新築頭金はいくら?一戸建ておすすめ節約貯金術

スポンサーリンク

マイホーム一戸建て購入資金計画の理想と現実を体験からご紹介しています。

マイホーム一戸建てを購入するための資金計画はどうあるべきなのだろうか?

頭金やローンの計画、さらに子育て等の養育費、生活にまつわる諸経費、どうすればいい?

こんな悩みは、私達と同じような子育て世代にはよくある悩み。

そして、老後、介護等を心配する方の世代でも今後の預貯金とのバランスを心配している方も多いと思います。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かして運営しています。

新築一戸建て住宅関連企業に勤務経験がある。

新築マンションの購入経験もある。

新築間取りで妻に満足と言ってもらえた経験。

新築カーテンをリビングで1万円代という節約に成功。

新築火災保険、地震保険を妻の元保険営業の知恵をかりて、節約に成功。

新築住宅ローン審査に何度も落ちながらも、通過を獲得。

住宅ローン借り換えを購入後2年目で成功。

新築定期点検や修繕等を経験。

新築引っ越しやお祝いのお返し、挨拶まわり等の経験。

このように当たり前に経験することも前職の知識なども活かしながら各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、マイホーム購入資金という内容について、以下のような項目でご紹介しています。

用意する頭金の目安

親からの資金援助

購入後を意識した計画注意点

私が味わった住宅ローン体験記とともにお届けしています。

スポンサーリンク

マイホーム一戸建てに用意する目安金額

マイホーム一戸建て購入資金準備

マイホーム一戸建てを計画される際に、資金調達を含めて、計画をどのくらい前から準備するべきか?を実体験を基にご紹介していこうと思います。

新築一戸建て頭金は200~300万を用意

マイホーム一戸建てを考える際に、理想を掲げるのであれば、私は200~300万あると様々な点で有利だと思います。

その根拠となる内訳は、以下のような費用が必要だったこと。

手続き(銀行・長期優良住宅・登記等)における費用|30万円程度

頭金|100万円

カーテンなどを全てオーダー平均相場|40万円程度

外構費用(30坪程度の広さを基準)|100万円程度~

この上記金額を全て合計していくと、270万円ほどになると思います。

実際、上記金額は、私たちが実際に建てた時のプランで提示された内容や諸経費関連費用。

2014年後半~2015年前半に実際見積もりを取ったデータに基づく根拠ある数字

これらのうち、どこまでを住宅ローンに含めるかを考えるとできるだけローンに上乗せの必要がない資金準備が理想。

しかし、実際私たちも、そこまでの準備が出来ず、実際用意できたのは、130万程度。

では、最低はどのくらいなのでしょうか?

新築頭金ハウスメーカーは一律100万が最低基準?

住宅展示場などがある地域の方は想像しやすいと思いますが、下記に挙げる会社(一部)が一般的にハウスメーカーと言われる会社。

・ヘーベルハウス

・積水ハウス

・アキュラホーム

・アエラホーム

・セキスイハイム

・スウェーデンハウス

・ロイヤルハウス

・住友林業

・住友不動産

・セルコホーム

・ミサワホーム

・東日本ハウス

・泉北ホーム

・アイフルホーム

・ヤマダエス・バイ・エルホーム

・一条工務店(私たちはこの会社のi-smartで建てました)

・三洋ホームズ

・パナホーム

・トヨタホーム

・ユニバーサルホーム

・三井ホーム

ハウスメーカーという分類だけでもかなりの数がありますね。

こうしたハウスメーカーと言われる会社では、

頭金という表現ではなく、手付金(着手承諾時精算金)が100万円というのが一般的

まずはこのハードルを超える事が資金計画の目標になると思います。

この他の工務店は、会社により様々な考え方があると思いますので、希望の会社に確認しましょう。

しかし、住宅ローンは、低金利とは言え、金利を払うのは事実。

どうせ組むなら、という住宅ローンは大変危険ですから、資金準備にはぜひ200~300万円で余裕を持ちましょう。

では次に、この資金調達に向ける準備方法について、ご紹介していこうと思います。

 

マイホーム一戸建て頭金資金計画|親からの援助資金

住宅購入資金を親から援助してもらう方法について、注意点を含めてご紹介していきましょう。

親からの援助の注意点1 譲渡であること

親御様から実質的に一時的に借り入れをした場合でも、譲渡された場合でも、同じ頭金には変わりない!とこちらは思いたいのです。

しかし、銀行側に説明する際には、「借りました」という説明は要注意!。

理由は、

借りました → 返済します という意味だから

ですから、譲渡という言葉を使うように気を付けて下さい。

でも、これだけではまだ不十分。譲渡にも注意があります。

親からの援助の注意点2 振込みはしない

子供の祝いの内容に親から援助した資金を出しただけ。

言葉的には、これで良いのでしょうが、やはり譲渡には、贈与税との関係があることも注意が必要。

平成27年度における贈与税の対象になる譲渡金額は、100万円以上

もし、親御様からの援助を受けられるなら、必ず手渡し+100万円以下を上限として金額が大きい場合は複数回に分けるようにしましょう。

親からの援助の注意点を無視した時の苦労

こうしておかないと、もし万が一、突然親御様が亡くなられて、遺産相続となった際に、事はややこしくなるのです。

生前受け取った形跡を発見される → 税金が支払われていない → 追徴課税対象となる

こうした面倒は誰でも避けたいはず。

お互いが親子の絆を持って、善意と心からのお祝いをしただけの内容が、追徴課税なんてかわいそうです。

ですから、こうした最低限の取り決めに従う流れをしっかり把握しておいてください。

決して、マイホーム一戸建て購入し金準備はハードルが高いものではありません。

定期積立をしっかり計画を持って行う + 支出把握を徹底的に行う

これが、最善です。

皆様も少しでも親御様の手を借りず、せっかくの一戸建て。頑張って自分でやってみたいと踏ん張ってみて下さい。

私は、この資金を5年かけて行ったので随分遠回りしたと思います。

もっと、早くからやっていれば良かったとつくづく思っています。

皆様の夢の実現のために資金管理と準備、どうか頑張ってください。

新築マンションについても悩みを抱えてるという方には、新築マンション頭金はいくら?体験記

スポンサーリンク
もご紹介してますので、併せて参考にしてみて下さい。

頭金ゼロでも挑める住宅ローン審査もあります。

住宅ローン審査が通らない!3度目で通った裏技も体験からご紹介しています。

興味がある方や困っている方は合わせてご覧ください。

最後に、購入後の苦労をしないための計画をご紹介していきます。

 

購入後を想定した計画注意点

あくまでもマイホーム購入というのは、引っ越して終わるものではありません。

マンションで言えば、以下のようなランニングコストがかかります。

  • 管理費
  • 修繕積立費
  • 駐車場、駐輪場
  • 町内会費、組合費

一戸建てと違うのは、駐車場や駐輪場費用と修繕積立費が確実に入ること。

一戸建ての場合は、町内会費等が典型例となります。

では、マンション、一戸建て共通となる維持費をご紹介していきます。

固定資産税という税金に要注意

税金を忘れていたというケースも以外に多いのが新築業界。

あえてあまり触れてこないまま打ち合わせを過ごしてしまっていた方もいらっしゃいます。

でも、実際に住んでしまったら必ず誰もが通る道。

そこで、以下のようなコンテンツも用意しております。

固定資産税とは?

固定資産税税率とは?

固定資産税土地と家屋名義が違うケース

固定資産税家屋調査はいつ来る?

固定資産税納付書はいつ来る?いつ払う?

固定資産税はいくら?

固定資産税は将来上がる?

固定資産税の延滞はリスク?

こうした情報も先に知っておいて、購入時の建物や其の会社の平均的に聞く固定資産税も最初に聞くのも一つの先手として情報をわかっている風に見せると相手も慎重に対応してくれるケースもあります。

想定範囲を広げる意味でお役立て下さい。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ