アフィリエイト

住宅ローン審査通らない理由|34歳共働き口コミ体験記

住宅ローン審査基準年齢の優先順位とは?

住宅ローン審査基準年齢が30代でも落ちる理由は?

住宅ローン審査を控えた方が心配するのが審査基準

中でも、晩婚化、少子化等の問題を含めても年齢に対する不安が増えている現代。

住宅ローン審査通らない落ちた理由から新築一戸建て購入を諦めた!を食い止めたい!

こんな思いから記事を公開してます管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、実際に住宅ローン審査基準年齢が30代の方も通らない理由について、

住宅ローン審査基準?年齢が30代で受けた方のその他の状況

住宅ローン審査基準?年齢が30代で通らない時のよくある誤解

住宅ローン審査基準?年齢が30代で通らない時の注意点

以上の内容についてご紹介してますので、住宅ローン審査基準を実際に受けた人の口コミとして参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準?年齢が30代で受けた方のその他の状況

住宅ローン審査基準年齢が30代で通らない人の申込した時の状況

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準を知っていく上でまずは、年齢以外の状況も合わせながらご紹介していきます。

住宅ローン審査に申込した時の状況を教えて下さい!

私は、現在34歳。

子供2人の共働き家庭です。

現在はマイホームに住んでいます。

このマイホームを建てた時の話です。

マイホームを持とうと決意したのは、今から4年ほど前です。

当時、

私の年齢は28歳で電気機器メーカーで製造関係の仕事に従事していました。

当時の年収は、550万円。

勤続年数は6年でした。

マイホームの価格が、土地込みで年収のおよそ6倍3200万でした。

申込み金額も結構な金額でした。

当時は、結婚式を終え新婚旅行を済ませたばかりで、貯蓄のほとんどを使ってしまっていた状態でした。

この為、住宅ローンはフルローンで組む予定でした。

給与振込が東京三菱ufj銀行であったため、住宅ローンも東京三菱ufj銀行のUFJ銀行住宅ローンに申し込もうと考えていました。

住宅の仕様が決まり、住宅の価格が出た段階で、東京三菱ufj銀行のUFJ銀行住宅ローンに申し込みに行きました。

頭金はないけれども私の現在の年収から行けば、このくらいの融資が受けられるだろうと考えていました。

給与振込に利用した経験があるとついつい安心してしまう人も多い住宅ローン審査への思い込み。

さらに、「現在の年収で払えるのでは?」

このような考え方をする方も非常に多いです。

しかし、支払いが可能そうか?と言うのは人柄や勤続年数などではありません。

「銀行が決めている審査基準を満たすか?」

これが全てと言っても過言ではないのです。

住宅ローン審査基準?結果的には自分の仮説はあっていましたか?

しかし実際に申し込みをして審査を行うとUFJ銀行住宅ローンの審査結果は融資不可でした。

理由は、教えてくれませんでしたが、おそらく私の融資希望金額に対して頭金が全くなかった。

これが1番の原因ではないかと思っていました。

その後、他の銀行をあたり無事に融資をしてもらえました。

このように、実際に年収の6倍という数字。

つまりは、返済負担率に対し、憶測だけで審査にかける価値があると判断した彼。

このような自分の思い込みが住宅ローン審査は結果に簡単に返ってきます。

十分注意しておきましょう。

では続いて、住宅ローン審査基準でよくある誤解をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査基準?年齢が30代で通らない時のよくある誤解

住宅ローン審査基準に対する年齢以外のよくある誤解

住宅ローン審査が通らない。

この体験を年齢が30代というまだ余裕がある世代が体験した時に誤解しやすい内容を口コミからご紹介していきます。

住宅ローン審査基準で年齢が通らない理由とは思いませんでしたか?

いくつかの銀行を見て感じた事があります。

住宅ローンの審査が通るか通らないかは、

「担当者の作成する承認依頼書にあるのでは?」

と感じました。

なぜそう思われましたか?

東京三菱ufj銀行で担当していただいた方は、見るからに新入社員でした。

逆に融資を受けられた銀行の担当者は、何でも知っていてベテランの方だと感じました。

まずはこの意見について、五回である根拠をご紹介していきます。

銀行というのは、依頼書を新人がいくら作ったとしてもその人が全て責任を背負い作成するものではありません。

2つ以上の上席の認めがなければ作業が進みません。

結果的に、部下の取った成績もとおる案件を持つ事が上司の評価にもつながる。

こうした仕組みは銀行でも営業職でも変わらない縦社会なのです。

ですから、「新人担当だったから、住宅ローン審査に通らない。」

この理由は、間違いであるといえますので、ご注意下さい。

続いての誤解をまた口コミからご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らない後他の銀行で通った理由は思いつきますか?

これは、私の憶測なので一概には言えませんが、住宅ローンの審査を受ける時は、

可能であれば担当者を選んだ方が良いと思います。

承認書類の作成がうまい人にあたることが出来れば、

第一希望の銀行で融資を受けられると思います。

会社と提携している銀行があれば、そこの担当者と面識を深めた方が良いでしょう。

会社と連携している銀行が有る。

この点は、住宅ローン審査基準という中では優先順位が低いですが、関係はあります。

(属性という中で判断材料の1つとされます)

しかし、「担当者と面識を深める。」

この行動には全くと言っていいです、意味がありません。

何故か?

住宅ローン審査基準に対する発言を丁寧にしてくれる銀行と言うのは、通りやすい案件を出来るだけ取り込みたいという意思の現れ。

双方にムダな時間を作らないためには効率的と言えます。

全く逆に、まず申込してみましょう。

このケースは、単純に申込件数が評価対象になっている銀行の考え方。

根本的に申込への考え方が違います。

そして、申込をされた時の条件に個人というのは、存在価値がありません。

データこそすべて。

年齢や返済負担率等の一定基準の中では、個人の担当が作る書面等所詮文字に意味があるのは数字のみ。

これが住宅ローン審査基準の実態。

「仲良くなれば通りやすい!」

この考え方を優先されてしまえば、極端に言えば銀行は潰れます。

根拠は?

「個人の信頼では、貸し倒れやリスクを逃れられませんから。」

私たちはあくまでも住宅ローン審査基準と言うのは、データという籠の中でやり取りされているのを見守る存在。

これが住宅ローン審査の結果を見守る時の覚悟なのです。

では最後に、

住宅ローン審査に通らない時に注意すべき事をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査基準?年齢が30代で通らない時の注意点

住宅ローン審査基準年齢30代で落ちた時の注意点

住宅ローン審査基準の年齢という中で特に30代が落ちた時に注意しておくべきことをご紹介していきます。

住宅ローン審査基準年齢で30代だからこその注意点1.リミット

自分の取引をしている銀行で住宅ローン審査を通したい!

こう考える方は、住宅ローン審査について、通らない時将来再チャレンジを考えます。

しかし、「銀行の完済年齢条件と頭金を作る予定が合わない!」

こうした状況になりやすいのが30代。

ですから、30代は住宅ローン審査基準で年齢を注意しなければ申し込む銀行が減るリスクがある

これが1つ目の注意点となります。

住宅ローン審査基準年齢で30代だからこその注意点2.健康

・ガン家系

・高血圧が多い家系

・肝機能系の病気多い家系

遺伝的要素を持つ家系的健康リスク。

この点も要注意!

・30代くらいから父親が血圧が高めになってきた!

・母が40代でガンが進行状況であることが解った!

こうした体験を身近に持つ方は、健康的要素も十分注意して早めの申込に切り替えましょう。

健康でなければ、住宅ローン審査基準以前に厳しくなるケースも有ります。

注意しておいて下さい。

住宅ローン審査基準年齢で30代だからこその注意点3.高騰化

頭金を作る。

この考え方は決して間違ってはいません。

しかし、住宅業界というのは、資材が過去よりも高騰化している現実。

この点も見逃すことが出来ません。

結果的に、頭金を作ったのに、資材高騰化の影響から買える家は大して変わらない!

こんな悲劇はあり得ないとは言い切れません。

何のために頭金を作るのか?

この点をよく考えて住宅購入計画を立ててみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

私が35歳で住宅ローン審査を受けた時、実際2度落ちました。

しかし、3度目で住宅ローン審査が通った方法なら、多くの方が誤解している方向性とは違う通し方でつうかしました。

興味のある方は御覧ください。

最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ