住宅ローン審査甘い銀行の探し方のポイントや申し込む秘策体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査が甘い銀行について、このページをご覧頂きありがとうございます。

「住宅ローン審査を受けるなら、少しでも通りやすい銀行があれば楽できる。」

この考え方は、決して必ず間違いとは言えない時代。

・ネットバンク

・メガバンク

・第2地銀

・第3地銀

・JAなどの団体運営銀行

このように、現代は住宅ローンサービスを提供する銀行にも様々な形が存在しています。

そして、住宅ローン審査に通りやすい、甘い銀行というのは認識の仕方によって存在します

住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツもご用意しています。

住宅ローン審査必要書類忘れ物や不備

住宅ローン審査で忘れ物?必要書類体験記

スポンサーリンク

住宅ローン年収別借入可能額や月々返済目安まとめ

年収200万円住宅ローン審査頭金なし借入可能額や月々返済額目安

年収300万住宅ローン借入可能額目安

年収400万住宅ローン審査借入可能額シミュレーションデータ付

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能適正目安月々返済額

住宅ローン審査静岡30代体験談まとめ

住宅ローン審査基準年収とは手取り?

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった!

住宅ローン審査通らない(落ちた)口コミ年収別まとめ

JA住宅ローン審査は厳しい?落ちた経験者が特徴や評判を解説

住宅ローン本審査と仮審査の違い!

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ

住宅ローン審査通らない理由口コミ年収450万

住宅ローン諸費用はいくら?

住宅ローン審査が甘いフラット35

住宅ローン審査で忘れ物?必要書類

住宅ローン審査が甘いフラット35?

フラット35審査に落ちたらどうしたらいい?

住宅ローン借り換え費用は自己資金ゼロで出来る時代

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能額UFJ口コミ

住宅ローン審査基準|勤続年数1年目でも通る?

住宅ローン審査に落ちた?UFJ体験口コミまとめ

住宅ローン審査年齢で運命が変わる?

家が欲しいけど変えない?住宅ローンは家賃位なら借り入れ可能?

住宅ローン金利の選び方

住宅ローン審査は年収ごとにいろいろな口コミも紹介しています。

興味がある方はお役立てください。

住宅ローン以前にまだいろいろ新築購入前の情報収集をしていると言う方のためには、以下のような内容もご紹介しています。

住宅ローン控除とは?まとめ

住宅ローン借り換えメリット・デメリットまとめ

少しでも知っておくと、何か役に立つ事もあるはず。

知らずに飛び込む前に住宅ローンという大きな壁を攻略できる準備もすすめておきましょう。

このページを最後までお読みいただきましてありがとうございました。

返済期間中の生活が苦しい、月々やボーナス払いがきついという人向けの情報もご案内しています。

住宅ローンがきつい人におすすめの行動とよくある誤解や注意点体験記

事前審査で落ちた、通らない時の自分で確認するポイントを体験からご紹介しています。

住宅ローン事前審査仮審査通らない原因や理由排除後の通すコツ

住宅ローン仮審査が落ちた,通らない理由を自分で確認する方法と通すコツ体験記

ハウスメーカーで契約すると通りやすいなんてことを考えていたらそれは誤解です。

住宅ローン審査ハウスメーカー契約体験記

住宅ローン審査はハウスメーカー優遇は嘘!2度落ちた苦労体験記

実際に住宅ローン審査に落ちた時にやるべき内容もご紹介しています。

住宅ローン審査 落ちた 体験談

住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?やるべきこととやってはいけないこと体験記

フラット35審査申込方法注意点

フラット35審査期間日数は長い?落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?やるべきこととやってはいけないこと体験記

私のサイトは、新築購入体験を通じて,住宅ローン審査も体験から全て事実をありのままお伝えしたいと思い各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

土日しか休みがないから、実際の住宅ローン申込は郵送でやるしか方法がないのですか?

こんなご質問を頂きました。

確かに、土日祝しか休みのない仕事の方の場合は、土日開催対応の銀行でしか相談ができない。

この悩みも解消できる方法があります。

このページでは、住宅ローン審査が甘い銀行という内容について、以下の内容でご紹介してます。

住宅ローン審査が甘い銀行の条件

住宅ローン審査が甘い銀行の失敗後悔が多い探し方!

住宅ローン審査が甘い銀行への正しい申込方法

以上を私自らの体験でご紹介していこうと思います。

あなたの住宅ローン情報収集の1つとして活用してみてください。

スポンサーリンク

住宅ローン審査が甘い銀行探しに多い失敗体験

住宅ローン土日祝対応可能な銀行特徴

銀行に知っている人がいる。

長年付き合いがあるから。

金利が安い。

昔の人ならこういうことから、うまく何とかやってほしいとお願いできた。

本人の調べが厳密化

自分の利用する銀行や金融機関の条件や審査基準を調べる。

物件の市場価値を見る。

フラット35希望者が想像以上に多い最近の傾向。

将来の金利の上昇と返済できない状況を心配する人は多い。

しかし、まずは本人が通る状態なのか?

この情報を調べる方法がかなり厳密化している傾向がある。

  • クレジットカード枚数
  • キャッシングやリポ払いの利用履歴や残債
  • ショッピングローンや車のローン等の利用実績や残債
  • 返済負担率

特に事前の際には、個人の状況精査が厳しい。

早速この段階で通らないという人が増えている。

物件の価値と本審査の問題

本人には問題がないから事前は通過。

しかし、本審査が通らない。

このケースが非常に増えている。

住宅購入の中でも以下のようなケースは注意が必要。

  • 中古マンションや築年数の経過している戸建物件。
  • 融資を受けるタイミングより少し先に道路の拡張工事が予定されている場所。
  • ハザードマップで警戒エリアに指定されている地域。

最近は、自然災害による影響も少なくない。

この場合、ローンの返済額というよりも金融機関が猶予を設けるという施策を打っている。

こうした点も銀行的にはリスクととらえる点。

同じ金額を貸し出すなら、何も問題がない条件の人に借りてほしい。

だからこそ、結果に影響が出る。

これは、金額の問題もあるが、担保力。

この点をあまり意識していない人の影響もある。

生活の基礎資金の問題

近年わかりやすいのは、以下のような変化。

  • 消費税の増税
  • 火災保険、地震保険等の保険の値上げ
  • 滞納者、遅延者の売却傾向
  • 業種や職種関連におけるリストラや人員削減傾向の変化

このような周囲の環境から注意しなければいけない業種や職種ランキングのような内容も銀行独自に調査をしている。

ただ単に何でも借りられるとは限らない。

頭金よりも重要な対象

信用力の高い人というのはどんな人なのか?

その答えは、頭金の額ではない。

返済する期間に、きちんと継続できるのか?

この答えには、以下のような特徴がある。

  • 貯金額を通帳のコピーで確認
  • 車の数と自動車保険等の変化
  • 勤続年数と転勤回数による変化

年齢と転職回数はそこまで重要とされていない。

しかし、申し込みをするタイミングと転職したばかり。

この相性は決してポイントが高い内容ではない。

他にも複数の減点対象があったら?

あえて銀行側は落ちた理由は言わない。

契約するべき相手なのか?

たったこれだけを独自に設定した内容と照らし合わせている。

つまりは、いくら自分でどこまでチェックしたとしても答えは見えない部分がある。

ではこのような情報を知らずに、多くの方が間違った探し方で失敗後悔している住宅ローン審査の甘い銀行の選び方をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査が甘い銀行の探し方

住宅ローン審査銀行の調べ方失敗後悔原因

自分で探す。

地方銀行、ネット銀行、メガバンク。

どこが通りやすいのか?と言われても一口にその対象が全員一致とは言えない。

その根拠を解説していきます。

同じ年収でも審査は変わる

本人がどうしても通してほしいと言っても評価は簡単に変わるわけではありません。

むしろ、どうしてもと言ってる時点で何か問題があるかもしれない。

このように銀行はその対象に対して、隠している何かがないかを慎重に調べ始める。

それぞれの収入だけが問題になっているわけではありません。

目にしている表面的な情報はどこまでなのか?

この点を自分で他人の口コミを見る時にも詳細の内容で比較することが大切です。

落ちるポイントへの関心

  • 年収が低いと通らない?(200万円、250万円以下はどうなる?)
  • 変動金利と固定金利の選び方で変わる?
  • 保険を銀行で組むと優遇される?

これらは、全て申し込む時に多い悩み。

しかし、これらは、特に問題視される対象ではありません。

むしろ、個人がどんな状態で申し込んでいても返済比率と負担率が問題ない。

この内容の方が大切になります。

個人事業主と会社員と公務員

今の時代は昔と違う。

公務員だから大丈夫。

医者、弁護士だから通る。

こんなことはないのです。

普通に閉鎖や廃業という手続きを行っている人も多い。

過去10年の流れと比較すれば、その差は顕著。

各業種ともに事業の計画がその通りに進むというのは難しい。

ある程度、転職を考慮する。

この変化を見越す上で、金利を高めに設定して審査が進んでいるのです。

ハウスメーカーと工務店の違い

これもよくある誤解。

資金があるかないか?よりも会社が良いか悪いか?

そんなことを基準に診断はしていません。

わかりやすいのは、以下のような内容。

  • クレームが多い不動産会社
  • 対応がしないとか評判が悪い会社

このようなケースであれば、むしろその状況は購入した人の責任ではありません。

いくら徹底して返済しているとしても、不動産会社が安定していない。

このような状況を知っているなら、もちろん関わらない方法を選ぶ。

あくまで健康できちんと返済が可能。

このような人に対しては、時間が遅くなっている場合でも通る。

大手だから安心とか中小や工務店は絶対無理。

こんなことを考える必要はありません。

ではどうやったら辿り着くのか?

具体的な方法をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査の甘い銀行ではない特徴

住宅ローン審査 土日祝日 申込可能 銀行

通したい人にとっては、キャンペーンなども影響が大きい。

一定の時期にお得な金利を開催する銀行もありますよね。

特にインターネット上で申込をする以下のような銀行は代表的な存在。

  •  sbiモーゲージや住信sbiネット銀行
  • aruhi
  • 住宅金融支援機構のフラット35やフラット35s
  • 新生銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行(三菱UFJ銀行系)
  • その他の大手銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

もちろん地元の地銀などでもネットで事前を申し込み可能にしている銀行もありますよね。

ある意味、人気の銀行ほど通りにくい。

その理由を解説していきます。

意外と厳しいネット申し込み

個人が申し込んでいる状態。

この状態はあくまで各個人の過去をどこまであれこれ提示するか?

この点に違いが出やすい。

自分にとって都合の悪いデータは出したくない。

ある程度、その人の手によって変えられてしまう可能性がある。

この点は、各金融機関もある程度、窓口も見越した対応をしている。

詳細は、データを見た上で診断。

この時に各種ページでの差異があれば、当然自分たちのデータを優先して対応する。

何も問題なしの人でも団信等の状況を徹底的に探る。

不安な要素なしというケースはなかなかない。

これが今の都道府県を問わず行われている内容。

都道府県別にみるリスク

被災地。

災害発生エリア。

台風により大きな被害を受けた一戸建てが増えている近年の日本。

一戸建ては特に浸水などの影響を受けるケースがある。

いくら仕事が安定している人でも完全に浸水するエリアで建てる家。

この内容に対して、どこまで保障を積み重ねても心配は払しょくできない。

全国各地で生命保険や地震保険が活動をしている。

大手はもちろん国や自治体でも全容把握が難しい状態。

このような状況に対して、最低どこまでの水準がクリアされるべきなのか?

20年、25年、30年、35年という長い間の借金。

店舗兼住宅用に建築されたプランでは仕事も一気に失う可能性もある。

毎月の返済どころか経営も不可能になる可能性。

このような内容が大きく価値観を変え始めている。

これはいわばタイミングの問題ともいえる。

もし以前のように何もない時なら通ったかもしれない。

しかし、状況が異なるのは誰が見ても明確。

だったら、判断も甘くできない。

見通しをあえて厳しくするしかない。

こういう判断の差が出ても不思議はない。

 

住宅ローン審査の甘い銀行への申し込み方法

独自の検索結果では、限界がある。

頭金を100万円、200万円、300万円、400万円、500万円とふやした事で貯金が減るのも事実。

ではどうすれば借り入れることができるのか?

最終的に少しでも金利が安く、良い条件で借りられる場所はどこ?

この答えは、自分で探すのではありません。

あくまで第三者に仲介をしてもらうことが大切。

複数の銀行に一斉に申し込む

銀行に限らず、今の時代は一括でさまざまなサービスを申し込みする事が可能。

この方法を使うメリットは何か?

この答えは、住宅ローンという商品の場合、以下のことが該当する。

  • 事前審査の回答のスピード感
  • 職業,業種という銀行独自の判断基準の比較
  • 65歳、70歳、75歳、80歳という完済時年齢の差
  • 契約社員、派遣社員も受ける事ができる条件の違い

利用者の条件は実にたくさん存在するわけです。

その1つ1つに毎回違う回答を聞かされていたらあなたは何を基準にすればよいか分からない。

基本的に、この点を個人が考える必要がない状況を作ることが一番のポイント。

とにかくokを出す。

次の審査に進む。

一定の水準をクリアしているなら、どんどん次の本審査に進むはず。

このような内容であくまで表面的な内容を比べてからは、一気に申し込む方が正しい判断となる。

私自身も実際にこの方法で3度目の正直で通りました。

普通とか一般的にという表現を使いたい気持ちはよくわかる。

しかし、これは、あくまで同じ世帯年収と同じ家族構成でも済む場所や地域により当然リスクも資産価値も変わる。

今の自分の勤務する勤務先がどこの銀行を使っているのか?

数ヶ月後に退職の予定はあるのか?

こんなことを一つひとつ相手が探っていく作業になりにくい環境を作る。

どんどん計算をして答えを教えてもらう。

この考え方を持つことが重要になると思います。

こんなあなたの条件にあう銀行ってどこにあるのか?

住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!にて解説しています。

いかがでしたか?

私は新築一戸建て注文住宅を建て2015年に引き渡しが完了しました。

非常に快適で、光熱費も安い大満足の家づくりになったと確信しています。

あなたがもし、これから新築住宅購入をご検討されている中で、お悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

きっと力になれると思います。

不動産屋に相談した失敗談

最後に伝えたいのは、不動産屋のオススメを信用しないこと。

銀行を指定される。

取引がある。

実績がある。

こんな言葉がよく聞こえてくる。

しかし、これもいくつか疑問がある。

その申し込みをした人の条件を私たちは知らない。

一定の水準という基準もほぼわからないまま。

この状況で申込をしても最後には通らなかったという連絡を自宅で受けるだけ。

結果、何も不動産屋が協力した価値を実感しない。

要するに、彼らは、長期の取引をするために件数を仕事にしているだけ。

毎年何名程度の申し込み実績がある。

こういうデーターが残っていることで優遇を求める。

こんな作業の為にわたしたちが必要書類を出しているような状態。

正直、指定とか優遇なんてものはありません。

あくまであなた個人の審査が全て。

証明書等を亭主する負担を軽くする。

少しでも若い年齢の時点でローンを申し込む。

たったこの2つに意識を集中するほうが得です。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ