新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記

スポンサーリンク

新築カーテン選び方色はどうする?インテリアコーディネートの工夫についてご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人 2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築カーテン色の選び方を中心に、

新築カーテン色の選び方1 色を決める基本とは?

新築カーテン色の選び方2 統一感を持ちたい方へおすすめの工夫

新築カーテン色の選び方3 失敗後悔の原因とは?

以上の内容で、ご紹介しています。

カーテンの配置や配色を考える際の参考にしてください。

スポンサーリンク

新築カーテン色の選び方1 色を決める基本とは?

新築カーテン色の選び方バラバラ

スポンサーリンク

新築カーテン色の選び方について、まずは失敗後悔しないための基本的な目線をご紹介していきましょう。

新築カーテン色の配置 メインを何にするのかを決める

各部屋の色の割り当てを考える際には、個性の演出を大切にしたいと考える方も多いと思います。

その際のカーテンの役割としては、

・あくまでも日差しを防ぐアイテムが優先でインテリアに主張してほしくない

・ソファとの相性を優先したい

・ある程度カーテンが目立つ雰囲気がほしい

・家具全体の緩和剤になってほしい

それぞれの目的を合わせる上でも、まずは目立つ色の中心を決めてください。

部屋の中で、主張したいアイテムの色の引き立て役になる色を選ぶ。

これが、1つ目の成功への近道だと私は思います。

どんな部屋にしたいのか?

の答え探しにカーテンを助け舟的に使っていきましょう。

新築カーテン色の配置 統一感よりも使用する部屋のイメージを優先する

部屋のイメージというのは、部屋を何に使うのか?が重要。

簡単に例を上げるなら、

部屋の使用目的 カーテンの色
客間 暖色系で待ち時間を短く感じさせる工夫
リビング 長居しても疲れない配色
子供部屋 年齢により、集中しやすい環境作りに配慮
寝室 寝心地がよくなる配色
納戸 あまり暗く重い空間にならない色
兄弟共有の部屋 左右で色もデザインも違うカーテン

それぞれの部屋に使う目的に合わせる色も個性も必要だと思います。

この家にそういう色は置きたくない!

こんな声を時々耳にします。

しかし、

これでは、使う時には使いにくい印象を与えるリスクも有ります。

ぜひ自分の使いたくなる空間作りに最適なデザインと色を採用してあげましょう。

このような配色意識はあっても、統一感を持ちたい。

という方のために、カーテンの色で統一感を感じさせやすい選び方のコツをご紹介していきます。

 

新築カーテン色の選び方2 統一感を持ちたい方へおすすめの工夫

新築カーテンの色選び方における統一感を感じやすい色の選び方についてご紹介していきます。

新築カーテン色の統一感を出すコツ レースカーテンを揃える

特に、このこだわりを持ちやすいのは、女性が多いので、女性目線での対策をご紹介していきます。

新築カーテンの統一感をもし外観的要素を中心に統一感を出すなら、レースカーテンにこだわりましょう。

その根拠は?

・日中閉めておくのは、レースカーテン

・家事をしながら、眺めるのもレースカーテン

・高機能レースカーテンを選べば、厚手のカーテンが閉まった中の様子を見なくて済む

このような内容から、

・外観からの統一感を損ねにくい

・ レースカーテンで、多少デザインを変えても白で統一すれば違和感を感じにくい

・部屋ごとの違和感を感じるのは家具だけで収まる

というまとまりを感じやすい見た目の整う部屋が完成すると思います。

ぜひ、統一感にこだわる方は参考にしてみてください。

新築カーテン色の統一感を出すコツ デザインをフロア毎に揃える

もう一つの方法は、マンションなどのワンフロアで採用する方もいる方法。

それは、

デザインを全ての部屋で揃えてしまう方法

・奥行きを与えたいデザイン

・広く見せたいデザイン

マンションのように1フロアの空間で、多くのデザイン性が混在していると結構視覚的に飽きが早いそうです。

実際に、私が自分でマンション購入をした際の周りのお住まいの家庭でも同じ苦労を感じられている方が居ました。

ただし、

デザインを整えて、部屋ごとの色を変える。

この工夫は、かなり落ち着いた雰囲気を出しやすく飽きのこない日々が過ごせました。

よって、

好みの色を採用してあげながら、デザインは整える。

この方法なら、

家族の愚痴の原因になることなく、まとまりのある統一感も出せるカーテンの色選びが楽しめます。

統一感を気にされる方はぜひ色の工夫の際に参考にしてください。

では最後に、新築カーテン色選び方の失敗後悔の原因をご紹介していきます。

 

新築カーテン色の選び方3 失敗後悔の原因とは?

新築カーテン色の選び方での失敗後悔の原因をご紹介していきます。

新築カーテン色の選び方失敗後悔1 原色系下地

カーテンの色を選ぶ際に、

・下地の色を原色系の強い色味にしたせいで、強調されすぎた。

・何を置いても落ち着かない部屋になった。

こんな意見もまだまだ多いです。

カーテンは、色を変えれば、落ち着いた部屋にも、落ち着かない部屋にも変わってしまう主張しやすいアイテム。

気軽に原色が好きだからといって採用するのは、リスクも有りますので、注意して選びましょう。

新築カーテン色の選び方失敗後悔2 服で持つ色を選ばない

あくまでも、インテリアアイテムであるカーテン。

ですから、

服で持つ色味はやめましょう。

根拠は簡単。

季節感を持ちやすい色というイメージがつきやすいため、交換したいサイクルは早くなりやすいから。

インテリアはあくまでも、季節を感じさせない通年使える色を選ぶ事が大切です。

あなたが好きな色でも、服と混在すると、失敗しやすいのでやめましょう。

新築カーテン色の選び方失敗後悔3 アクセントクロスとは合わせない

アクセントクロスを採用した家の場合は、特に注意してほしいです。

根拠は?

アクセントクロスと合わせてしまうと、部屋自体に圧迫感を与えやすいから。

色を主張する壁と窓一面にかけられるカーテンが調和してしまう場合

⇛部屋に与える印象はその2つが目立つことでいくら広く見える白を採用しても違和感が出やすくなります。

広く見せたい為のカーテンの色を選ぶなら、アクセントクロスは、やめましょう。

確実に視野は広く見えない空間に仕上がりやすいです。

以上の内容をイメージしながら、カーテンを色を選んでみてください。

きっと、何かこのことか?と思う体験につながると思います。

この他にも、カーテンの内容については、

新築カーテンの悩みまとめページ

でご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

この記事を最後までお読みいただきまして有難うございました。

それでは。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ