住宅ローン借り換えの減税影響注意点

スポンサーリンク

住宅ローン借り換えは、減税にどう影響するのか?

住宅ローン借り換えと減税について、当サイトをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン金利推移の低下が目立つ近年借り換えについて興味をお持ちの方は増えています。

しかし、住宅ローンという商品の性質上、減税という言葉の重みを考えてしまっている方も多い。

具体的には、こんな悩みが想定されています。

・住宅ローン借り換えで減税が減る?

・住宅ローン借り換えは減税対策には損?

住宅ローン審査もかなり過去の話という方もいらっしゃる中だからこそ、曖昧な情報に流されやすい時代となっています。

私のサイトは、新築住宅購入から購入後まで失敗後悔をしてほしくない!という思いでサイト運営をしております。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン借り換え前の悩みの中でも減税について、この記事では、以下の内容をご紹介していきます。

住宅ローン借り換えが減税に影響しない条件

住宅ローン借り換えで減税と控除は別物

住宅ローン借り換えで減税に損をしない相談方法

あなたの住宅ローン借り換えの予備知識として活用して下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン借り換えが減税に影響しない条件

住宅ローン借り換えと減税の条件

スポンサーリンク

住宅ローン借り換えの際には、住宅ローン減税に影響があるかどうかを確認しておくことも重要な事。

しかし、あまり難しい内容ではありませんので、落ち着いて、御覧ください。

問題は、住宅ローン借り換えの用途

住宅ローン借り換え減税に影響しないためには、

住宅ローンが、住宅購入の為のローン使用であることを証明する事。

つまり、以下の条件が必要となります。

・担保

・登記

等の当然の手続きに必要な書類を使って住宅ローン借り換えは行われる事から、たいていはこの問題を必然的にクリアしています。

では、誰でも簡単にクリアできるのか?

これは違います。

住宅ローン減税の根本的な問題を見逃すと誤解が発生しますので、もう一つの条件をご紹介していきます。

住宅ローン借り換えが減税対象にならない条件

住宅ローン減税の必須条件は、10年以上の返済期間を要する事。

つまりは、借り換えにより住宅ローン返済期間を10年以下に設定できてしまう人

これは、確実に、減税対象外となりますので、ご注意下さい。

住宅ローン借り換えは、返済期間10年以上ある間に効率よく行う。

確実に受け取るためには、この点を最優先に考えておきましょう。

では、この他の内容からも減税を気にせずに、住宅ローン借り換えを行うコツをご紹介していきます。

 

住宅ローン借り換えは減税と控除は別物

住宅ローン借り換えが減税に影響しない

住宅ローン減税を気にせずに、借り換えをスムーズに行う為のポイントをご紹介していきます。

住宅ローン借り変えに勘違いしやすい控除と減税の期間の違い

住宅ローンを組んだ後に、よく勘違いするのは、控除期間と減税期間。

減税機関は、10年で終わります。

なのに、控除期間は、残10年迄受けられるのです。

住宅ローンを平成27年に組んだ時の減税と控除それぞれの対象期間シミュレーションは、

住宅ローン減税対象期間 平成37年まで
住宅ローン控除対象期間 平成52年まで

このように、明確な違いが有ります。

まずは、混乱を避ける意味を込めて、しっかり整理しておいて下さい。

住宅ローン借り変えは減税のためにも早いほうが良い根拠

住宅ローン減税を受ける期間は、少しでも年収との比率が借入時に近い時の方がお得。

・年収が上がる可能性

・ボーナスが増える可能性

こうした翌年よりも、少ない時期の方が返ってくる減税対象額も多くなります。

ですから、少しでも住宅ローン減税を多くもらうなら、少しでも早い期間がオススメ。

勿論、これは、年収だけでなく、残高にも影響します

繰り上げ返済をどんどん行う人は、ぜひ10年以上のボーダーを意識した計画を立てて下さい。

この2つのポイントをおさえておけば、住宅ローン借り換えから、減税を気にする必要はない。

難しいようで簡単な仕組みが、住宅ローン

では最後に、住宅ローン借り換えを減税を含めてしっかり相談して決めるコツをご紹介していきます。

 

住宅ローン借り換えを減税を含めて銀行の利益追求ばかりにならない相談方法

住宅ローン借り換え手続きというのは、やはり住宅ローン審査をもう一度受けるという手間があります。

住宅ローン借り換えの方が最初の借り入れより大変な根拠

新築住宅、中古住宅を購入して、返済を続けてきた住宅ローン。

しかし、最初に住宅ローン審査を受けた時と条件は大きく変わっている方も多いのが現実。

・年齢(特に返済完了年齢が重要)

・年収

・現在の借入金状況

・これまでの住宅ローン返済への遅延、延滞など

・現在のスマホなどの契約状況

・教育ローンの有無

・車のローンの有無

実に、様々な生活スタイルや子育て資金なども変わっているのが通常の家計。

そして、住宅ローン減税への影響力。

こうした考え方を銀行は、すべて考慮した提案をしてくれる事はほぼありません。

銀行にとっては、住宅ローンは商品。

よって、「住宅ローン控除よりも月々の支払いが軽くなるという現実を見せる。」

ただこれだけを仕事にしている事の方が多いのです。

「だったら、どうやって相談をするのか?」

この答えは、銀行にはない。

というのが私の体験に基づき得た結論。

銀行に諸手続きを頼む事をしても、他の銀行とのやり取りなどから優先順位も下がるリスクもあります。

あなたが出来る事というのは任せる事しかないのが住宅ローン審査。

だからこそです。

あなたがやるべき方法は、ただ1つ。

あなたに味方になってくれる第三者機関に手続きを代行依頼する。

この方法のみが、あなたの今の状況や環境をしっかりあなたの身になって考えてくれる方法となります。

そして、具体的な専門機関は、店舗にはほとんどありません。

現代は、もうネットによる住宅ローン審査を受ける時代。

ですから、住宅ローン借り換えも同様となります。

借り換えの具体的な返済金額の違いをまずは、専門の会社で無料診断してもらう。

まずあなたが考慮しておくべきはここがスタートとなります。

私が、おすすめする住宅ローン借り換えシミュレーション方法は、

住宅ローン借り換えで浮いたお金で太陽光発電設置?成功体験

でご紹介していますので、ぜひ併せて参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ