新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

スポンサーリンク

新築カーテン予算で優先すべき決め方のコツ体験をご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人 2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築カーテン予算の決め方として、

新築カーテン予算の決め方優先ポイント1 機能

新築カーテン予算の決め方優先ポイント2 使いやすさ

新築カーテン予算の決め方優先ポイント3 手入れ

新築カーテン予算の決め方で失敗後悔の原因は?

以上の内容でご紹介していますので、まずは新築という概念ではなく、住みやすい家作りの為のカーテン選びとして参考にしてください。

スポンサーリンク

新築カーテン予算の決め方優先ポイント1 機能

新築カーテン予算の優先順位

スポンサーリンク

新築カーテンを決める際の最優先ポイントにして欲しいのは、機能。

カーテンに優先すべき機能とは?

カーテンなんてインテリアの一部。

そんな考え方をもししている方がいたら、勿体ないです。

カーテンに期待できることは年々増えてきました。

・消臭効果

・防炎効果

・ミラーレス効果

・防犯効果

・UV効果

・赤外線防止効果

・汚れ対策

カーテンによる工夫一つで、植栽や目隠しのための外構工事不要の家作りも出来る時代

だからこそ、

カーテンの費用でこだわって欲しいのは、1番に高機能かを最優先して欲しいのです。

・子供部屋の無人状態

・外からの覗き防止

・テレビを見ながらUVを気にする生活

・キッチンで家事をしている間の日差しとの戦い

そんな生活を新築ではする必要がない生活にしていきましょう。

さらに、

寝室には、遮光カーテンという先入観を不要にするような高機能カーテンでカバーする工夫。

こうした内容からもぜひ幅広い選択の視野を持つようにしてください。

では続いてのカーテン選び方のポイントをご紹介していきます。

 

新築カーテン予算の決め方優先ポイント2 使いやすさ

新築カーテン選び方における予算を意識するべきポイントとして2つ目は、使いやすさ。

・見た目にスッキリして見えるブラインド

・憧れのロールスクリーン

見た目に華やかに飾れるカーテンの選び方は多種になりました。

しかし、

時間とともに閉め具合を調節が必要なブラインド

実際の窓の開け閉めはしづらいロールスクリーン

窓の開け閉めの動作を阻害するカーテンの選び方は正直生活しづらいカーテン選びになってしまいます。

根本的には、窓の選び方が重要になるのですが、カーテン選び方でもさらに使い勝手を悪くする選び方も有ります。

見た目に良いからではなく、使いやすいから、という目線で選ぶことを意識しましょう。

では続いての予算のポイントをご紹介していきます。

 

新築カーテン予算の決め方優先ポイント3 手入れ

新築カーテン選び方の予算編成で大切な事3つ目は、手入れの費用。

新築カーテン予算でこだわったはずが手入れもさらにコストアップ?

クリーニングが必要か自宅洗い可能かでかなり違うのが現実。

さらに、

クリーニングに出す間の代替品カーテンが無い生活も非常に困ります。

ですから、

予算を考える上では、ランニングコストとして、手入れ費用もしっかり計画しておきましょう。

・代替品を合わせて買う必要のあるカーテンは避ける

・手入れにモップ等で今よりコストを要する様な物を選ばない

・手入れ前の作業(取り外し等)が大変なカーテンを選ばない

こうした内容を含めて、予算をしっかり考えましょう。

では最後に、新築カーテン予算を考える上での失敗後悔ポイントをご紹介していきます。

 

新築カーテン予算の決め方で失敗後悔の原因は?

新築カーテン予算における失敗後悔のポイントをご紹介していこうと思います。

新築カーテン予算の失敗後悔原因1 ブランド意識中心

機能をさておき、予算の中心をブランド意識で選んだ際に、失敗後悔が多いようです。

具体的には、

・予算的には高い買い物をしたのに、機能的な麺では足りない事が多かった

・デザインも素敵だと思ったけど、主張しすぎて高い買い物をしすぎた

・カーテンの選び方をデザインで選んだせいで、子供が遊んだ際の傷み方を計算していなかった

こうしたブランド意識の塊で選んだ後の苦労は多数あります。

ブランド意識を全否定はしませんが、住み心地と使いやすさという点では、ブランドよりも高機能を優先する意識は大切です。

ぜひ、まずは、機能を確認して下さい。

新築カーテン予算の失敗後悔原因2 使いにくい

素敵なブラインドやシェードを採用したのに、実生活には不向きで無駄な買い物だった。

こんな体験になってしまうカーテン選びの部屋は意外に多いのです。

特に、

・ソファーそばにあるふさかけが日常生活には邪魔だった

・ダイニングチェアが邪魔で、ブラインドを閉めにくい

・寝室で、横になった後のシェードの調整は面倒

リビング、ダイニング、寝室という主要の部屋。

それぞれで、予算をそのためだけに使うつもりで掛けたカーテンという投資。

うまく機能しない生活しづらい予算になってしまった際の生活の質という損

これでは、なんのためのカーテンだったのかわからなくなってしまいます。

ぜひ、見た目よりも生活の質を安定させやすいカーテン予算。

優先順位を意識して、無理をせずに、まずは住んでみる。

このくらいの気持ちで、かけ過ぎない予算準備を心がけてください。

きっと、

生活したら、欲しいカーテンのタイプは明確になった。

という事はよくあると思います。

取り付けてから悩むような高額商品ではなく、使いやすく生活しやすい高機能カーテン購入。

ぜひ、参考にしてください。

この記事でお伝えしたい事は以上となります。

最後までこの記事をご覧いただきありがとうございました。

この他のカーテンに関する記事は、

新築カーテン選び方のコツまとめページ

をご用意していますので、併せて参考にしてください。

それでは。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ