉における選択ミスというように、当たり前だと思っているだけという誤認について、新築収納注意点を解説していきます。

 

新築一戸建て収納に関する誤解と注意点

新築収納誤解と注意点

新築収納における誤解と注意点をお伝えしておいた方がいい内容を厳選して解説しています。

新築収納誤解1.ハンガーパイプの耐重量

新築収納に採用率の高いクローゼット。

ハンガーパイプ付であることから安心して長さだけを見て決めていませんか?

この選択はかなり注意が必要。

長い = 沢山かけても大丈夫

という事ではありません。

細いパイプを使っている → その分耐重量は低い

単純ですが、見落としている方が非常に多いので、注意しましょう。

新築収納誤解2.引き出しは要らない

ハンガーがあれば、引き出しは要らないはず。

こんな考え方をお持ちの方も新築一戸建て購入世代には、多いと思います。

しかし、実際は違います。

先ほどのハンガー耐重量の点もある事から、

引き出しが無い収納は、使い勝手が悪い事に購入後に気付いた

こんな意見もまだまだ多いのです。

引き出しを無視した収納スペースは、スペースの大きさだけでは補えない課題に直面しやすいので注意しましょう。

新築収納誤解3.フリースペース化よりも棚付が有効?

新築収納居室におけるクローゼット採用の多い中で、クローゼットタイプ選びの誤解を解説していきます。

クローゼットがあれば、収納は確保できた。

こんな感覚で実際に新築生活をしていると、

「何もかも床置きになるから、中間くらいの高さに棚が欲しいと思うようになった」

こんなリフォームに関する依頼も建売住宅などの場合にかなり多いのです。

スペースがあればいい。

この最大の誤認が招く様々な失敗後悔。

新築収納は数も大切ですが、一つ一つの機能を追求した選択があって初めて効率化できます。

ぜひ、以下の内容はもう一度間取りを決めてしまう前に確認していただきたいのです。

・自分たちの荷物量

・ハンガーに欲しい耐重量

・奥行が最大でほしい荷物の大きさ

この3つだけは最低限確認しておくことを強くお勧めしておきたいと思います。

では最後に、各居室における収納スペース配置や注意点などを解説している関連ページをご紹介していきます。

 

私が解説している各ページへのリンク紹介

まとめ

私が以上の内容を含めても、最優先でお伝えしたい各居室それぞれの注意点や失敗後悔の原因、対策法をまとめています。

ぜひ気になる部屋の収納を確認してみて下さい。

新築一戸建て収納悩みや失敗後悔対策注意点まとめ

以上の部屋ごとの収納を注意点として確認してみて下さい。

この記事を最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ