アフィリエイト

新築費用内訳失敗後悔注意点まとめ

新築一戸建て費用に欠かせない項目毎の節約術体験記

このページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーです。

このページでは、新築住宅購入における費用諸費用を一戸建てを基準にして、体験から、

新築費用内訳1.住宅ローンの諸費用

新築費用内訳2.契約時諸費用相場

新築費用内訳2.5.登記費用はいくら?

新築費用内訳3.照明費用失敗後悔注意点

新築費用内訳4.浄化槽費用失敗後悔注意点

新築費用内訳5.エアコン費用失敗後悔注意点

新築費用内訳6.太陽光発電費用失敗後悔注意点

新築費用内訳7.床暖房費用失敗後悔注意点

新築費用内訳8.バルコニー,べランダ失敗後悔注意点

新築費用内訳9.カーテンの相場

新築費用内訳10.外構工事(ランニングコスト対策)

新築費用内訳11.外構工事(駐車場コンクリート費用節約術)

新築費用内訳12.外構工事(ウッドデッキ失敗後悔注意点)

新築費用内訳13.アンテナ工事費用失敗後悔注意点

新築費用内訳14.インターネット費用失敗後悔注意点

新築費用内訳15.火災保険相場

新築費用内訳まとめて全部でいくら?

新築費用内訳内で節約すべきポイントとすべきでない注意点

以上の内容を各ページ紹介を含めて、ご案内していますので、ぜひあなたの諸費用計画の参考にいてください。

スポンサーリンク

新築費用内訳1.住宅ローンの諸費用

新築一戸建て住宅購入諸費用住宅ローン手続き費用

スポンサーリンク

新築一戸建て住宅購入には、欠かせない方も多い住宅ローン手続き。

ただ銀行の窓口で申込用紙を書くだけの手続きではなく、諸費用があります

詳細情報を

住宅ローン諸費用の内訳は何がいくら必要?

にてご紹介していますので、参考にしてください。

続いて、諸費用という大きな言葉の枠の中で、工務店やハウスメーカーなどにより違いがあるのか?

ということについて、ご紹介しています。

 

新築費用内訳2.契約時諸費用の相場<

新築一戸建て諸費用相場はいくら位

様々な会社を比較したい気持ちも生まれやすい新築一戸建て家購入の諸費用。

実際、頭金や最初に払う契約金などについて、相場はいくら

という疑問を体験談からご紹介しています。

新築一軒家購入契約時諸費用相場体験談

にてご紹介していますので、参考にしてください。

では続いて、

新築一戸建て、マンションを問わず必要な登記費用についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳2.5.登記費用はいくら?

新築一戸建て登記費用節約注意点

新築費用の中でも、10万円以上が必要な届け出費用の代表といえば、登記費用。

・登記費用は、節約すべき?

・登記費用は、いくら?

・登記費用を選ぶ失敗後悔注意点

こうした内容について、

新築登記費用はいくら?実例画像付

にて、私の体験をご紹介してますので、お役立て下さい。

では続いて、

新築一戸建て間取りを決めた後の費用発生要件となる照明についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳3.照明費用失敗後悔注意点

新築照明費用に多い失敗後悔原因

新築一戸建ての費用内訳に大きな影響をおよぼすリスクがあるのが照明費用。

・新築打合せで聞いた照明費用相場は?

・新築照明費用は自分で取り付けると安い?

・新築照明費用はどうやって節約すべき?

こうした悩みについて、私自身も照明費用に驚かされた体験を含めて、

新築照明費用節約失敗後悔注意点

にてご紹介してますので、正しい節約術を知る意味でも参考にして下さい。

では続いて、

使う人と使わない人が分かれるため情報も少ない浄化槽についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳4.浄化槽費用失敗後悔注意点

新築浄化槽費用依頼はどこ

新築一戸建て住宅購入の際に土地購入をする方は、はじめて浄化槽という言葉を聞く方もいると思います。

すると、相場が全くわからない。

この先に見積もりを出されたら、こんなもんなんだろう?と思い込みついつい契約を進める方も居ます。

4人槽、5人槽、6人槽という人数にもよって変わってくる浄化槽設置費用。

私達が5人槽契約をした流れを含めて、

新築浄化槽費用を適正価格と見極める方法

にて、ご紹介していますので、鵜呑みにせず、しっかり失敗後悔対策をしておきましょう。

では続いて、

現代人の必須アイテムでもあるエアコンについて、費用をご紹介していきます。

 

新築費用内訳5.エアコン費用失敗後悔注意点

新築エアコン費用移設工事体験記

新築エアコン費用には、こんな悩みがつきません。

・新築エアコンの移設費用はいくら?

・新築エアコンの新品購入を安く買う方法は?

・新築エアコン設置費用はいくら?

以上の内容は、誰もが当たり前にもつ悩みの種。

そこで、

家電格安購入大好きな私が新築エアコンを選ぶ際の費用注意点として、

新築エアコン設置,移設費用体験記

にて、具体的に出た見積もり金額体験をご紹介しています。

買い替えが得なのか、移設が得なのか?

1つの参考データとして活用して下さい。

では続いて、

新築費用内訳に欠かせない家庭も多いオール電化太陽光発電についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳6.太陽光発電費用失敗後悔注意点

太陽光発電売電価格今後2016

2016年6月時点でいま発売されてる太陽光発電と採算性を聞いてきました。

すると、

・過去よりも発電効率がかなり高まった実態。

・少ない屋根面積でも成立した高出力パネルの出現。

・太陽光パネルのコストダウンの加速

こうした内容を考慮しても、まだ10年以内で採算が合うという素晴らしい結果が出ています。

よって、

まだまだ太陽光発電やオール電化は注目しておくべき商品になっています。

どうせ高い、採算性が合わないはずだ。

こんな思いを持っているあなたは損をしてしまう可能性も高いです。

太陽光パネル費用節約失敗後悔注意点

にて、私がハウスメーカーおすすめの市場価格調査方法をご紹介してます。

高いかどうかではなく、将来の家計を助けられるかどうか?

この点を意識しながら参考にしてみてください。

では続いて、

寒さ対策が心配な方に興味関心が強い床暖房費用についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳7.床暖房費用失敗後悔注意点

新築床暖房費用対効果実感体験記

新築一戸建て注文住宅を検討する中でも寒さ対策も重要な課題の1つ。

投資に見合う暖かさや電気代などの影響を心配される方も多い床暖房。

我が家は、太陽光も床暖房も付いてますが非常に快適な生活を送る事が出来ています。

新築床暖房費用と電気代の実態体験記

にて、床暖房に誤解が多い失敗後悔注意点を含めてご紹介してます。

小さなお子様や足元の冷えを感じやすいママの為に少しでも快適な住みやすい家を実解する。

この思いがあるなら、一度は参考にしてみてください。

では続いて、

新築一戸建てには平屋を含めて悩みが多いバルコニー、ベランダについてご紹介していきます。

 

新築費用内訳8.バルコニー,べランダ失敗後悔注意点

新築一戸建てランニングコスト外壁タイルバルコニー床施行例画像

新築一戸建て注文住宅を購入する際に、会社によって坪単価が大きく違う1つがバルコニー、ベランダ。

私達が実際にバルコニーを広く作った事もこの費用がきっかけでした。

・バルコニーは外に洗濯物を干さないから要らない。

・ベランダを作った方が、効率が良いはず。

・バルコニーを作ろうと思ったら、坪単価が高くなった。

こうした悩みも非常に多い現代。

新築費用|バルコニーベランダ選び方失敗後悔注意点

にて、私が見聞きした相談や体験をご紹介していますので、参考にして下さい。

では続いて、

新築で意外に高いと思って悩みが多いカーテンをご紹介していきます。

 

新築費用内訳8.カーテンの相場

新築カーテン節約

新築時のカーテンって何十万もするの?

新築だし、長く使うなら?

こんな 悩みを持つ方も多い新築費用の1つであるカーテン。

・節約するという言葉を正しく実践するには?

・我が家がリビングカーテンを1万円で済ませた節約術

等の内容について、

新築カーテン購入までの苦悩まとめ

にてご紹介していますので、参考にして下さい。

 

新築費用内訳9.外構工事(ランニングコスト失敗後悔注意点)

新築外観おしゃれ外構とのバランス

新築の外構工事と言うのは、実に様々な課題がありますよね?

・ポスト

・駐車場

・門柱

・照明

・植栽

・ウッドデッキ

何からやれば良いのか?いつやれば良いのか?

満足するはずだった外構が失敗後悔になると後の生活動線に影響をする事も!

新築外構他ランニングコストに差がつく注意点まとめ

で、外構のランニングコストで注意すべきポイントを含めてご紹介しています。

ぜひあなたの見落としが無いかを含めて参考にして下さい。

では続いて、

新築外構費用には欠かせない駐車場についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳10.外構工事(駐車場コンクリート費用節約術)

一戸建て 外構工事 駐車場

新築一戸建て注文住宅だからこそ、費用内訳には欠かせないのが外構工事駐車場。

砂利?コンクリート?植栽?人工芝?色々な選択肢が増えれば増えるほど外観の悩みも贅沢思考。

こんなマイナス要素を考えない安易な発想で決めていませんか?

新築外構駐車場コンクリート費用節約術

にて、実際に、外構駐車場費用を削減した方法をご紹介してます。

新築一戸建て駐車場は、生活動線も考えなければいけない重要な項目。

ぜひ慎重にじっくり検討を重ねていくことをオススメします。

では続いて、

新築一戸建て注文住宅だからこそ、憧れ意識で注目が集まるウッドデッキもご紹介していきます。

 

新築費用内訳11.外構工事(ウッドデッキ失敗後悔注意点)

新築ウッドデッキ費用注意点

新築一戸建てなんだから、マンションとは違う憧れの庭を実現したい!

こんな願いを叶える事を考えた方の多くが注目してるのが、ウッドデッキ。

しかし、

ウッドデッキ費用にはかなり慎重にならなければいけない裏の費用が有りました。

新築ウッドデッキ費用の落とし穴!

にて、ご紹介しています。

「今の環境と状況に本当にウッドデッキは費用を使ってまで作るべき?」

こんな疑問視も含めて御覧ください。

では続いて、

多くの方が当たり前に使用したいと思っているアンテナ工事費用をご紹介していきます。

 

新築費用内訳12.アンテナ工事費用失敗後悔注意点

新築一戸建て家購入地デジアンテナ工事種類と費用

実際に我が家が使ったTVアンテナがこの画像のタイプ。

アンテナ工事費用はいくら?

アンテナ種類はどう違うの?

アンテナ工事費用節約のコツは?

貴方が家でテレビを見ないという事があっても子育て世代には欠かせないのがテレビ。

ですから、

新築アンテナ工事費用失敗後悔注意点

にて、少しでもメンテナンス経費を削減できる方法についてご覧ください。

では続いて、

新築一戸建てには欠かせない生活必需品とも言えるネット環境についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳13.インターネット費用失敗後悔注意点

新築一戸建てインターネット回線選びの失敗後悔原因

新築一戸建て購入後家の中では、Wi-fiで通信費用を節約したい!

こんな思いをもつ方も多い現代。

しかし、

「インターネットプロバイダ契約なんてはじめてでよくわからない。」

こうした悩みをお持ちの方に、

新築インターネット費用節約失敗後悔注意点

にてご紹介してますので、まずは今のお得なプランとは?という視点で御覧ください。

では続いて、

新築一戸建ての購入後に欠かせない火災保険相場についてご紹介していきます。

 

新築費用内訳14.火災保険相場

新築一戸建て諸費用火災保険相場

続いてご紹介していくのは、管理費、維持費という面でも関わってくる火災保険の選び方

新築住宅購入における火災保険の選び方や私達の体験した見積もり金額の平均相場などをご紹介しています。

詳しくは、

新築一軒家火災保険の6つのリスクと選び方のコツ体験談

にてご紹介していますので、参考にしてください。

では続いて、

新築費用に付帯して、多くの方が節約を望む外構工事についてご紹介していきます。

 

新築内訳まとめ全部でいくら?

新築一戸建て諸費用合計はいくら

新築一戸建て住宅購入に対する費用内訳というのは、実に様々な要素があります。

・長期優良住宅

・住宅ローン控除

こうした対象の控除も利用しながらの話ですが、あまり多く期待しすぎないようにしましょう。

実際、私が新築一戸建てを購入した際に、

概算として、用意した金額は、合計で150万から200万円の間

この程度の準備金があれば、ある程度の準備は叶うと思います。

150万では、少し足がでるかもしれません。

あなたが新築購入を準備するなら、できるだけこのくらいの金額目安は用意しておくことをオススメします。

この設定金額には、例外が有ります

例えば、

・1500万円以内の住宅。

・土地がある方の申請費用。

・浄化槽等の工事費用の有無。

・自分で手続きを行う事で節約する方。

特に、節約志向の方に多いのは、自分で手続きすれば安くなるかもしれないという考え方。

しかし、自分で事務手続き上の作業を行ったとしても節約できるのは、数万円です。

だったらその時間を他の作業に充てることを私はオススメしたいと思います。

これ以外にも長い目で見た維持費対策も考える必要があるので、新築一戸建て住宅購入には余裕を持って払うためには少し努力が必要かもしれません。

もちろん頭金ナシの住宅ローンなども有ります。

その中にこうした事務手数料の一部をあてがうことも出来ます。

・金利

頭金用意までの準備期間

・繰り上げ返済の計画

この3条件を今一度確認しながら、諸費用の払い方も検討していきましょう。

では最後に、

新築一戸建て費用内訳の中でも節約術の失敗後悔注意点をご紹介していきます。

 

新築費用内訳内で節約すべきポイントとすべきでない注意点

新築費用内訳で節約失敗後悔注意点

新築一戸建て注文住宅購入には、様々な内訳があることが伝わったと思います。

そして、

1つ1つを節約意識全開で安く済ませようと努力する方も必ず居ます。

しかし、

正しい節約と失敗後悔する節約というのが必ず注文住宅には存在します。

新築一戸建て費用節約すべきポイントとかけるべきポイント

にてご紹介してますので、何が投資になり、何が贅沢なのか?

常に将来を意識した選択が出来るように準備を進めてみてください。

この記事は以上となります。

最後まで記事をお読みいただきありありがとうございました。

あなたの新築一戸建て住宅購入の夢が叶うことを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ