アフィリエイト

住宅ローン諸費用体験談新築購入準備

住宅ローン審査を受けて融資を受けるまでに必要な諸費用を体験談でご紹介

住宅ローン諸費用って住宅ローンに含めるべき?

スポンサーリンク

住宅ローン諸費用っていくら位かかるのですか?

こうしたご質問やご相談を頂きました有難うございます。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、住宅ローン審査を受けるにあたって諸費用という項目について、私の体験談を通じて、

住宅ローン諸費用体験談1.事前審査・仮審査

住宅ローン諸費用体験談2.本審査申し込み

住宅ローン諸費用体験談3.審査通過後融資実行時

住宅ローン諸費用体験談4.諸費用は住宅ローンに上乗せでいい?

以上の内容について項目毎にご紹介していますので、まずは新築購入だけでなく、住宅ローン利用についての計画の建て方として参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン諸費用体験談1.事前審査・仮審査

住宅ローン諸費用審査を受ける時

住宅ローンにおける諸費用は、大きく分けで、2つの時期が有ります。

まずは、住宅ローン審査を受ける時に必要な諸費用についてご紹介していきます。

住宅ローン諸費用審査時の費用は、準備する経費

住宅ローン審査を受ける為に必要な書類というのは、有ります。

私の体験談で容易をした書類は、以下の内容になります。

・売買契約書(無料)

・収入確認資料(無料)

・健康保険証(無料)

結論、必要な書類はない為、実際に実質的に負担しなければいけない諸費用は有りません。

では続いて、本審査について、諸費賞をご紹介していきます。

 

住宅ローン諸費用体験談2.本審査申し込み

住宅ローン諸費用本審査

住宅ローン本審査申込時には、1点必要な書類が有ります。

印鑑証明書

発行手数料だけが必要になります。

これ以外における必要書類は、会社員やサラリーマンについては、問題なく審査を受けられるので、安心して下さい。

この問題とは、別に、銀行ごとに異なる内容が以下の項目になります。

住宅ローン諸費用銀行ごとに異なる項目

住宅ローン審査を受けるにあたって、銀行ごとに必要な諸費用である場合と違う場合がある費用が有ります。

それが、

抵当権設定費用(司法書士への報酬支払額であり、5から7万が相場)

事務手数料(3万~5万が相場)

保証会社へ支払う手数料

団信加入

銀行から依頼する手数料的存在ですので、これらは規定金額があるわけでは有りません。

しかし、

住宅ローン審査の銀行選びにおける諸費用比較は、正直価値がある様な無い様なモノ

その根拠は?

『事務手数料、保証用無料でさらに、住宅ローン金利が安い銀行は審査が通りにくい』

正直、これは、ほんとうの話らしいです。

時間の無駄を出来ない方には、住宅ローン審査を早く通過させる必要もあります。

住宅ローン審査前に、「手数料をしっかり計算」しておけば、次膳の準備も可能な金額なのか?

これが実際の住宅ローン審査を受けるに当たっての銀行選びにも関わる問題となります。

続いて、住宅ローン審査通過後の融資実行時に必要な諸費用をご紹介していきます。

 

住宅ローン諸費用体験談3.審査通過後融資実行時

住宅ローン諸費用融資実行時

住宅ローンの諸費用は、審査が通過すれば諸費用は終わり。

では有りません。

融資実行の際には、銀行へ印紙代を支払う必要があります。

この印紙代では1つ注意点が有ります。

住宅ローンで変動・固定混合型を選ぶ際の印紙代

住宅ローンを変動、固定ミックスのタイプで審査している方もいらっしゃると思います。

この場合は、

住宅ローン契約件数1件に対し、印紙代が必要になりますから、2倍の印紙代を必要とします

ミックスのメリットがある方は、最後のこの印紙代に驚かないように注意して下さい。

では最後に、住宅ローン諸費用を住宅ローンに含めるか?についてご紹介していきます。

 

住宅ローン諸費用体験談4.諸費用は住宅ローンに上乗せでいい?

住宅ローンを組みたいけど、諸費用を払うのは、頭金は無理。

こうした方の場合、多くの方が諸費用を住宅ローンに上乗せするという選択をするケースが有ります。

この方法は、後々何か苦労があるのか?

この点をご紹介していきます。

住宅ローン諸費用を住宅ローンに乗せるデメリット

住宅ローン諸費用を住宅ローンに上乗せする事で、生まれる最大のデメリットは、借り換えの難しさ。

借り換えにおける計算は、勿論残高を別の銀行へ手続き費用を払って行うもの。

しかし、

元金、金利の2つだけで支払いを続けている状況ではない方の場合は、

・火災保険料の上乗せ

・住宅ローン諸費用の上乗せ

この分の最終の支払い方法については、決済方法をよく確認しておく必要があるから。

将来には、借り換えも考えて今を乗り切る住宅ローン。

こうした考え方を持たれている方は、ぜひ、上乗せの支払い残高の完済時期などもしっかり調べておきましょう。

しかし、

自分で、こうしたことも含めて銀行に確認しながらで行うと、

「自分は頭金が有りませんし、住宅ローンの借り換えも考えます」

と言っているようなもの。

当然ながら、通る審査も通りにくくする要因にもなりかねません。

ですから、

住宅ローン審査を受ける場合、諸費用を含めた相談は第三者にする必要がある。

これが、

私自身が、2度住宅ローン審査を落ちた時、聞いた言葉でした。

住宅ローンの諸費用に自身がない!

こうした方に、私がおすすめする住宅ローン審査を受ける方法については、

住宅ローン審査を仮審査(事前審査)、本審査で落ちた私が3度めの正直で通過させた方法

にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

住宅ローン審査についての不安などがございましたら、個別でご相談も対応しています。

どうぞお気軽に体験談からでも真実をご紹介できますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ